<   2010年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

武井咲

e0132508_11521894.jpg 最近注目しているのが「武井咲(えみ)」ドラマGOLDでの早乙女晶役が素晴らしかった。そうしたら先日「TSUBAKI WATER」のCMに出演していた。16歳とは思えない表情にドキりとする。しかし、どこかで見たことがあるなと思いプロフィールを閲覧。オトメンにもライアーゲームシーズン2にも出演していた♪

 個人的には声が良いと思います。これから確実にブレイクするでしょうね♪えぇ、俺の中でのファン熱が(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-30 12:40 | けふの些事

紙で出来たペーパーナイフ

e0132508_13272011.jpg えぇ、忍者が使う「くない」ではありません。紙で出来たペーパーナイフです。紙で紙を切るという発想は素晴らしいなと思います。元来が切るものと、切られるモノと言う関係がひっくり返ったというか、無くなった商品です。アイスバーの氷のグラスにも感動しましたが、思考法が似ています。

 また、切れすぎないということが紙を切る時には重要です。切れすぎると封筒のカットの時に曲がってしまいますし、切れなければ破れてしまします。そう切れすぎずに切れると言う矛盾を実現した商品なのです。ただ、紙と言ってもただの紙ではありません。この製品の素材である「Vulcanized Fiber」は、高純度のパルプ繊維原紙を積層し、一体処理することで生まれる、硬質繊維ボードです。紙の持つ美しい質感を備えていることはもちろん、紙とは思えないほど硬質で、衝撃や摩耗にたいへん強く、高い耐久性を持っているのです。

 不審者や侵入者の撃退用として、はたまた夫婦喧嘩の最終兵器としての使用にも!
 (注)決して「くない」ではありません。普段は人に向かって投げてはいけません。
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-29 12:55 | 愛すべきモノたち

己に打ち勝つ

 よく最大の敵は自分という言葉を聞いてきたが、今一ピンと来なかったというか、よく真意を考えていなかったのだと思う。しかしながら最近、人は本質的に我儘で怠け者なのだとつくづく感じる中では本当に最大の敵は自分なのだと思う。

 損得を考えてしまう自分。苛立ってしまう自分。何かを決めても中々実行出来ない自分。明日でいいやと先延ばしにしてしまう自分。そういう我儘で怠け者な自分と直面する度に「意思が弱いなぁ・・・なんで出来ないのだろう。。。」としばしば自己嫌悪に陥ることがある。

 そこで徹底的に考え抜いてみた。何故出来ないのか!?そして何故出来る時もあるのか!?答えは明白だった「自分の為」では出来ないし、続かないということ。そして「人の為」には頑張れるということだと思う。そしてさらに考えてみた。人の為とは何であるのか!?

 それは「自分がある行動や行為を行う目的が、誰かを幸せにする為であるかということだと思う」そして「その相手に「ありがとう」と言って貰えた時に幸せを感じることだと思う」また、「例えありがとうと言って貰えなくてもそれを続けられることだと思う」

 自分は人の為に何をしているのか!?また何が出来るのか!?ということを考え行動することだけが「己に打ち勝つ」手段であると思う。人の幸せを願う力は偉大である。
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-28 23:24 | 一思案

世界最強のUSBメモリー「Ironkey」

 世界最強のUSBメモリーとして発売されたIronkey(アイロンキー)は現在存在するどのような電子的もしくは物理的な方法を使ってもデータを引き出す事が出来ない。また、パスワードを10回間違えると自動的に内部のデータを消去する機能や、他人のパソコンを使用する際に一切の使用履歴を残さない機能等は007さながらのスパイツールと言える。秘密の多い人にオススメです。但し、彼女や、妻の拷問に耐えるのはあくまでも生身のあなたであり、当局はあなたがそれにより負傷もしくは死亡した場合に関してその責任の一切を負わないが、データに関しては彼女や妻から最後まで保守することを約束しよう。
e0132508_1143691.jpg


e0132508_11421973.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2010-09-27 12:01 | 愛すべきモノたち

