<   2011年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

手に入れ方

 最近良く考えるのだが、あるモノをどうやって手に入れたかということがそのモノとの関係性を決めるのでは無いかと思う。もう少し分かりやすく説明すると「苦労」して手に入れたモノは、簡単に手に入れたモノよりも大切にする傾向があるという話だ。

 それは「苦労」だけでは無い、例えば「彼女からのプレゼント」や「旅先で親友と一緒に買ったモノ」、「おじいちゃんの形見」等はそれに当たるのではないかと思う。

 少し別の話だが、九十九神という話がある。長い年月を経て古くなった、長く生きた依り代(道具や生き物や自然の物)に、神や霊魂などが宿ったモノの総称だが、この付くモノの正体は、おそらく「思い」であったのではないかと思う。

 つまり人は「思い」が強く付いたモノを長く大切にするのではないかと思う。そう考えた時、モノの手に入れ方というのはとても大切だ。つまり何となく買ってしまったモノというのは、思いが弱い為かなかなか愛着が湧かず大切に出来ないのでないかと思う。

 と偉そうな話をしているが、斯く言うわたしも「大切に出来ないモノ」をたくさん手に入れて来た。そう。この話は自身の膨大な失敗に裏付けられた話なのだ。
 
 例えば最近、ネットだけを観て買物をする事を止めた。最終的な購入手段がネットになることはあるが、先ずはきちんと現物と五感で向き合ってから買うようにしている。そこには前記した「モノへの思い入れ」という話と「そのモノがそこにあることへの敬意」であると思う。

 ココで言う敬意とは(作り手~ここに並べた人という多くの人の手を経て今自分の手の上にあること)へ感謝をして、自分もきちんと五感を持って向き合うという意味である。

 さて、ここまでモノに関して述べて来たが、これは仕事や人にも言えることである。どういうスタンスで仕事を選んだのか、どういう気持ちで彼女や彼氏を選んだのか!?それが、何か問題があった時の「乗り越える力の強さ」になると思う。別の言い方をすれば「覚悟」である。

 しかし誤解をしてはいけない。最初の「思い」で全てが決まるという訳では無い。幾らでも途中から、また今この瞬間からでも「思い」を変えていくことが出来る。そして良く考えてもう一度選べばいいのだ。こういうことを仏教では「生きながらに生まれ変わる」と言う。

 そのモノや人、機会が今、自分の手の中や、届くところにあることは凄いことなのだと感謝が出来るようになった時、自分とそのモノや人との関係は大きく変わる。

 最後に手に入れ方と言うのはどのように対象を手の中に収めるのかということである。対象が砂のようであれば、強く握らなければこぼれ落ちてしまうし、繊細な紙細工であれば優しく握らなければ壊してしまう。対象に合わせた絶妙な力加減こそが「思い」により生まれる「寄り添う心」であると思う。モノにも人にも機会にも寄り添っていける自分でありたいと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-28 08:00 | 一思案

東海道五十三尻 「平塚」

e0132508_2323029.jpg
 広重へのオマージュとして2010年より制作が開始された「東海道五十三尻」シリーズです。第一弾は浮世絵に馴染みの深い和服尻。尻(エロス)×東海海五十三次(浮世絵) 決して出会う筈の無いモノが出会った時、そこに生まれる何とも心地良い不協和音をご堪能下さい。
第八作は「平塚」今回は高いところで風見鶏ならぬ風見尻です。

飛脚「その棒あぶねぇぜ」
男1「おっと!こりゃいけねぇ」
男2「おぉ!そっちの棒かぁ」
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-26 23:07 | 東海道五十三尻

今年一番の悩み

 最近もっとも注目する女優『お由里』こと吉高由里子の写真集『吉高由里子 UWAKI』が先日発売された。そして買うべきかどうか悩んでいる。内容は金曜の夜から土曜の朝まで浮気相手と過ごし、本命の彼のもとへと戻っていくというお由里の姿を時系列に追い、まるでお由里と浮気デートをしているかのような妄想を掻き立てるとのこと。

 因みに、お由里にとって浮気とは「人間くさくて 憎たらしくて いとおしい」といい、今作を「君の吐息の白濁色には色んな秘密が揺らいでいるのね。答えもわからない人間の心のうちを熱と言葉で探って考えてました。決して親切な本ではないと思う。でも親切ごかしでもないと思う素直な本です」と表現している。こういったディープさが反転したシンプルで正直な強さが彼女の魅力であると思い。だからこそ心の底を覗いてみたいと思うのであろう。
e0132508_16142153.jpg
ベッドの上で思いつめた表情を見せるお由里
e0132508_16471265.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2011-02-25 18:09 | 一思案

