<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2011年総括

 3.11己の力では回避出来ない「死」というものの存在を意識した。同時に生きている、いや!生かされている実感を得た。「生かされている」ということと「生きていく」ということは一見別もののようで、繋がっている。「生かされている」という実感は「生きかた」を変え「生きかた」の変化は感じかたを変えるのだ。

 2500年前に悟りを開いたゴータマは人生とは「一切皆苦」だと言い切っているが、辛く苦しい暗き道を歩んでいくのには、道を照らす「灯明」が必要だ。今年はより強くそう感じた。

 数年前の自分は、嫌な仕事をしてまで生きながらえるのはいかがなものかと思っていた。今年は、どんなに仕事が嫌でもお金をいただき生活をしていかなければならない環境に身を置いた。嫌だからといって仕事を辞めてしまえばたちまち生活が立ち行かなくなる。

 ところが不思議なもので、そういう自分以外の守るべきもののいる環境に身を置くと、なんとかしようと全身全霊が目を覚ます。そして苦と対峙する。苦とは対峙されるのが苦手らしく、面と向かってしまうと、まるで車窓からの風景のように、あっという間に後方へと逃げていく。

 また、己というのはそれだけでは、何者でもない。親が居て「子」嫁がいて「夫」子ができて「父」部下をもって「課長」仲間が居て「リーダー」船員が居ての「船長」だ。人生とは人の中で人と共に生きることだと思う。そして道とは人。灯明とは自らを灯火として己と人を照らす自発的な生きかた。思いを発すること。

 人がどう思うか、どう見られるかなどはどうでもいいのです。自分は生かされているのだと実感し、いつも善い行いをするよう心掛け、いつも正しいことをしようとする仲間に入り、いつも自分と全ての人が幸せになることを願う。という心境に立脚しない「生きかた」は自分勝手な単なる我儘でしかないのだ。

 そんなことを強烈に感じた一年だった。今年を総評は100点。凄いことに気付けて本当にありがたかった。良くしてくれた人にも悪くされた人にも感謝。漢字でいえば「起」SEXでいえば「KISS」始まりだ。これをもって来年自分と環境、人生がどう変わっていくのか、楽しみで仕方ない。

 今年も購読下さった皆様、一年間ありがとうございました。読んでくれる人が居てのブログです。来年も一切の伏せ字なく赤裸々に琴線に触れる「モノ」「コト」「オモイ」 を綴っていきたいと思います。それでは来年もよろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。

風呂入れよ〜
そば食えよ〜
もち詰まんなよ〜
お年玉くれよ〜
また来年
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-31 07:36 | 一思案

一つのクリスマスの過ごし方

 今年のXmasは「飛鳥Ⅱ」横濱ワンナイトクルーズに行って参りました。ワンナイトクルーズとは!?という方も居るかと思いますので、乗船から下船までを、イベントや施設も含め時系列に沿って紹介していきたいと思います。これから乗船する際の参考にして下さい。

15:00 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(通称:大さん橋)到着 
大さん橋へは、みなとみらい線の「日本大通り駅」3番出口から徒歩7分程度。この日は、パシフィックビーナスも寄港しており、大変賑わっていました。早速カウンターで乗船手続きを行います。【飛鳥Ⅱ】
e0132508_1425258.jpg
15:30 飛鳥Ⅱへ乗船
豪華客船はしばしば「洋上のホテル」と言われますが言い得て妙な表現だと思いました。
【船内マップ】
e0132508_14372418.jpg
そして、7階でエレベーターを降り客室へと向かいます。その廊下は、どこまで続くのだろうこの合わせ鏡!?と思うほど延々と続いています。
【七階の廊下】
e0132508_14422768.jpg
15:40 客室へ到着
今回泊まったのはFステートという下から二番目のランクの部屋です。広さは18.4㎡ですので都内のビジネスホテルのツイン程度でしょうか。しかし、世界一周クルーズをする船だけあって、クローゼットや収納はとても広いです。また、ベッドの隙間をなくしたり、冷蔵庫や金庫を壁面収納したりと、とにかくデッドスペースを極限まで削った部屋でした。
【客室 Fステート】
e0132508_14511787.jpg
16:00 11階のビスタラウンジでのウェルカムパーティへ
ビスタラウンジは船の先端に位置する視界270度のオブザベーションラウンジです。シャンパン・カナッペ・ケーキ・チョコレート等を出航パーティまでの間に頂きます。
【ビスタラウンジ】
e0132508_15122460.jpg
17:00 出航パーティ7階デッキ
生演奏を聞きながら出航。ここでもシャンパン・オレンジジュース・ホットミント等のドリンクが振る舞われました。因みにオレはこの時点ですでにシャンパン5杯を飲み干しています(笑)そして徐々に太陽も沈み始めた横濱のイルミネーションを脇目に太平洋へと進路をとります。
【船上より 横濱のイルミネーション】
e0132508_15223740.jpg

