<   2012年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

恋に効く武器を持とう 3

 さて、今日は「自分の強みを生かす一緒に出かける理由」について説明していきたい。昨日の「相手が望んでいる一緒に出かける理由」を作るポイントは「相手の情報を徹底収集」して、それに基づいて相手が望むものを提供していくという話だったと思う。

 それに対して「自分の強みを生かす一緒に出かける理由」とは、端的に言うと「自分が得意なことを発信して人を引き惹きつけて一緒に出かけたいと思って貰う」仕組みを作ることである。

 どういうことかというと、まずはたった一つでいいので得意なことを決める。無ければ作る。次にそれを発信する。そして、それを提供する。そして、周りに周知して貰う。すると「●●さんは●●が得意な人」というポジションが出来上がる。そして、これは大きな差別化要素になるし、武器になる。つまりこれこそが「第二の武器」である。

 実例について話そう。オレは高校生の時に「料理」を得意とすることに定めた。それから日夜外で美味しいモノを食べては家で再現するということを繰り返してきた。また、同時に多くの人にそれを提供して来た。恐らくこの記事を読んでいてオレの料理を食べたことがないという人は殆ど居ないのではないかと思う。その結果として昨今では「美味いモノを食わして欲しい!」「食事会を開いて欲しい」という声を掛けて貰うことが多くなった。

 そうすると、自分が居ても居なくても、とあるグループやコミュニティの中で「彼の料理は美味い」という口コミが始まる。すると、まだ料理を食べたことが無い人は「食べてみたい!」という欲求が生まれるのだ。

 これを、自分が恋人と出会いたい場や、職場、学校等で展開していけば、自然と周りに人が集まる。人が集まると、好意が集まる。好意が集まると恋が生まれる。ここでのポイントは「得意なことを発信する」ことである。例えば「相談に乗る」でもいいし「手相を見る」「歌が上手い」「楽器を弾ける」「SEXが上手い」「電車に詳しい」「パワースポットに詳しい」「オムライスが絶品」等何でもいい。

 ただこの「第二の武器」には効果範囲というものがある。それに全く興味の無い人にとっては武器にならないということだ。例えば誰よりも電車に詳しかったとしても、相手が電車に全く興味がなければ、うざい人でしかない。しかし、相手が電車好きにとっては神である。またSEXが上手いという武器を振りかざせばそれに群がる人は居るだろう。しかしそれが幸せな未来を形作るのかと言えば、はなはだ疑問である。

 つまり、どのような武器を持つかということは、自分がどういう人生を歩み、幸せになっていきたいのかということを良く考えて決めなければいけない。この設定を間違うとなかなか幸せに成れないので気を付けたい。

 しかし、極めればこちら側のアプローチは最小限で「一緒に出かけたい」と思って貰える草食系には最もマッチする武器になるので是非一つは持って欲しいと思う。ちなみに複数持てば持つほど連動して、強みとなる。イメージはドラクエの転職システムを考えて貰えれば分かりやすいと思う。

 ここで前半のまとめだが、前回の話も今回の話も基本は「ギブ(与える)」だということを忘れないで欲しい「幸せにして欲しい!」「幸せになりたい!」というのは誰しもが持っている欲求である。しかしそういった雰囲気が前面に出ている人に、人に惹かれない。むしろ敬遠するだろう。欲しい時ほど相手に与える心を大切にしていきたいと思う。

 次回からは付き合うというステップについて説明していきたい。
[PR]

by alchimista01 | 2012-07-30 12:54 | 一思案

恋に効く武器を持とう 2

 前回のはなし 今の恋愛市場では、草食系の男女が圧倒的に多いので、なかなか恋愛に発展しない。この問題を理解した上で恋愛や結婚をする為に、どうすればいいのかといえば 「恋に効く武器を持とう」ということである。

 さて「恋に効く武器」とは何かという話だが、その前に基本的な話をおさらいしておこうと思う。恋愛というものに於いては、基本的に二人の関係性が退行することはない。分かりやすく言えば、あるデートで手をつなげば次のデートでも手をつなぐし、キスをすれば次のデートでもキスもするものだ。

 そういった意味では如何にしてステップを前に進めていくのかということが重要である。しかし、こと草食系の男女間に於いてはこのステップが進まないということが最大のジレンマである。中でも一緒に出かけるというステップと、付き合うというステップがもっともハードルが高いと言える。