正しい判断基準

 物事を判断する基準というモノは難しい。それは善悪なのか?それとも損得なのか?はたまた明暗なのか?様々な判断基準が存在するだけに、人は迷ってしまう。しかし、どれだけ考えたところで実は正解など最初から無いのかもしれない。例えばある選択を行った時にもう一方の選択をした場合の未来を知ることは永遠に無い。だから、自分の行った選択が正解だったのかを比較して判断することは出来ないということを考えると選択には客観的な正解が無いと言える。つまり、それは客観的な判断基準も無いのだと言える。

 では、何を判断基準にすればいいのかという話だが、おそらく主観である。もう少し簡単にすると「心の声」と言いかえることが出来る。客観的な判断基準を人が求める最大の理由は「失敗することが怖いからだ」そして恐怖は判断を狂わす。なぜならば客観的判断基準というモノは多くの人の主観的判断基準を集めて、足して割ってそこから平均値を割り出した誰の意志でも無いモノだからだ。つまり何の意志も無ければ何の力も無いモノだ。

 さて「心の声」が何故正しいのかという話だが、宇宙の意志と同じモノだからだ。それは仏教では仏性と言い、キリスト教では神性と言うのだが、人の心は神や仏と同じ性質を秘めているということだ。

 しかしながら、不安、恐れ、妬み、嫉み、恨み、愚痴などというマイナスの感情が心にバリアが張っていると「心の声」は機能しない。まずは、そう言った感情を安心、自信、感謝、愛という感情に切り替えて行くことが必要だ。まずは笑うこと、楽しいことを考えることから始めると良い。最初の話に戻ると、もし判断基準というモノを一つ上げるならばあなたがその選択をした未来で「笑えるか」「楽しいか」ということだ。今すぐ笑えなくてもいいし、楽しくなくてもいい、その道の先にそれがあるかどうかを信じられるかどうかである。
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-26 23:40 | 一思案

コンパクトIH

e0132508_1018465.jpg ティファールから発売された卓上IH調理器「コンパクトIH」がメチャメチャ欲しいです。6段階の火力調節と保温機能、4つの調理コース(加熱、煮込み、揚げ物、湯沸し)、クッキングタイマー機能、チャイルドロック機能がついているほか、目の不自由な方のために点字もついている。さらに、親切なレシピブック付きとのこと。

 これが一台あるだけで家庭の夕食は劇的に変わりますね!ガスコンロや、電気調理器ではどうしても温度を一定に保つことが難しいので、上手く出来ない料理もありました。しかしこの「コンパクトIH」なら料理の幅が飛躍的に広がりますね♪セルフ串揚げは是非やりたいです♪
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-24 08:17 | 愛すべきモノたち

ぶどうの丘にて

e0132508_22375636.jpg
 本日はとある会合で山梨県は勝沼にある「ぶどうの丘」へ粛々と雨が降る中、行って来ました。バーベキューで羊をたんまりと頂いた後は、温泉に浸かってのんびりと思っていましたが、生憎の雨で断念・・・しかし一時、雲間から見えた日射しはなんだかとても幻想的でした。

 それからワイナリーでしこたま試飲をした後、ワインと葡萄とほうとうを買い込みました。

 たまに現実の生活を離れての小トリップは良いモノですね♪しかし、気を付けなければいけないのが「欲望の聖域サービスエリア!!」欲しいモノが沢山あってついつい色々買ってしまいそうになります・・・(笑)今回は13回ほど踏み止まりました!

