<   2013年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

結婚式 メンズゲストの装いについて思ふ

e0132508_18445589.jpg
 日本では、タキシードを着て結婚式に列席すると「新郎より目立って失礼な人ね・・・」と、陰口を叩かれる。さながら江戸時代か!と言いたくなるほど、奥ゆかしき文化が根強い。

 しかし、国際的な正装といえばタキシードであり、それは、相手に対する敬意をもって身にまとうものだ。よく結婚式にビジネススーツで来られる方が多いがあれこそ失礼千番である。

 しかしながら、国際的正論を振りかざしたところで、大正・昭和生まれの方々には通用しないので、無難な折衷案を考えた。まず、スーツは昨今では正装としても通用するようになった「ブラックスーツ」であろう。また、シャツだが、ウィングカラーにするのは奥ゆかしき文化に反するようなので、普通の白シャツに「ボウタイ」などが落としどころではないかと思う。二次会ならアスコットタイなども良いと思うが、披露宴だとどうにもキザッぽい。また、婚礼用のネクタイは、自分の子供の結婚式のタイミングでいいので、若いうちは避けたい。最後に靴だが、エナメルの靴を履けば、ドレッシーな感じがしてとてもよいと思う♪
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-31 23:00 | 愛すべきモノたち

エネルギーの分岐点

 誕生日には前の年のエネルギーから、新しい年のエネルギーに切り替わるという話を聞く。僕の場合は誕生日を中心とした前後一ヶ月以内に、リストラをされたり、新しい職場で働き出したり、彼女に振られたり、体調を大きく崩したりという分岐点になるような大きな出来事が起こっていることが多い。

 だから毎年誕生日が近くなると、今年は一体どんなことがあるのだろうとヒヤヒヤするものだ。誕生日後の一ヶ月を終えるまでに残すところ、10日ばかりだが、既に体調を崩して数日間休み、また、職場で部署が異動になった。あと、一体どんな変化があるのかと期待と不安が入り混じっている。ちなみにこういった時期の最適な過ごし方は、無理をしないことと、新しいことを始めないことに尽きる。新しい一年のエネルギーがどんなモノになっていくのか楽しみだ。
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-30 22:21 | 一思案

「水曜日のネコ」

e0132508_23311259.jpg
 火曜日ですが「水曜日のネコ」というビールを飲んでいます。製造元のヤッホーブルーイングは、よなよなエール、東京ブラック、インドの青鬼など一癖あるビールが人気の長野の地ビールメーカーです。「水曜日のネコ」は、ヒューガルデン等の少し癖のあるビールが好きな人にはバッチリはまる味だと思います。

 このビールはベルギー生まれの「ベルジャン・ホワイトエール」というスタイル(ビールの種類)で、大麦と小麦の両方を使って造ったビールです。スパイスにオレンジピールとコリアンダーが使われているため、爽やかな香りと甘酸っぱい味わいがします。苦味が無くすっきりとした飲み口なので、普段あまりビールを飲まない人や、女性にもおすすめのビールです。
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-29 23:48 | 舌鼓

ちょうどいいクラッチバッグ

 昨今クラッチバッグが流行っていますが、どうにもビジネス臭いカチッとしすぎたモノが多いです。また、少しビジネス臭いものから外そうとすると、一気にカジュアル感満載のモノになってしまします。つまり、中々ちょうどいいモノが中々見つからないのが現状です。

 個人的に一押しは“aniary”アニアリのALクラッチです。まずビジネスとカジュアルの調度中間くらいのデザインが素晴らしく、サイズ感もちょうどいいです。正面の横ポケットには定期入れ、背面の縦ポケットにはスマホが入れられます。また、メイン収納には財布、デジカメ、ミント、ペンとメモくらいは楽勝で格納できます。

 つまり、いちいちバックの中を探すことなく最小の動作で大概のことはできてしまう訳です。よくクラッチというとメインの収納へのアクセスが2アクションや3アクションのものまでありますが、それではクラッチの意味がありません。あくまでも1アクションで必要なアイテムに到達出来ることが、クラッチバッグの魅力でしょう。
e0132508_1816312.jpg
e0132508_18165637.jpg
e0132508_18175339.jpg
e0132508_18141434.jpg
e0132508_1814279.jpg
e0132508_18144317.jpg
e0132508_18184246.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-10-25 22:01 | 愛すべきモノたち

何度でも!何度でも!

 人生において壁というものは人によって種々様々ではあるが、必ずある。そして、乗り越えることが出来なかった壁に再び遭遇した時、多くの人は二度とその壁を登ることをしない。しかし、その壁は二度どころか三度でも、四度でも、十度でも百度でも現れる。そう、影のように永遠に追ってくるのだ。そして、いつかは必ず超えないといけない。もしそうだとしたら、早く超えてしまうことに越したことはない。しかし、二度、三度で越えられないことも多々ある。それでも何度でも!何度でも!挑んでいくことが大切だと思う。逃げることは簡単だ。一番最後にすればいい。それまでは例え何十回失敗しても挑戦し続けたいと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-24 21:47 | 一思案

サブバッグから見えること

 電車に乗っているとメインバッグの他にサブバッグを持っている女性を多く見かけます。しかし、その女性たちの多くが付録に付いているようなバッグをサブバッグとして使用しています。付録のバッグを通勤時に平気で使っているだけで、物事に対するこだわりや、セルフプロディデュース力が無いのだなという印象を相手に与えてしまいます。それでは、仕事が出来ないことや、恋愛が下手なことを宣伝して歩いているようなものです。

