<   2013年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダイエット黒酢ドリンク ゴールデンキウイ

e0132508_2271433.jpg 昨年まではコーラやジンジャーエールといった清涼飲料水を飲むことが多かったが、最近はそういったモノを一切飲まなくなった。その代わりにウィルキンソンの炭酸で果実酢や黒酢をベースとしたモノを割って飲むようになった。最近飲んだ中で一番美味しかったのが「ヤマモリ ダイエット黒酢ドリンク ゴールデンキウイ」である。

 酸味と甘みのバランスが絶妙でとにかく美味しい。確かに甘味料(アセルファムK、スクラロース、ネオテーム)や、果糖ぶどう糖液糖が体にいいのかといえば、よくはないが、まぁ、清涼飲料水を飲むよりはいいだろうという判断で現在はこれをウィルキンソンの炭酸で割ったものを飲んでいる。とにかく美味しいのでお勧めだ。
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-29 22:04 | 舌鼓

My Favorite缶詰 01ツナとタイカレー

 最近ごはんを作る時間がないので、ごはんと味噌汁、野菜と缶詰という晩御飯を食べることが多い。肉を食べないので、当然魚の缶詰だ。今回紹介するのは、その中でも特に気に入っている「ツナとタイカレー(レッド&グリーン)という商品だ!

 端的に言えばツナ缶ににレッド&グリーンカレーを入れた代物である。これをご飯に掛けて食べるとメチャメチャ美味しい。グリーンの方が水っぽく辛めで、レッドは少しどろっとしていてマイルドだ。どちらも、非常に美味しいので忙しいときにはお勧めだ♪
e0132508_2205233.jpg
e0132508_2204090.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-03-28 21:23 | 舌鼓

スワロー カフリンクス

 ワイシャツにはカフリンクスというのが、自分の中では定番である。なぜならば、ビジネスのシーンで男性が付けられるアクセサリーは限られている。それは、時計、タイピン、カフリンクス、結婚指輪くらいのものだ。結婚指はやタイピンはそう個性を表現できるアイテムではない。また、時計は最も個性を大きく反映することの出来るアイテムではあるが、多くのビジネスマンが腕に付けているということには差異がない。

 しかし、カフリンクスに関しては、殆どの人が付けていない。だからこそ付けているというだけで、差別化が図れるアクセサリーである。そして、どうせ付けるならテーマやメッセージ性があるとなお、素敵だと思う。

 英国で「キング・オブ・カフリンクス」言えば、サイモン・カーターである。多くの著名人に愛されていることでも知られる、このブランドのカフリンクスは、どこか遊びがある。

 今回購入したのは、スワロー(ツバメ)。スワローは、いい雰囲気をかぎ分けるそうで、ツバメが巣を作る家は幸せな家庭、いい雰囲気が漂ってる証拠、ということで、大事にされてきたそうだ。また、「幸せを運ぶシンボル」とも、されている。
e0132508_21124736.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-03-27 23:12 | 愛すべきモノたち

焦点

 本当の「満足感」というモノを得ることは難しい。だからこそ人は、別の方法でそれを満たそうとする。それは、往々にして自己完結出来る選択であることが多い。例えば買物をする、甘いものや、美味しいものを食べる、酒を飲む等が多いだろう。

 しかし、そういった行為で「満足感」を得ることが難しいことは、皆がよく知っている。では、本当の「満足感」とは何か?多くの人は、お金を得ることや、恋愛や仕事、友人関係、結婚の成功によって「満足感」を得られると思っている。

 ところが、お金を得ても悩みが解決すわけではないし、彼氏・彼女が出来たら出来たで悩みが生まれるし、仕事をしても同僚や上司との関係に悩む、そして、結婚をしても浮気や離婚がなくならない。つまり、そういった移ろいゆくものに焦点を合わせても幸せにはなれないということだ。

 それでは、何に焦点を合わせれば良いのかというと、変化しないものに他ならない。変化しないものとは、真理(仏・神・サムシンググレイト)である。真理に焦点を合わせてさえいれば、お金も、恋愛も、仕事も、結婚も、友人関係も家族関係も健康さえも手に入る。

 真理を知り実践すること、人格を完成すること。この2点にのみ焦点を絞って生きていれば幸せになれるのである。
この投稿に対して
コメント不可 トラックバッ
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-26 15:56 | 一思案

