<   2011年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ノルウェイの森

e0132508_15412836.jpg
 先日「ノルウェイの森」をやっと観ました。原作がきちんと表現されていたかと言えば、残念ながらされていませんが、それは120分前後の映画で全てを再現できると考える方が無理な話。なのでそこを論じるのはナンセンス。ただ世界観は伝わってくると思います。それぞれの役者の魂を引きずり出したような演技指導は流石のトラン・アン・ユン 。原作とはイメージが違いますが、水原希子の「緑」は良い♪ あの顔でエロい話をされたい☆
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-31 16:01 | 精神への神饌

夏と麦茶

e0132508_9304378.jpg 日本の夏のお茶と言えば「麦茶」我が家のお茶(玄米茶・ほうじ茶・ジャスミン茶)はコストパフォーマンスの良さから「妙香園」のモノを使っているのですが、今回「麦茶」も買ってみたところ、とても香りがよく、変な苦味も出ないで美味しかったです。六条大麦を砂炒り製法で仕上げているとのことですが、大量生産のパックモノとは味が違いますね♪ 麦茶好きにこそオススメの逸品です。
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-30 12:54 | 舌鼓

伊豆旅行 参 Andante cantabile

 今回はパンにもこだわろうというコンセプトだったので、城ヶ崎の別荘地にある天然酵母と国産小麦、オーガニックフルーツ&ドライフルーツにこだわったパン屋さんにパンを買いに行きました。全粉粒食パン半斤・くるみ食パン一斤・いちじくとくるみのパン一個を買いましたが、どれもとてもどっしりしていて美味しく、ドイツやスイスのようなパンでした。
e0132508_95522.jpg
 BBQでパンを焼くというアイデアは「ゲーム会inBBQ」の折に主催のS藤さんが教えてくれたのですが、とても美味しいです。今回もみんな最初は「えっ!?」という顔をしていましたが、食べた後は非常に好評でした。ついついBBQという焼きそばに、海鮮焼き、肉と決まり切った内容になりがちですが、料理教室として行くからにはそこはこだわりたいところです。
e0132508_1031698.jpg 
 さて「Andante cantabile」ですが、とても小さなお店です。但しパンの種類はたくさんあり、オシャレで可愛いパンがところ狭しと並んでいます。何よりも全てのパンの値段が200円台なのがとてもありがたいです。きっと青山や麻布なんかにあったら一個500円とかになるのだろうと思うととてもお得な気分になれます。e0132508_10191344.jpg 
 また、お店への到着が営業時間の17:00を回りそうだったのですが、電話をしたところ快く待っていて頂けたことにも好印象が持てました。今回一番の心残りは翌朝買いに行こうと思っていたのにうっかり忘れてしまったことです。もっと買って来たかった・・・次回伊豆に行く際にも必ず立ち寄りたいと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-29 12:37 | いい旅俺気分

伊豆旅行 弐 ひらい精肉店

 今回の旅の本命は「伊豆牛でBBQ」をすることなので、芸術を堪能した後は大仁の「ひらい精肉店」へと向かいます。伊豆牛とは「ホルスタイン×黒毛」の交雑種で和牛ではありませんが、赤身が美味しいことに定評があります。また、年間の出荷量が120頭と少ない為、関東でお目にかかることは滅多ない貴重な牛肉なのです。
e0132508_1438513.jpg
 「ひらい精肉店」は伊豆牛ブランドを所有する平井牧場の直営店です。伊豆牛は現在他の場所での販売は一切行っておらず、この大仁の直営店のみでの販売になります。

 カルビ800g・タン300g・ソーセージ600g・ロース300gを買い込みました。その夜炭火で焼いて食べましたが、尋常では無く位に最高でした♪特にカルビは超絶品です100g540円と価格も非常に良心的です。これから伊豆でBBQに行く時は必ずここで肉を購入したいと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-28 12:12 | いい旅俺気分

伊豆旅行 壱 クレマチスの丘

 先週末は2組の友人カップルと伊豆の城ヶ崎へ伊豆牛を堪能するBBQツアーへ行って来ました。最初の目的地は「クレマチスの丘」という庭園・美術館・レストラン・ショップなどが点在するエリアにある「ヴァンジ彫刻庭園美術館」です。

