神々の山嶺

e0132508_13501858.jpg
 最近久しぶりに読み返したが、やはり得るものが多い漫画の一つだなと痛感。内容は、前人未到のエベレスト南西壁冬期無酸素単独登頂に挑む登山家、羽生丈二と、カトマンズに滞在中に故買屋でマロリーのヴェストポケット・オートグラフィック・コダック・スペシャルを入手したことがきっかけで羽生丈二を追いかけることとなる深町 誠、それぞれの男の生き様に魅せられる。また、ジョージ・マロリーはエベレストに登頂したのか?という実際の登山界の謎を絡めており、その謎に答えを出しているが、内容はフィクションである。
[PR]

by alchimista01 | 2013-12-02 23:39 | 精神への神饌

<< アサヒ ドライゼロ ケーブルローラー >>