2009年 03月 22日 ( 1 )

「変化」という瑞兆

「変化」とは、ある状態や性質などが他の状態や性質に変わることとある。

それはつまり進化であり、進化の対義語は無変化である。

自分ではよくわからないかもしれないが人は日々「変化」している。

何も変わらない無変化な人生よりも苦しみや悲しみを伴う「変化」ある人生を誇ればいい。

何故ならそれは純然たる成長を伴う素晴らしき進化なのだから。

開け心の門よ、聞け真理の声を、救え目の前の魂を

さぁ、人生という回転木馬よ螺旋を切って回れ、そして回れ・・・いえぃ♪
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-22 01:57 | けふの些事