 この二つのステップをクリアするためのツールこそが「恋に効く武器」である。まず、一つ目のステップである二人で出かけるということに関してだが、通常出かけるということには理由がある。例えば会社に行くのは給与を貰うためだし、釣りに行くのは魚を釣るため、買い物に行くのは何かを買うためである。

 しかし、デートに関しては自分と相手が一緒に出かける理由を作らなくてはいけない。これが中々難しい。では、どうすれば相手も自分も傷つかずスマートにデートに誘えるのかといえば「相手が望んでいる一緒に出かける理由」か「自分の強みを生かす一緒に出掛ける理由」を作ってしまえばいいのだ。

 ギブ&テイクという言葉が示すように兎にも角にも「与える」ということが重要だ。では、具体的に何を与えるのかといえば順番に説明していこう「相手が望んでいる一緒に出かける理由」に関しては、例えば相手が餃子が好きだと言っていたならば、徹底的に研究して得意料理を餃子にして「今度食べに来る!?」と誘うとか、餃子について書かれた本を何冊か買って「今度貸そうか!?」と会う機会を作るとか、餃子の美味い店を徹底的に調べて「赤羽に美味い店があるんだけど一緒に行かない」と誘うということだ。

 この理由で出かける場合のポイントは「相手の情報を徹底収集」することだ。これが第一の武器である。これは本人に聴けなければ友人に聞いてもいい。兎に角何が好きで何が嫌いかということを知り尽くすことによって「相手が望んでいる一緒に出かける理由」を作ることが出来るのである。

 次に「自分の強みを生かす一緒に出掛ける理由」だが、これはまた明日話したい。
[PR]

by alchimista01 | 2012-07-29 08:31 | 一思案

恋に効く武器を持とう 1

 昨今「草食系男子」という言葉がすっかり定着し、その対義語的な意味合いとして「肉食系女子」等という言葉が使われているが、ハッキリ言って「肉食系女子」というものには殆どお目に掛かることがないと思う。それは何故かと言えば!?多くの女子は草食系のままであるからだ。

 さて、そうなると今の恋愛市場では、草食系の男女が圧倒的に多いということだ。因みにそもそも男子が肉食系だったのかといえば、そうではない。時代というものが男子に対して肉食系であることを求め続け、男子はそれに答えてきただけである。

 具体的に言えば狩猟・採集の時代に於いては「獲物を獲って来ることが男らしさ」だった。そして武士の時代に於いては「武勲を挙げて家禄を上げることが男らしさだった」また、高度経済成長期であった昭和という時代に於いては「家庭を持って、子を育て、家を建てることが男らしさだった」

 つまり当時の男たちが全員肉食系であったのかと言えば必ずしもそうではないと言うことだ。多くの男子の本音は「マンモス怖い・・・」「戦怖い・・・」「嫁怖い・・・」だったのだと思う。ただ、みんながそれをしているのに自分だけしなかったら「軟弱者」とか「役立たず」とか言われてしまうのが怖くて肉食系という強い男子のふりをしてきたのだと思う。

 しかし、現代社会に於いては腹が減ればコンビニやレストランに行けばいいし、相当特殊な職業に就かない限りは敵を倒さなくてもいい。また「個」というものが非常に尊重される社会なので「結婚・子育て・マイホーム」というような「幸せのカタチ」をみんなが同時期に目指すということもなくなった。

 よって、お金も時間も自由になる責任の無い「独身」という永遠の子供を生きることが、誰にも後ろ指を指されずに出来るようになった。これが草食系男子というモノの真実であり、現代の結婚が難しくなった最大の理由である。

 さて、この問題を理解した上で恋愛や結婚をする為に、どうすればいいのかと言えば「恋に効く武器を持とう」というのが答えである。しかし、時間の関係でその話はまた次回にしたいと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2012-07-27 19:37 | 一思案

お腹周りをスッキリと

 めちゃめちゃ夏ですね♪ こう暑いと、Tシャツやポロシャツ、タンクトップ等の薄着で出掛けることも多いと思います。しかし、その時にお腹がポコっと出ていると台無しです。そこで今日は腹周りを引き締めるエクササイズを紹介したいと思います。
これでガチガチにしちゃって下さい。 おっと!!あくまでも腹筋をですよ(笑)♪