19:45 ディナー フォーシーズン・ダイニングルーム
軽く寝た後、ドレスコードのインフォーマルに着替え、パームコート
にて、生演奏を聴きながらビールを一杯頂いた後、ディナーへと向かいます。ダイニングの手前ではキャプテンと一緒に記念撮影を行います。そして贅沢にも1時間45分を掛けてフレンチのフルコースを頂きます。料理自体は、これといったインパクトは無く普通でした。
【フォーシーズン・ダイニングルーム】
e0132508_1550764.jpg
【クリスマスツリー】
e0132508_17141364.jpg
【ヘクセンハウス】
e0132508_17163268.jpg
22:00 ギャラクシーラウンジにてXmas Special Show
残念ながら版権の問題で撮影は禁止でした。しかし、お尻ぷりぷりのショーダンサーたちが脳裏に焼き付いています(笑)本場のラスベガスと比べてしまうとシアターの広さや、ダンサーの技術、舞台設備等、見劣りしてしまいますが、船の中ということを考えると充分です。
【ショウのイメージ】
e0132508_16184696.jpg
23:00 夜食 フォーシーズン・ダイニングルーム
きつねうどん・ちまき・パオ・ケーキ・フルーツ等が並んでいました。いけないとは分かっていてもついつい食べてしまう誘惑に弱いオレ(笑)この時間にも関わらず席はほぼ満席でした。。。恐るべしですね。特に目立ったのが、何組も見掛けたおばちゃん達のグループでした。もはやクリスマスも色気より食い気なのでしょうね!?
【きつねうどんを頬張る女】
e0132508_16393327.jpg
12:00 再び部屋へ
シャワーを浴びて、明日に備えておやすみなさい。

6:30 起床
グダグダしながらも部屋の窓からご来光を拝み、おもむろに支度と片づけを始めます。

7:30 パシャリと撮影 11階デッキより
朝食に向かう途中船内アナウンスで富士山が見えるというのでデッキへ、風が冷たかったですが、昔みたテレフォンカードの構図はここから撮ったものなのだと納得しました。
【船上より 朝日に照らされる横濱と富士山】
e0132508_16553338.jpg
7:40 朝食 リドカフェ&リドガーデン
朝食は和食・洋食と両方ありますが、今回はビュッフェスタイルの洋食を頂きました。オススメは注文してから焼き上げてくれるオムレツ(プレーン・ミックス)とワッフル(メープル・ハニー)また、お好みのハム・チーズ・野菜を挟み自分で作るサンドイッチです。
【リドカフェ】
e0132508_1784761.jpg
9:20 下船
下船時間が早いので朝は少しバタバタします。ゆっくり寝ていたい方にはシティホテルの方がオススメかもしれません。しかし、ある意味では25日の朝から横濱を満喫できますので、思いっきりクリスマス気分に浸るにはワンナイトクルーズという選択はオススメです。

 因みにオレは中華街に行ったのでクリスマス気分もへったくれもありませんでしたが(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-28 18:30 | いい旅俺気分

~ためだけに

 先日、最近好みの「野田琺瑯」のバターウォーマーなるものを買いました。
読んで字の如くバターを温めるためだけに存在するとても小振りな道具です。
多くの人に必要性を問えば、殆どの人が「いらない!」と即答するでしょう。
そう、多くの人に必要とされないということは得てして不安になるものです。
しかし、それでいいのではないでしょうか。いや、全くそれでいいのです。
モノも人も誰かにとっては必要が無くても、誰かにとっては本当に必要なもの
であるということが、本当はとても大切なのです。特にこと人生においては。
e0132508_16464781.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2011-12-26 18:46 | けふの些事

