サラリーマンの成功曲線

先日とあるヘッドハンターの方とお会いして「自分の市場価値」の判断の仕方という話を聞きました。

大きく言えば「経験・スキル」「現在所属する会社」「年収」「ポジション」「人間性」という5つの指標で判断されるそうです。また、もし他の4つの指標が同じ能力の人間が存在したとき年収を大きく左右するのは「現在所属する会社」という指標だそうです。

そして、一般的に60歳で4000万円の貯蓄が無いと、平均寿命である、男性79.19歳・女性85.99歳まで生きるのは困難だそうです。因みに4000万円の貯蓄はボトムで、この場合は年金を含めて月間使えるお金は13万円だそうです。当然旅行にも行けませんし、孫にお小遣いをあげるのも大変です・・・

さらに、個人で会社を立ち上げる場合は全く別ですが、サラリーマンとして一般的に成功者と言われる暮らしをするためには50代での年収が3000万円あれば理想とのこと。

そこから逆算した場合23歳で300万からスタートし30歳で1000万の年収というのが成功曲線に乗っている1つの指標だそうです。頑張らねばと思いました(汗)
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-06 19:30 | けふの些事

<< オーラソーマ2009 Matrix >>