 作品の縦の線と、空を走る電線、丘の緩やかな傾斜ののコントラストが美しい。
e0132508_23132252.jpg
 いかにもだったので携帯を持たせてみる「いま、オレのことをジロジロ見てるやつが居るから愛してるは勘弁してくれよ・・・女!?そんなの居ないって、、、仕事だよ!おい!?本当だって。。。あの子?あぁ、ただの知り合いだよ・・・閉園したら帰るから。。。」って感じです。
e0132508_2316116.jpg
 「えぇ、三点倒立ですが何か!?誇張してる?彫刻だけに硬いんですよ♪」
e0132508_23224682.jpg
 芝生の丘、青い空を眺める特等席で男は思索に耽る(果たして個という認識は社会の合理性を損なうのか、それとも損なうように見えることこそ広義でとらえた時の合理性なのか!?おっ!50m前方にオッパイツーリスト発見!Dの80か!」
e0132508_23324594.jpg
 巨大たたみいわし発見!しっかし硬そう。もしくはデザートに刺さってる飴細工
e0132508_23345760.jpg
 色とりどりの水連が咲き誇る池。ここだけの話ですが、こういう水辺ってけっこう反射パンチラするんですよ!さて、ここで一句詠みましょう「古池や 彼覗きこむ 水色か」ISSA
e0132508_23374628.jpg
 作品ではないのですがこういった回廊も美しいです。名付けて「逢引の回廊」
「奥さん・・・いいではないですか」
「いけませんわ、こんなこと。でも空が綺麗」
「あなたはボクの空そのものです」
「いいえ、私は流れて行く雲。いつかあなたは私など・・・」
という面倒くさくて愛しい声が聞こえて来そうでした(笑)
e0132508_23473992.jpg
 そしてとても大きな黒い蝶が花に群がる。実に美しい。そして、痛感する。全ての芸術は自然の造形の前ではあっけなく色褪せるてしまう。あぁ、なんて人は無力なのだろう。しかしながら作品に込めた魂だけは唯一自然の造形に勝るのだな。そうか、魂も自然の造形だからか!なんてことを思いながら次の目的地へと向かいました。
e0132508_2357133.jpg

 
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-28 00:07 | いい旅俺気分

KEEN NEWPORT H2

 そこそこ歩ける「水陸両用」サンダルが欲しくて「KEEN NEWPORT H2」を買いました。カラーはオリジナル6色とオッシュマンズ別注の3色がありますが、服が派手なのと、ソックスで遊ぶことを考えて迷わず王道の「ブラック」にしました。先日旅行に行く際に履いて行ったのですが、靴ずれも無く長時間歩いても全く疲れず、非常に良いサンダルだと思います。
 
 夏のハイキングに持って行って、沢や川をガシガシ歩こうと思います。
e0132508_9352442.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2011-07-27 12:35 | 愛すべきモノたち

己を知る

 紀元前5世紀に「己を知り、相手を知れば百戦危うからず」と孫子が言ってから、遥かな時が流れた。その間、馬は車に変わり、書簡は電子メールに変わった。しかしながら己を知る方法はそれと比べると遅々たる進化していないのではないかと思う。

 つまりそれくらい「己を知る」ということは難しいことなのだと思う。

このごろ思うのだが「これだ!」と明確に分かることもあるが、多くのことの答えは「これでもない」「それでもない」「あれでもない」を繰り返して見つけるのだと思う。

 つい先日まで自分には「企画」が向いていると思っていた。計画したことを形にするというプロセスを仕事の中で数限りなく繰り返してきたし、正直、速度や精度を誰かと比較しても負けないくらい得意であると思う。しかし「好きじゃない」ということに気付いてしまった(笑)

 自分がしたいことは「触れた人を幸せにする」ことである。確かに「企画」という職種は「人を幸せにする」ことが出来ると思う。しかし、多くの場合は、自分が直接人に触れる訳では無い。自分の考えたサービスや商品等が人に触れるのだ。また「デスクワーク」と言うか「事務職」ははっきり言って全く向いていない。

 しかし、約7年間「企画職」をやったが、やって来て良かった。これは違うということが分かった。今、自分の中にあるコンセプトの断片を再び紡ぎなおしてジョブチェンジに備えようと思う。