正解へ辿り着くプロセス

 禁煙も始めたことなので、この年末は気合を入れて「ランニング」に取り組もうと思う。

 何故いきなり「ランニング」なのかということだが、とある動画を観たことがきっかけだ。

 人はいつ、どのようなタイミングでやる気のスイッチが入るのか分からないものだが、自分の場合はたまたまそれが動画であった。

 それでは、オレが「足が速くなりたい」と願った動画を観て欲しい どうだろう!?きっと多くのサポーターと、同数以上のアンチサポーターが生まれたのではないだろうか!?我こそはという勇者はこのあとの文章を読んで欲しい。

 勇者の皆さん

 「足が速くなる特訓」を始めるにあたって一つ大きな問題があることを伝えてておかなければならない。それは如何に足が速くなったところで、最後の役割をやってくれる子を探すことが出来なければ全ては水の泡、全くもって徒労に終わるということだ。さらにオレ自身も今気付いたのだが、足が一番早くなった勇者は走る役なので何の恩恵も得られねぇじゃねぇか!!

 うーん・・・どうしたものか・・・???
【閃き】そっか!最初から足の速いランナーと最後の役割をやってくれる子を探せばいいんだ♪
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-22 18:30 | けふの些事

手放し難きを手放す

 引越しによる環境の変化と、それに伴う心身酷使によるストレスで喫煙習慣が復活してしまった。約1年間禁煙をしていたにも関わらず習慣とは恐ろしい力を持っているものである。

 「喫煙習慣」そう、それは生活、いや!人生の一部であった。高校で留年が決定しラスベガスに向かった空港でも、はじめて彼女達とのトリプルヘッダーに死ぬかと思った日も、インドでインドカレーを注文し「はっ!?」という顔をされた昼下がりのレストランでも、常にかたわらにタバコがあった。

 オレは思う。今までの生き方で、心底「幸せだ―!!」叫べるような幸せを公私共に掴めていないとしたならば、生き方そのものを変える必要がある。その為には何かを手放さなければならない。そしてそれは往々にして最も手放し難いものである。

 人によってはそれが、プライドだったり、優柔不断だったり、見栄だったり、ハイヒールで踏まれるプレイだったりするだろう。オレの場合は「依存」である。それはことの大小はあれども、会社や家族、友人や恋人という自分を取り巻く環境の全てを浸潤している。つまりオレにとって禁煙とは、「依存」からの脱却、いや「依存心」の滅却である。

 最後に、この最大の敵との戦いに見事勝利する時、人生に一縷の新しい光が指すことを信じて止まない。
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-21 12:12 | 一思案

ましろのおと

e0132508_13244059.jpg
 祖父の松五郎は名人と言われた不出世の津軽三味線奏者だった。弟子も取らず、技も伝えずに息を引き取った。しかしその傍らには耳を澄ましてその演奏を聴いていた2人の孫が居た。しかし、弟の澤村雪は、祖父の死により自分の奏でるべき音を見失ってしまう。

 そして、雪はもやもやした何かをふっ切ろうと津軽三味線を背負い、青森から東京へと単身向かう。そこで様々な人々から刺激を受け、誰の為、何の為という問いに向かい合いながら、やがて自分の奏でるべき音を探し始める。

 いきなりの高校転入~無理やりの三味線部入部~強引な大会開催等と、少々力技な箇所はあるが、まぁ、主題のストーリー展開の乏しさを考えると、アニメ化・ドラマ化を想定した編集意図が見え隠れするのは仕方がない。しかしながら「ましろのおと」という主題はぶれない。寧ろ周囲に浮遊する編集意図としての恋愛模様や青春、破天荒な母親等がより一層主題に強い光を当てるコントラストとなっている。

 読後感

 何らかの楽器を奏でたことのある人には周知の事実であろうが、同じ曲目を弾いても奏でる音は違うものである。それは個性と言ってしまえば簡単だが、同じ奏者であっても環境や気分で音が変わる。古来より音には魂が宿るというが言い得て妙である。

 きっと人生に於いても自分の音というものがあるのだろう。それは決して人真似でもないし、マニュアルでもない、オリジナルな音色。肝心なことはそこに魂が乗るかどうかだ!