努力の源

 世の中では人の力ではどうにもならないことがある。それは、如何にお金があろうと、地位や名誉があっても変わらない。例えば、お金や地位、名誉があっても地球を反対に自転させることは出来ないし、降り頻る雨を止ませることも出来ない。それどころか、多くの人は夫婦や恋人、友人と良好な関係で居続けることさえ難しい。

 つまり真理という「絶対的な力」にはどうあがいても勝てないということだ。そのことを心底実感すれば真理に対して畏敬の念を持つようになる。すると、困ったときや、ものごとが上手くいかないときに、自然と神や仏に手を合わせるようになる。努力をしないという意味ではなく、最大限の努力をした上で神や仏に祈るという意味だ。

 昔モノゴトが成就するためには、自己の努力・他人の協力・神仏の加護が必要だと聞いたことがある。自己の努力とは、信念行。即ち信じて、念じて、行うということだという。

 努力なくしてモノゴトの成就は無く、信じることなくして正しい努力は出来ないということだろう。お互いさま幸せになるために真理=神・仏を信じて、正しい努力をしたいものである。
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-25 23:58 | 愛すべきモノたち

問題解決力の本質

分からないことがあった時、最も早い解決方法は、その事柄に詳しい人に聞くことだと思う。もちろん自分で調べるということも大切だが、一刻を争う場合には、聞くに勝る解決方法はないだろう。

しかし、その為には、誰に聞いたらいいのか!?また、何と聞いたら正しい答えを導き出せるのか!?を的確に行う為に、必要なスキルを掘り下げて考えておくことが重要である。

おそらく上記を叶える為に必要なスキルは、分析力、把握力、理解力、発想力、質問力などであろう。しかし、そのようなスキル全てを、一朝一夕で身に付けることは難しい。

それでは、どうすればいいのかといえば、解決方法はとても簡単だ!謙虚に素直な心を持って、誰に聞いたらいいのか?何と聞いたらいいのかを、先ずは身近な人に聞くことだ♫そして、さながらわらしべ長者のように、それを繰り返していけば、自ずと求めている回答を得ることが出来るものである。

この話は、文章で読むととても簡単なことのようだし、実際に簡単なことなのだが、いざ行うとなると、以外と難しい。何故ならば、人には見栄や体裁というモノがあって、ついつい自分の力だけで何とかしようとしてしまう。

分からないことを理解するということ。即ち問題解決力というモノは、言い換えれは、謙虚で素直な心というモノに他ならない。
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-23 19:30 | 一思案

時は神なり

 「時は金なり」と思っている人は、今すぐに止めた方がいい。なぜならば、時というものは決してお金では買えないからだ。確かに歩くより、バスや電車に乗るほうが早い。また、料理をして食べることよりも、レストランに行ったほうが、早く食事を食べることが出来るということは否定しない。また、寸暇を惜しんで働くことも否定しない。

 しかし、それはお金で時を手に入れたという錯覚であり。時をお金に変えたという錯覚である。そののように考えると必ず、自らの力で時や、お金を手に入れたという勘違いをしてしまい、それは必ず失敗や挫折を呼び寄せる。

 お金は誰かを幸せにした対価としていただく物である。つまり、我々はサービスなり、商品を提供する人が居なければ、お金を手に入れることが出来ない。そして、人は神によって作られた。また、金は天下の回り物というが、天下とは真理であり神である。

 つまり、我々がいただいているお金は、神より必要に応じて与えられているモノに過ぎないということだ。そして、バスにしろ、電車にしろ、レストランにしろ独りでに機能しているものは何一つもない。全てそれを提供してくれる人がいて、我々は初めてそのサービスを受けることが出来るのである。

 時というものも同じく神からいただいているものである。寿命はお金では買えないし、昨日もお金では買えない。だからこそ、時を大切に使わなければならない。「時は金なり」=傲慢 「時は神なり」=感謝と言い換えると分かりやすいと思う。刻一刻と進んでいく時を大切にして生きていきたい。
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-22 23:50 | 精神への神饌

cheero Power Plus 2 10400mAh

 一日外出していると起こる問題の一つに、スマホのバッテリー切れというものがある。最近では、カフェやファーストフード店などには電源が用意されていることも多いが、そのためにコーヒーを飲むというのもバカらしい。そこで必要になってくるのがモバイルバッテリーである。

 まず始めに家電量販店を覗いてみたが、ハッキリ言ってコストパフォーマンスが悪い。充電量が多いものになると、すぐに5千円を超えてしまう。。。なので、家電量販店でモバイルバッテリーを買うことはお勧めしない。