 そして満開の秋桜には季節の移り変わりを感じました。歳を重ねるごとに早くなる時間の流れ。1日1日を大切にして日々進化していける自分でありたいと思った秋の一日でした。
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-23 23:33 | いい旅俺気分

1週間で7万歩

 最近筋トレと食事だけではどうしても減らない脂肪を減らす為にウォーキングをしています。

 早歩きは分速70mと言われています。歩幅65cmで計算すると125歩、1日1万歩を歩く為には86分掛かります。しかしながら86分というまとまった時間を生活の中で生み出すのは難しいと思います。少し前までは運動は連続して行わないと意味がないと言われていましたが、最近はコマ切れでも大差がないというのが通説になって来ました。30分連続では無く、10分×3セットでも良いということです。

 つまり通勤や昼食など生活の中で極力歩くと言う選択をすることが重要です。因みに昨夜は8000歩を連続で歩いてみましたがなかなかしんどかったです(笑)

 そしてウォーキングをするなら必ず歩数計を使用することが重要です。ある実験によると歩数計を付けたグループと付けなかったグループでは1日に歩いた歩数が平均2000歩程度、歩数計を付けたグループの方が多かったそうです。更に歩数計を付けたグループで毎日の歩数を記録したグループと記録しなかったグルーでは記録したグループの方が平均1000歩程度多かったそうです。結果としてウォーキングをするなら歩数計を付けて記録を付けることがモチベーションの向上に繋がるということです。

 また、1日1万歩と決めずに1週間で7万歩という目標設定の仕方が理想的であると思います。雨の日や体調の悪い日はきちんと休むことも続けるためには重要な要素です。

 最後に、やっぱりみんなでワイワイと楽しく歩くのが一番大切ですね↓
e0132508_1019240.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2010-09-22 12:59 | 美しく健やかに

レンタルショップが無くなる日

 最近近所のローソンストア100に「GEO BOX」というDVD100円自動レンタル機が設置されました。料金は新作12時間100円・一般作24時間100円。延長料金はレンタル期間の倍毎に100円ととてもリーズナブルです。これでレンタルショップに行く必要が無くなりました。

  そもそも、レンタルショップというのはレンタルしたいという意思がある人か、返却する人しか訪れません。また、雨が降っている日には行きませんし、猛暑の日にも行きません。しかし、雨の日でも猛暑の日コンビニには立ち寄ります。つまり生活導線の中にコンビニはあってもレンタルショップは無いということです。だから24時間営業のコンビニに自動レンタル機を設置することはとても正しいビジネスモデルです。これからは顧客へのアプローチ手法をきちんと確立した企業だけが生き残って行きます。

 また、このビジネスモデルは、家賃や光熱費、人件費が掛かりません。そのためレンタルコストがとても安くなります。一般的なレンタル料金は一泊二日で300円くらいかと思いますが、自動レンタル機が100円であることを考えると、200円分も店舗の人件費と家賃と払っていたことになります。恐ろしいです。。。

 しかし、もう少し時代が進むと、全てオンラインでのレンタルというか、視聴権利の購入~ストリーミング視聴になります。この流れは来年以降一気に加速すると思います。10年後にレンタルショップに来るのは重度の情報弱者のみとなり、レンタルショップは赤字化して閉店が相次ぐでしょう。

 ところが、どれだけオンライン化が進んでも今食べたいモノや飲みたいモノはコンビニに買いに行きます。そしてコンビニで買物をするついでにまぁDVDでも借りてくかという層はある一定数居ると思います。だからレンタルショップを自動レンタル機にスライドして行かなければならないのです。つまりコンビニ&ネットの充実がレンタルビジネスの生き残る道なのです。
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-21 12:45 | けふの些事

東京都現代美術館へ行く

e0132508_18202616.jpg 『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』を見に行って来ました。感想は、とにかく凄い人でした。開館時間の10分前には到着したにも関わらず20分待ちの入場規制。帰りに見た時には70分待ちになっていました(笑)

 しかしながら、美術館という制限された空間の中に映画の世界観を表現することはとても難しいのだなと感じました。映画の場合は、カメラで写す為にセットを組むので、ある数点からの視線を満たせばいいのでしょうが、美術館はリアルタイムで多角的な視線にさらされてしまいます。そのためか、どうしても迫力という面では、はなかなか映画のようにはいかないものなのだと思いました。

 ただ、小人の視点から見た庭の広さや、虫の大きさ、そして人間の大きさというモノを、身をもって体感できたことはとても良い経験になりました。もし、ある日突然自分が小人になってしまうことがあっても慌てずに対応出来そうです(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-20 18:39 | けふの些事