[PR]

by alchimista01 | 2012-07-26 12:58 | 美しく健やかに

つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店

 ここ最近で、一番うまいと思う「つけ麺」の話をしようと思う。そのお店は、「住みたい街ランキング」でも常に上位に登場する、中央線と井の頭線が通る街「吉祥寺」にある。因みにオレは月に一回は足を運んでいる。

 公園口を背にバス通りを右に10mも進むとその店はある。少し奥まっているので外からは見えにくいが、看板が出ているので初めてでも心配はない。ビルのエントランスから少し奥に進むと右に寿司屋があり、左が「つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店」である。

 食券制なので、まずは入口で食券を購入する。食券は最大3枚「味とトッピングの種類」「麺の種類」「麺の量」である。最初に「味とトッピングの種類」だが、味2種類×トッピング3種類の組み合わせである。味は「ベジポタつけ麺800円」と、これを辛くした「ベジポタ辛つけ麺850円」がある。次にトッピングだが「味玉入り+100円」「肉入り+200円」「味玉・肉入り+300円」である。

 それから「麺の種類」だが、3種類の麺から好きな麺をチョイスする「H-1極太胚芽麺(そばのような麺)」「A-6極太もちもち麺(うどんのような麺)」「N-2国産小麦太麺(バランスの良い麺)」である。

 最後に「麺の量」を選ぶ。券なしは「普通1玉」「大盛り1.5玉無料」「得盛り2玉+100円」「メガ盛り2.5玉+200円」つまり「ベジポタ辛つけ麺850円 味玉・肉入り+300円 メガ盛り2.5玉+200円」を頼むと1350円ということである。

 先ずはスープ。実に濃厚である。しかし、よくある背脂たっぷりの濃厚さとは一線を画する野菜ドロドロの濃厚さであるため見た目ほどくどくなく。味はまろやかな甘さに溢れている。中身は肉にしなちく水菜である。このスープは麺への絡みがとてもいいので「得盛り」以上を注文する場合は「スープ追加」もしくは「スープ多め」と注文することが必要だ。個人的には「スープ追加」の方が途中で下がったスープの温度を上げてくれるのでオススメだ。

 続いて麺だが「つけ麺」とは麺が主役であるとオレは思う。肉やチャーシューを盛って濃い味付けで食わしてしまおうという店が多い中で、このお店は、きちんと麺で勝負をしている。その姿勢が素晴らしいと思う。3種類食べたことがあるが、どれも美味しい。中でも個人的には「H-1極太胚芽麺」は小麦が香って、ギュッと言う噛み応えが堪らない。もはやオレはこの食感の虜である。

 とにかく、つけ麺好きの人も、つけ麺はちょっと!という方も一度足を運んで食べて欲しい一杯である。
e0132508_11573215.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2012-07-24 12:55 | 舌鼓

子供の智慧

 あの日もうだるような暑さだった。おそらくオレが10歳で、弟が6歳であったと思う。鳴りやまない蝉時雨の中、大粒の汗を流しながら自転車をこいでいた。ばあちゃんから貰った500円玉を落とさない様にチャックがついた方のポケットに入れて、少し離れた所にある大きなスーパーを目指した。まだ補助輪が取れない弟は遅く、オレはちょくちょく振り返っては「早くこーい!チンネン」と叔母が付けた渾名を呼んだ。

 そしてスーパーに着いたオレたちは一目散にお菓子売り場を目指した。チンネンに「一個だからな!」と念を押して、自分のお菓子選びに没頭した。そして早々に今で言う「食玩」といわれるおもちゃの付いたモノを選んだ。価格は300円である。

 「チンネン決まったか!」「決まった!」とチンネンが持って来たお菓子は100円だった。しかし、オレのモノを見たチンネンが「やっぱりそれがいい」と言い出した。オレは「変えるの無し。行くぞ!」と言った。しかし、べそをかきながら「それがいい!」と主張して譲らない「500円しかないのに300円のモノ2個は買えないだろ!」ともっともなことを言うも「兄ちゃんだけずるいよ。。。」と食い下がるチンネン。