 何の為に!?誰の為に!?という問いにこそ、その答えがあるのだろう。
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-20 12:08 | 精神への神饌

Mission: Impossible -Ghost Protoco

e0132508_12212810.jpg
 先日公開されたミッションインポッシブルシリーズ第4作目「ゴーストプロトコル」を観に行って来た。過去3作は全て観ているが、ストーリー、スピード感、アクション、サスペンス、ヒューマンドラマとどれを取っても過去一番の出来だった。これは劇場で観ることをオススメしたい。

 ストーリーの本筋そのものはシンプルで、奪われた核ミサイル発射のコードを奪還し、核戦争を防ぐというものだが、今回はIMFの存在自体が抹消されるという全くバックアップが望めない中でのミッションとなる。そして、ロシアのモスクワ、U.A.E.のドバイ、インドのムンバイと国際色豊かな都市を巡りつつスピード感を持ってミッションは進行する。特に見せ場はドバイにある世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ(高さ828m)」での登攀シーン。スタントを立てず自身で演じた点にも注目が集まった。そこにチームのメンバーの人間模様が重なることによりストーリーにもより深みが増している。

 今回のチームのメンバーだが、3から引き続き出演の天才ハッカー:ベンジー(サイモン・ペッグ)が見事エージェントとなる。次に武と美を備えた紅一点カーター(ポーラ・パットン)そして謎の分析官ブラント(ジェレミー・レナー)。それぞれの人間性がやドラマが掘り下げられている点が前作より秀逸である。因みに前作を観ていくとより一層楽しめる。
e0132508_11343540.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2011-12-19 12:21 | けふの些事

メンズ・ウルトラライト・ダウン・フーディ

e0132508_17284427.jpg とにかく軽くて暖かいダウンが欲しくてパタゴニアの「メンズ・ウルトラライト・ダウン・フーディ」を購入したが、オレの心のように本当に軽くて暖かい(笑)フェンネルという色味も街を歩いても全く人とかぶらないので気に入っている。また、デリュージDWR加工が施されているので少々の雨なら楽勝というところも素晴らしい♪

以下、商品説明

 重量に対する保温性を徹底的に追及したフーディです。特注のリップストップ・ナイロン製シェルはパタゴニアの他のシェル素材の半分の重量で2倍の強度を誇り、水分を弾くデリュージDWR(耐久性撥水)加工済み。インサレーションには最高級の800フィルパワー・プレミアム・ヨーロピアン・グースダウンを使用し、細かいキルトパターンを裏地まで貫通させた構造とほどよいダウンの使用量により、温暖な気候にも多岐にわたるアクティビティにも対応します。保温性の効率を高めるスリム・フィットで調節可能なかさばらないフードを備え、秋の岩場の日陰ではビレイ・パーカとして重宝し、夏の高山ではビバークに役立ち、そしてシェルの下では比類のない保温性を発揮。ジッパー式ハンドウォーマーポケット2つとジッパー式チェストポケット1つを備え、ドローコード付きの裾は熱を閉じ込めます。スタッフサック付き。
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-16 17:37 | 愛すべきモノたち

男女の欲求の違いを知れば円満になる

 臨床心理学者のウィラード・ハーリ博士によれば、夫婦がパートナーに満たしてほしいと願う欲求は、男女で大きく異なっているそうなのです。

 妻が夫に期待することは主に“愛情表現”、“会話”、“誠実さ”、“経済的安定”、“子供との交流”の5つ。女性のみなさんは共感できるのではないでしょうか。

 一方、夫が妻に期待することといえば、“性的充足”、“遊び仲間であること”、“魅力的であること”、“内助の功”、“称賛の声”の5つであるとのこと。

 男女でパートナーに期待する内容がこんなにも異なるとは驚きですが、あなたはここに挙げた項目をいくつ満たしていますか?という記事を読んだが、まさしくその通りだと思います。

 これから恋人を探すという人は、相手を選ぶ時の基準として、その相手は自分に対して5つの欲求を満たしてくれるのか?また自分は、その相手に対して5つの欲求を満たすことが出来るのかを基準にするというのも一考かもしれません。

 また、現在恋人関係や夫婦関係が行き詰っていて、どうにかしたいと思うのであれば、先ずは相手の欲求を満たしてあげるということをしてみては如何でしょうか!?

 しかし、全くもって相手の欲求を満たしたくないと思うようであれば、その関係は綺麗さっぱり精算して別の人生へと向かうことも一つの選択かもしれません。
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-15 12:53 | けふの些事

素敵な戒名

少年院数回脱走童女霊

大学院裏口入学童男霊

巨乳院豊胸疑惑信女霊

愛性院不倫三又信女霊

大病院強欲収賄信士霊

勃起院精力絶倫信士霊


[PR]

by alchimista01 | 2011-12-14 08:00 | 一思案