 戦士が魔法使いに転職すれば「魔法戦士」だし、魔法使いが僧侶に転職すれば「賢者」になるように、企画が営業に転職すれば、ガチの「企画営業」だし、焼鳥屋に転職すれば「企画焼鳥屋」だし、坊主に転職すれば「企画坊主」か「三日坊主」になる筈だ。

 「踊れるデブ」や「美人過ぎる政治家」がありなら「企画出来るエロ」等は当たり前だ。そう考えるとなんだか楽しくなって来る。楽しみ、楽しみ♪
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-26 12:02 | 一思案

La Chimay Bleue

e0132508_9201737.jpg 世界で最も美味しいビールを挙げるとしたら、3本の指に入るのが「La Chimay Bleue」だ。そもそもシメイ (Chimay) とは、ベルギーのシメイ街にあるスクールモン修道院で醸造されるトラピストビールの名称である。製造の始まったのは1862年で、当初は地域の失業者を雇用することが目的だったそうだ。そして、修道院の活動費用を捻出する重要な手段でもあった。

 中でも「La Chimay Bleue」シメイ・ブルーは、アルコール度も9%と高めで、麦の豊かな香りと、濃厚な苦みとコクを持っているのが特徴。色は深い焦茶色。ラベルにはビンテージ(製造年)が入っている。数年に渡り熟成保存でき生きた酵母の働きで、味わいが変化する。但し1年1回の生産でないため、ワインほどの差はない。

 個人的な感想としては、年によって相当に味が変わる。まさにワインや日本酒の如しである。是非一度飲んでみて下さい。
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-22 12:16 | 舌鼓

ハリーポッターの杖(シルバー製)

e0132508_9502484.jpg
 いよいよ15日から公開された10年に及ぶシリーズ最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」皆さんは、もう観ましたか!?自分は今月中には観に行きたいなと思います。

 さて上の杖ですが、シルバー925製で世界限定7本の杖です。製作は精密で繊細な彫刻技術を得意とするアルテミスクラシック。木目や瘤状の隆起までも丁寧に再現。まさに一生もの!これはファンであればメチャメチャ欲しい筈です。そして魔法が使いたい筈です♪

 もし魔法を三つだけ使えるとしたら皆さんはどんな魔法にしますか!?因みに自分は世界の平和の為に、モノが透けて見える魔法「ミエールゾ」モテモテになる魔法「ハーレム」透明になる魔法「キエール」を習得したいと思います。

本体価格:¥777,777
サイズ: 重量210g、全長35.5cm
素 材: シルバー925
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-20 12:48 | 愛すべきモノたち

☆祝1000回達成☆

 お陰様でブログを書き始めてから3年5ヶ月と10日で1000回目を迎えました。このブログを書き始める前「継続は力なり」という言葉が大嫌いでした。とにかくどんなことでも速攻で結果を出したいと思っていたので、時間を掛けて何かに取り組むという発想はナンセンスでした。

 しかし今では、継続ということの意味が良く分かります。また、それを行うことの出来る自分に自信を持つことが出来ています。それは大きな力となり、苦手だと思うことに自らを向かわせることが出来るようになりました。昨年は「禁煙」、そして今年は「1日1万歩」と「トレッキング」に取り組んでいます。

 最近のさらなる変化といえば「絶対に」という感覚を持たなくなったことです。飲んだ席で、たまにはタバコも吸いますし、1日1万歩を歩かない日もあります。しかし、吸った翌日は走る。歩かなかった翌日は少し多めに歩くというようにすることが「継続」の思考です。

 ところが多くの人は1本吸ってしまったくらいで禁煙を断念します。また、1日歩けなかったくらいで歩くことを止めてしまいます。確かに現時点で観れば6日目で断念ということかもしれません。しかしながら1000日続けたとしたら、その出来なかった日は1/1000でしかないのです。

 「へこたれずに粘り強く 信じきって前に進む その周りに幸せの輪を生む」この感覚を持っている今は、きっとこのブログを書き始めた頃の、何倍も何倍も人生に起きる現象への耐性があって、楽しくhappyに受け止めて行けるのだと思う。

 色々な人のお陰さまで、今こうして文章を紡げていることへ感謝します。そしてこれからも誰かの心の琴線に触れるような記事を紡いでいきたいと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-19 12:14 | 一思案