 4年生のオレは、この問題を解決する方法を必死に考えた。そして見つけた。半額のシールが貼ってあるお菓子の存在を。しかし、箱にはバーコードがあって、レジで半額の商品が予め入力されていたとしたらエラーが起こるのではないかということが懸念された。そして突き返される可能性を想像すると、話が通じそうなオレがレジを通過するのは難しいという結論に至った。

 「チンネン!今から兄ちゃんの言うことを聞けるか!?そうすれば500円で600円のお菓子が買える!」「うん」「このお菓子とお金を持ってチンネンが一人で買ってくるんだ」「兄ちゃんは!?一人で!?」「そう、一人でだ。レジの人は、このお金では買えないと言うかも知れない。それでも兄ちゃんのところに帰ってきちゃ駄目だよ。誰も一緒に居ない、一人で来て、これを買って帰るの!と言い張るんだ。いいか!?」「無理だよ・・・」「分かったじゃあ、お菓子は買わないで帰ろう」「それは、やだ・・・」「じゃあ、出来るな。兄ちゃんは袋の所に居るから行って来いチンネン!」「うん。」

 案の定、半額シールが引っかかった「僕、これはこのお菓子のシールじゃないの。だからお金が足りないの。分かるかな!?お母さんは!?」「ひとりで来たの。買えないの(泣)・・・」「うーん、仕方ないなぁ、今回だけだよ。今度は大人の人と来るんだよ」

 「兄ちゃん買えたよ」「馬鹿、店を出るまで話しかけるな」「うん。」

「よし!チンネンよくやった♪ 偉いぞ」「兄ちゃん2個買えたね!」「でも、今日のことは誰にも内緒だぞ!」「なんで!?」「子供でいるためだよ♪」「どういうこと!?」「まぁ、いいや。帰って遊ぼうぜ」「うん」
[PR]

by alchimista01 | 2012-07-19 12:52 | 一思案

ヒミズ

 「頑張れ!」という言葉は無責任で嫌いだ。一見心配している風を装っているが、その実は偽善に満ちている。そもそもみんな既に頑張っていて「お前に言われなくても頑張ってるよ!」と言いたいに違いない。しかし、他に何と言えばいいのだろうか。。。「頑張れ!」以外に何か掛ける言葉があるのだろうか!?そのくらい突き詰めて、突き詰めて吐き出した言葉が「頑張れ!」だとしたらその言葉には「人の心に届く力」があるのではないだろうか!

 「頑張れ!」「がんばれ!」「ガンバレ!」どんなに字面を変えても声に出さなければ何も伝わらない薄っぺらさ。「魂の籠った言葉」だけが唯一人の心に届く。そして、それを手に入れるには、想像を絶する「孤独と苦」が必要なのかもしれないと最近では思う。

 トンネルの暗さを本当に知るのは、トンネルを出口で光を観た瞬間であるように「孤独と苦」に心底感謝出来るのは「魂の籠った言葉」を持って誰かと心が通い合った瞬間であろう「忘れないで欲しい。悩んで苦しんだ君の言葉は必ず人の心の一番深い所に届く。そしてその人の人生を変える力を持っている」ことを。そんなことを無性に誰かに伝えたくなった。

 どうでもいい映画が氾濫する中で「ヒミズ」は、とてもいい映画だと思う。3.11を設定の中に持ってきたことに関しては賛否両論あるようだが、園子温監督は映画監督だから映画を通してメッセージを送っただけのことだと思う。それは医者がけが人を治療したことや、料理人が炊き出しをしたことと何も変わらないと思う。そこに対する賛否などナンセンス以外のナニモノでもない(笑)

e0132508_168952.jpg
ボクにはわかる
牛乳の中にいる蠅 その白と黒はよくわかる
天気が良いか悪いかもわかる
どんな人かは 着ているものでわかる
何だってわかる
自分のこと以外なら

[PR]

by alchimista01 | 2012-07-17 18:00 | 精神への神饌

JINS PCの効果

 PCの前に一日いるせいか、午後になると目が痛くなることが多かった。そして蒼井優も可愛いので噂のブルーライトカットレンズを搭載したメガネ「JINS PC」を購入してみた。現在、使用二日目。確かに毎日15:00くらいになると目がしょぼしょぼしてくるのだがそれが無くなった。しかし、休まずに続けて仕事をしてしまうため肩が凝るようになった(笑)個人的な結論としては、PC用メガネを掛けなければならないほどPCに向き合わないようにする選択をするのが正しいのではないかと思う。
e0132508_1446199.jpg
e0132508_14455318.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2012-07-13 19:35 | 愛すべきモノたち