 そして、家に帰ってネットを観ると、10,400mAh(iPhone、スマホ等 約5回分)で、2台同時充電可能!!1Aに加え2.1Aポートがあり、iPad等も高速充電可能。また、自動電源OFF機能があり、充電後は自動でOFFになり放電の心配もないという。cheero Power Plusの後継機が2600円で販売していた♪

 即効で購入決定。ちなみにカラーはシルバー・ブラックの二色。個人的にはiPhone5がブラックなのでブラックをチョイス!なお、このモバイルバッテリーにはLEDライトがついているので何かと便利である。

 
e0132508_11311838.jpg
e0132508_1131722.png


 
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-21 22:21 | 愛すべきモノたち

リーガル 707R ダブルモンクストラップ

 ビジネスマンは雨の日の靴をどうしているのだろうか!?しばらくスーツスタイルから離れていたせいもあってか、まったく覚えていない。。。革にとって雨は大敵である。いくら防水スプレーをしてもそれは表面の話で、内部への浸透は防げない。そんなことを考えていたら、大雨の日に革靴の中まで水が入ってきて、靴下がビショビショになった記憶が蘇って来た。

 そして探し始めたのがアテックス®ファブリクスを使用している防水浸透性に優れた革靴。しかし、圧倒的に多いのは紐を結ばなければいけないタイプ。これは意外と結んだり解いたりが面倒くさい。。。他はどちらかというとトゥがゴテッとした厚底のタイプのものが多い。。。。うーん?ハッキリ言ってダサい!

 探し回って、やっと発見したのが「リーガル 707R ダブルモンクストラップ」少々ダブルモンクストラップが重いが、見えない部分なので余り気にならない。履いてみるとむしろ、ドレッシーだ。ちなみにこのデザインは1930-40年位に英国で発祥されたデザインらしい。ソールは、屈曲性と耐摩耗性に優れたハイブリットラバーⅡLightを採用。踵は、イタリア・ビブラム社とリーガルで共同開発をしたオリジナルヒールで、突き上げは少なく、耐久性に優れている。

 結論として、ゴアテックス®ファブリックで、紐靴以外で、ゴテッとしていないという条件を満たすのはこれかあと一つないしは二つしかない。個人的にはこれを採用した。雨の日が楽しみで仕方ない。
e0132508_11433447.jpg


 
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-20 11:44 | 愛すべきモノたち

忙しさの効能

 先週の14日より新しい職場に出勤し早4日が過ぎた。率直な感想としては、とにかく忙しい。。。今までの仕事が、あたかもスーパースローカメラで撮影したかのように感じるスピード感である。まだまだ体が、頭の想像する速度について来られないのが現状だ。

 世間一般的には、忙しいという状況は、出来れば避けたいことだと思う。出来ればのんびりとライフワークバランスなどと言うことを考えた生活を送りたいと思うのではないかと思う。また、今までの時代はそういったものを追求して生きることもそう難しくはなかったとも思う。

 しかし、昨今我々が置かれている状況というものは決して甘いものではない。後進国との給与格差によって流入する安価な労働力や、ロボット化により人間自体がいらなくなる産業もますます増える。また、インドやブラジルが圧倒的労働力により輸出してくるであろう製品に日本の輸出が押されれば、大手企業のリストラが今まで以上の規模で起こり、その波は中小企業など一飲みに飲みにしてしまう。

 そう考えたときに必須なのは、外国人やロボット等に取って代わられない人材であることに他ならない。能力という部分も勿論あるだろうが、それよりも問われるのは人間力だと思う。例えばデパートに買物に行ったとして、何でも知っていそうな、仏頂面の店員と、明らかに新人だが、ニコニコしている店員さんがいたら明らかに後者に話しかけることだろう。例えば、こういったことが人間力の一端なのだと思う。

 そう考えたとき、忙しいということはとてもありがたいこと尽くしだ♪忙しい状況の中で円滑に仕事をしていくためには、良好な人間関係の構築が必須である。つまり笑顔と感謝と謙虚な心が養われる。そして、無駄が徹底的に排除されることにより、身の回りに残るのは自ずと良質な人とモノだけになる。また、起こってもいない不安や、恐れに心を奪われることもないので、心がポジティブで健全だ。さらに、お金を使う時間が余りないので貯金も出来る。

 よく、忙しいという状態は、心を亡くすことだと耳にする。しかし、本当はそうではないと思う。きっと、忙しいという状態は自分の我儘な心を少しずつ少しずつ無くしてくれることなのだと思う。そう考えると忙しいことにも感謝である。
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-19 23:30 | 精神への神饌