人気ブログランキング |

魚問屋 魚一商店 南柏総本山

 「とにかく烏賊が新鮮で美味しいんだよ!!あれは最高やね♪」 
 「そうなの、透明で、生きているやつをその場で締めてね♪」

 と、友人夫婦が食事の席で熱弁を振るうので、それでは行ってみようと、年末のとある日に南柏まで飲みに行って来た。そもそもそこは、友人の奥さんがデザイナーとして働く居酒屋であり、とにかく海王類!?いや、魚介類が美味いという触れ込みであった。

 しかし、わたくしは自他共に認める「美食家」おいそれと美味いとは申しません。

一品目 鬼盛り※この店ではメガのことを鬼という。他に鬼天・鬼パッチョ等がある。
e0132508_10333029.jpg
黒ソイは、身が締まっていて歯応えプリプリ。根ほっけは、噛むと脂がとろける最高に美味い♪

二品目  北海道木古内産 活殻付ホタテ
e0132508_10373240.jpg
美味い♪噛むと旨みを含んだスープが溢れだし、甘くてぷりっぷり。また、スープと特性のたれは珠玉のオーケストラ。曲目は差し詰めラヴェルのボレロ後半といった華やかさ♪

三品目 マグロ生ハム
e0132508_1051391.jpg
これは初めて食べた。マグロの刺身を塩漬け乾燥させたもの。豚に比べるとあっさりしている。物珍しさはあるが味は普通。また、この日は食べられなかったがもう一つ気になったメニューに「マンボウの腸ガーリック焼き」というものがあった。次回行った際には頂く予定。

四品目 魚一名物 泳ぎ活イカ姿造り
e0132508_1113161.jpg
黄色掛かった半透明の刺身は「歯応えはあるが柔らかい」という表現が適当。ぐちゃぐちゃな柔らかさとも、コリコリの硬さとも違う絶妙な噛み応え。噛みしめるとやさしい甘さがじんわりと浸み出す。肝も頂いたが素晴らしく「濃厚で芳醇なコクととろみの海」というイメージ。エンペラーとゲソは別料金(200円)にて天麩羅にして貰った。

 他にも数品食べたが、いつものように写真などすっかり忘れて飲食に集中、ラブ注入。どれも本当にコストパフォーマンスが良く美味かった。千葉方面においでの方は是非足を伸ばしてみて。但し、その日によって入荷状況が違うそうなので詳しくはWEBをチェック!

by alchimista01 | 2012-01-06 12:01 | 舌鼓

<< 断食の果てに思う 前篇 2012 年頭抱負 >>