アセンションへの準備

 いま宇宙では物凄い変化が起こっている。それにより従来の価値観が消し飛ぶ世界がこれから始まる。食事や睡眠、仕事に恋愛といった全てのコトが今までとは同じでは立ち行かなくなる。つまり共産主義社会が崩壊したように、資本主義社会もこれから徐々に衰退の一途を辿るということに他ならない。

 資本主義社会に於いて、地位と名誉と名声により財を築いても、人が幸せに成れないことは明確に証明されたと思う。目に見える物質的な幸せには限界があるのだ。これからはより精神的な幸せを得ることに世界は傾倒していくだろう。

 オレが先週から強く感じているメッセージは、とにかく食生活を改善することである。少し前までオレの主食はコーラ・酒・ハンバーガー・肉・パスタ・ピザ・ラーメン・フライドチキン・ケーキ・チョコレート・アイスクリーム等であった。いわゆる欧米的ファストフード食である。

 しかし、この数日これらの食品を口にしなくなった。「我慢!?」いや、そうではない。「ダイエット?」それも違う。何故か欲しないのだ。今の食事は、朝食「グリーンスムージー」昼食「定食少なめ」夕食「グリーンスムージー+野菜+納豆や豆腐、たまにパンや、玄米、玉子」等である。酒は「赤ワイン」だ。

 そして、こういう食生活を数日間続けていたら無性に走りたいと感じるようになった。最近は2日に1回45分程度走っている。さらなる変化は、恐れ。不安、焦りといった精神的な不安感が払拭されてきた。そして、未だ観たことのない世界をオレはこの流れの先に感じている。

 おそらくこれから全てが変わってしまうだろう。古き慣習や習慣、価値観や概念というものに固執するモノにとってそこは地獄であろう。しかし、柔軟に変化を受け入れることの出来るモノにとってそこはパラダイスに他ならない。そしてアセンションへの猶予はあまりない。

 心身共に変化を柔軟に対応出来るように整えて行きたい。
[PR]

by alchimista01 | 2012-07-12 12:46 | 一思案

テスコム ミル&ジュースミキサー TM837W

e0132508_1141575.jpg
 ここ最近の朝食はすっかり「グリーンスムージー」に定着した。また、一杯の「グリーンスムージー」を飲んでから夕食を食べることによって、夕食の分量が約1/3に減った。とにかく「グリーンスムージー」は素晴らしい食習慣であると思う。その素晴らしい効果に関しては明日にでも詳しく書こうと思うが、今日はそれを作る為に必要なミキサーの話をしたいと思う。

 「グリーンスムージー」を作る為のミキサーに求められる要素は5つである。1つはグリーン(ほうれん草・小松菜・ケール・大葉・水菜・パセリ等)を細かく粉砕できること。2つは1L程度の分量をまとめて作れること。3つは、簡単に洗えること。そして4つは、コンパクトに収納出来ること。5つは、何よりも安いことだ。

 以上の条件を満たしたのが「テスコム ミル&ジュースミキサー TM837W」である。本当は「バイタミックス」が欲しいが、ジューサーに6万円を使うのは如何なものかと思う。

e0132508_11432382.jpg
大型波刃チタンカッターで氷でも楽々粉砕♪
e0132508_11445254.jpg
ミキサーグラスと台が外せて洗いやすいくて清潔。1Lのグラスで大容量に対応。
e0132508_11461219.jpg
重ねてコンパクトに収納できる。
e0132508_1149441.jpg
ミキサー中蓋を開けずにセンターキャップから材料を追加できる♪
e0132508_11502059.jpg
さらにミルまで付いている。

 これだけそろってセール価格3,560円 さらに今ならもう1台!!とはいきませんが(笑)、相当オススメです。購入を検討されている方は是非。因みに先日スイカを種ごと入れてミキシングしましたが完全に粉砕されていました♪ これから夏に向けて大活躍すること必須です!
[PR]

by alchimista01 | 2012-07-11 12:55 | 愛すべきモノたち