 また、そういった女性はメインバッグもビニール素材や合皮の大量生産の流行りモノを使っていることが多く、しかも、はげていたり、汚れていることが多いです。そして、汚い靴を平気で履いていたりします。10代であれば、お金も経験もないので許せますが、20代後半~40代だとしたら、まったくもっていただけません。えぇ、色々なエロい意味でも♪

 さらに、酷いのはメインバッグが一流ブランドのバッグである場合です。一流ブランドのバッグは、洋服や靴、化粧にヘアスタイル、立ち居振る舞い等のすべてが一流だからこそ映えるのであって、他のアイテムがボロボロの状態であるのに、一点豪華主義的に持っていると、あぁ、なんてミーハーなんだろう・・・きっと流行に踊らされて、周りに合わせていいバッグ買わなくちゃって買ったんだろうな!って思われてしまうこと必須です。

 それならいっそ、ブランド等が一切分からない2万くらいの上質な革のバッグを持って、5000円くらいのきちんとしたサブバッグを持った方がよっぽど上品に見えます。重要なことはバランスなのです。バランスは勉強して、経験して、考えないと培われません。

 お洒落は自分の為にすると考えているという人が多いですが、違います。お洒落は相手への敬意の表れです。そう考えれば、自分のファッションがちぐはぐなことに気がつく筈でしょう。しかし、自分のことしか考えていないとTPOも年齢相応ということも、一切わからなくなってしまうのです。

 最後にモノをどう扱うかということは、自分がどう扱われるかということです。自分が大切にされたいならまずはモノを大切にすることを心掛けるといいと思います。それだけで、まったく人の自分に対する扱いが変わることでしょう。
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-23 22:11 | 一思案

アヴァンギャンディ

e0132508_11361257.jpg
アイスキャンディーKyl21は、Science Kitchenのチームが、よりスムーズな口当たりと口溶けを求めて開発したそうです。液体窒素にいれて凍らせることで、糖分を減らしてもきちんと美味しく感じる作りなんだそう。材料も少し変わっていて、例えば真ん中の白いやつには、大豆、ココナッツミルク、そしてお米等が使われているそうです。ちなみに、アイスの棒に書いてあるのは分子数とのこと。これはメチャメチャ食べてみたいですね。
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-22 22:34 | けふの些事

鍋の季節到来

 このごろ朝晩は、だいぶ冷えるようになって参りました。そうです鍋の季節到来です♪温まるし、野菜をたくさん取れるし、安いし、簡単だし、冷蔵庫の中身を適当に突っ込めばいいし、こんな一石五鳥てきな素晴らしい料理はありません。ちなみに先日作ったのは、トマトチーズ鍋。具はムール貝、マッシュルーム、竹輪麩、モヤシ、大根、蕪菜と超適当。しかし、それだけで普通に美味い♪モランボン様さまですなぁ♪
e0132508_16511162.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-10-21 21:30 | 舌鼓

ターゲットストローク

 みなさん「ターゲットストローク」という言葉をご存知でしょうか!?知らない!?それは人生とっても損をしていますね。さてさて、ターゲットストロークとは、アメリカの精神科医エリック・バーン氏が考えた心理学の中にある考えで、交流分析(TA)の用語です。

 馴染みのない言葉なので、分解して説明します。まずストロークとは、自分の存在価値を認めてくれる言動や行動のことを言います。分かりやすく言うと「褒めたり、認めたり、励ましたり、相手の体に優しく触れたり」することです。そして、これにターゲットが付いて、ターゲットストロークとなると、相手が一番欲しい褒め言葉や、一番認めて欲しいことを伝えてあげることになります。つまり、それを受けた相手は、自分の価値を強烈に感じられるようになるのです。

 これまでの人生で、ストロークを受けてこなかった人や、もしくは現在受けていない人は、軽いうつ症状のような状況に陥ります。そういった意味でも、家族や友人にターゲットストロークを与えることは、心の栄養補給をしてあげるという意味合いがあります。さらに、相手の心に届くターゲットストロークを与えられたとき、相手が感じている幸せの10倍の効果が、自分にもたらされると言われています。

 これは今すぐやるしかないでしょ♪
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-18 23:05 | けふの些事

渇望を満たす

 ふと気が付いたのですが、ここ最近、自分の買い物を全くしなくなりました。調べてみたらこの4ヶ月間で4アイテム(おじゃる丸ストラップ&弁当箱・ブレスレット・海パン・シューケアセット)くらいしか購入していませんでした。以前であれば、月に5~10アイテムは恒常的に購入していたことを考えると、すごい変化です。

 理由ですか!?

 自分の中にある、この何だかわからない、乾きというか飢えはどれだけモノを買っても満たされないということを本当に悟ったからでしょう。どんなにいい服を着ても、いい時計をしても、いいバッグを持っても真の幸せには至れないのです。物欲の末に残るのは、一時的な満足感と、借金だけです(笑)

 最近体感したことがあります。真の幸せへと至る道は、自己の外にあるのではなく、自己の中にあるのだということです。モノも人も地位も名誉も、お金すら本質的に人の渇望を満たすことは出来ません。唯一人の溢れんばかりの渇望を満たせるモノがあるならば、それは「真理」すなわち、自分と世界の本当の姿を知ることでしかないと確信しています。
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-17 22:33 | 一思案