ティピーに泊まりたい

e0132508_10543623.jpg
 ティピーとはもともとは北米インディアン スー族の言葉で、「住居」の意味。正しい発音は「ティーピー(tee-pee)」である。これが「丸太小屋」なら「チャン・ティーピー(木の家)」、「教会、寺院」なら「ティーピー・ワカン(聖なる家)」となる。つまり本来は単なる「家」を現す言葉である。

 ティーピーはスー族を始め、カナダ南部、北米平原部、北西部の、移動しながら狩りを行う文化を持つ部族の野営用の住居である。小さいものでは1~2人、大きいものでは数世帯が居住できる巨大なものもある。たいていの場合、入り口は太陽の昇る東向きに建てられる。テントと決定的に違うのは、中で火を焚くことが出来ることである。Wikipediaより

 とにかくこれに泊まりたい。。。というのが最近の夢です♪

 都会の喧騒を忘れ、大自然の中で火を囲みながら酒を酌み交わす。う~ん再校ですね。近く「ティピー宿泊計画」を立てますので、行きたい人は一緒に行きましょう♪
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-25 12:47 | けふの些事

美脚CA観ておもふ

e0132508_23211212.jpg 女性用ボディシェーバー「シック クアトロ4フォーウーマン」の新ブランドキャラクターとして起用された山田優。彼女を見てわたくしはクアトロ4にも関わらず、2つのことを感じる。

1つはCA(キャビンアテンダント)ってエロいというか制服ってやっぱりエロいですよねっていうこと。しかもピンクだったりするとさらにエロさは助長されます。という話はあまり重要ではないのでさて置き、本題へ。

 本当に言いたいのは「スタイル」って自信に繋がる大事な要素だよねってこと。やはりこれだけ足を出すって自信が無ければ出来ないと思う。普通は出さなくなると自信が無くなり更に出せなくなる。出し続けることが美脚を育てるのかもしれないね。

 そして、オレが新性党「立ちやがれこかん」を作るとしたら、やはりマニュフェストの三本の柱は「ミニスカ推進法」「人類巨乳化計画」「制服時スパッツ&ショートパンツ着用禁止法」でいこうと思う。ねじれ国会という言葉が特別なことでは無く、日常的に使われる昨今の迷走する政界。そろそろ腰を振り、いや!腰を上げますかぁ!
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-24 23:53 | けふの些事

進撃の巨人

e0132508_1072064.jpg 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

 各所で「大絶賛」されているので読んでみました。感想としてはとにかく絵が下手糞です(笑)キャラクターの設定や、人物デッサン、表情による感情の描写、構成もコマ割もとにかく全てが荒削りな感じです。

 しかし、この漫画には「エネルギー」があります。絵が上手く、設定がしっかりしているだけの漫画は五万とありますが、作者の伝えたいモノが強いのだと感じます。

 そして、圧倒的なデカさと鈍さにより優位性を誇る巨人と、それに対する人類の無力さという設定には単純に恐怖を感じます。もし自分が巨人に遭遇したらどうするのか!?ということを考えていましたが、全く分かりませんでした。しかし一つ確実に言えることは実剣では無く光剣である「ライトセイバー」の開発が必要です。そしてその動力源をどこまで小さくして、長時間駆動出来るかということが肝です。また、高速で空を飛べる装備が必須であると思います。

 因みにそんなことを考えていたせいか昨夜の夢は巨人との戦いでした・・・疲れた(笑) 
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-24 12:34 | 精神への神饌

GATE

e0132508_1147015.jpg 先日「GATE」という映画を観ました。ジャンルはドキュメンタリーです。広島・長崎の原爆の火を世界で最初に原爆実験が行われたアメリカのトリニティサイトへ返すこと。そこでその火を消すことで「破滅の輪」を閉じようという信念に基づいた僧侶たちが猛暑の中、2500kmの行脚をします。

 
アメリカの人々からの行く先々での心ある支援、僧侶たちの中での意見の対立など乗り越えて、ついにトリニティサイトへ、そして戦後、どんな宗教者やピースメーカー団体が訪れても決して開くことの無かった「GATE」がついに・・・信念を持って行う事が文字通り不可能と感じる「扉」を開くのだということを教えて貰いました。メチャメチャ感動しました。
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-23 12:02 | 精神への神饌

