FUTURE CAT BIG L10 YEARS

ファッションを追求していくと、どうしても手持ちのアイテムだけでは表現することの出来ないスタイルにぶつかる時がある。まぁいいか♪で済ませられれば簡単なのだがそこは譲れない!

こういった現象のことをわたしは「~~限界」と呼んでいる。つまり既存の「~~」では対応することの出来ない事態という意味である。

先日「スニーカー限界」が起こった。現在所有するスニーカーは(ブラック・シルバー・ブルー)なのだが、あるスタイルに合わせた時に、そのどれもが全くしっくりこないのだ・・・

結局その日は、全ての服を総取替えして出かけることとなった。そんなことが一度ならばまだ許せるが、二度、三度続くと本当にイラっとする。

いったい何故「スニーカー限界」が起こったのかという原因を分析し、早急な解決策を打ち出す必要を感じたわたしは、服の組み合わせパターンを無数に考え、そこにスニーカーを合わせるという地味な作業を続けた。その結果ある一つの原因に到達した。

「スニーカー限界」を引き起こす服の組み合わせパターンは、暖色系の服を柔らかく着たい時に限って発生しているということだ。

分かりやすく説明すると、ホワイトのTシャツに、ブラウンのカーディガン、レッドのレザージャケットにベージュのチノパンというスタイルを想像して欲しい。

ここにブルーのスニーカーを持ってくる場合、マフラー、もしくはTシャツにブルーを持ってきて和合をさせないと足だけが浮いてしまう。しかし、トップにブルーを持ってきた時点で柔らかさは消えてしまう。

次にシルバーを持ってくる場合は、カーディガンのブラウンをグレーかブラック等のモノトーンに替えベージュのチノパンもブルージーンズなどに替えるのが好ましい。もしそのまま履いてしまったら足だけ近未来になってしまう。

そしてブラックを持ってくるという選択肢は、メガネのフレームや、ストールをブラックにすれば成立する為、この中では一番ましいが、重さを払拭できない点が、柔らかさを出すという観点からは不適切だ。

そこで、到達した答えが「ブラウン効果」である。そう!スニーカーを「ブラウン」にすれば全て解決するのではないか!?案の定、同じく「スニーカー限界」を引き起こした13の服の組み合わせパターンも全てそれで解決することができた。

その後、どのようなスニーカーが一番効果的なのかを検証し「ブラウンのスニーカー・カジュアル過ぎないがスポーティでも無い・ブーツとは一線を画す・遊び心がある・コストパフォーマンスに優れたモノ」という答えを導き出した。

そして探すこと21日。。。ついに発見した。しかも2009 SUMMER MODELで47%OFF♪
これで「スニーカー限界」ともおさらばというものだ♪
e0132508_248258.jpg


いや、まてよそうなると「マフラー限界」が・・・
ファッションの探求は終わらない(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-15 00:04 | 愛すべきモノたち

<< HEATTECHについて思う 灯し灯され >>