輪島漆×てんとう虫???

e0132508_1511656.jpg
 日本の伝統工芸・輪島漆。漆において表現が難しいとされていた黒・朱以外での色表現を開発したカラフルな指輪「hibiki」より新作「てんとう虫」が発売される。

 洋服・和服どちらにもしっとりとコーディネイトできる「hibiki」は「調和」を意識した上品でシックな指輪。スタンダードなカラー13色と、蒔絵や色漆絵のものもある。

 可愛いので一個買おうかなと思いましたが、無地で¥15,750、てんとう虫は¥28,350でした。正直どんな人が買うのか想像できないです。。。確かに「漆」のリングというのはターゲッティングが難しいとは思います。若者が買うプライシングでは無いですし、とはいえ、お年を召した着物を着る方というのはその多くがお稽古をされてる方なので、手に装飾はしません。

 あえて、あるとすれば30代~40代の裕福で人と違ったモノが大好きな自己アピールの強い奥さんか、独身で彼氏の居ないてんとう虫好きの女性とかでしょうか!?

 ここがターゲットでは無いでしょうか!という意見がありましたら教えて欲しいです。
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-22 17:58 | 一思案

マリメッコ リフレクターキーホルダー ウニッコ

e0132508_1127625.jpg 夜間の歩行や自転車乗車時に車に轢かれないように「リフレクター」を買おうと言う話になり、せっかく買うのであれば、オシャレなモノが良いなと思いました。

 確かマリメッコにあったなという記憶をもとに店舗へ向かうと「ウニッコ」と「カー」タイプの二種類がありました。一瞬の躊躇もなく「ウニッコ」に決定(笑)色は5種類(レッド・ホワイト・ブラック・ブルー・ターコイズ)ですが、これも躊躇なくレッドを選びました。噂によるとレーザービームも跳ね返すそうです。

e0132508_1172090.jpg
 リフレクター(反射板)とは、車のライトなどに照らされた光をそのまま反射してドライバーに知らせる事により、夜間の交通事故防止に役立っています。

 スウェーデンをはじめ、北欧の国々では、子供から大人までリフレクターの携行が義務付けられているそうです。子供服の多くにリフレクターが縫い付けられているものが多く、大人もコートやバックにリフレクターを付けているそうです。

 スウェーデンの交通局のテストによるとリフレクターを着用していれば、ドライバーが歩行者の存在を確認できる視認距離は、ロービームで125m先~ハイビームでは450m先~という結果が出ています。衣類の色によっても視認距離は変化しますが、リフレクター凄いですね。
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-22 12:30 | 愛すべきモノたち

少し御先に桜三昧

 日曜日、吉祥寺のスターバックスに行くと店内は少し早い「満開の桜」さっそくさくら ラテ(きめ細かなスチームミルクにやわらかく香る桜の風味。桜の花や葉を使った、日本ならではの味わいです。)と、さくらチーズケーキ(桜風味にアレンジしたレアチーズケーキ。桜の葉と桜の花の塩漬けがトッピングされ、塩味のある新しい味わいになっています。)を頂くことにする。

 さくら ラテはミルク好きには堪らないらしく、ふわりと薫る桜が春を感じさせてくれる。また、さくらチーズケーキは絶妙な塩味が後を引き実に美味しい。そしてある種悔しい味。今度レアチーズケーキを作る時には塩を入れたヴァージョンにしてみようと思う。
e0132508_1438698.jpg
e0132508_14511616.jpg
 そして趣味の真ん中ストライクがこのさくら2011タンブラー(透明感のあるステンドグラスのイメージを表現したタンブラー。後ろ側にSAKURA2011と入っている今年限定のアイテムです。
リッドは8ozは半透明のグリーン、12ozは半透明のピンクです。)とくにグリーンが素敵。しかしながら会社の近所にはコーヒーショップが皆無な為、使う機会無し・・・残念過ぎる。
e0132508_14514887.jpg
 という訳で、ひと足早い春の訪れをスタバで満喫してきました♪ 因みにスタッフの子のブラの色は残念ながらさくら色では無くブラックでした。。。黒い春・・・それも悪くない♪
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-21 12:59 | 舌鼓