<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

星の巡礼

e0132508_1373898.jpg神秘の扉を目の前に最後の試験に失敗したパウロ。彼が奇跡の剣を手にする唯一の手段は「星の道」というスペインの※サンティアゴ・デ・コンポステーラへ至る巡礼路を旅することだった。

ブラジルの作家パウロ・コエーリョのデビュー作である本作は、キリスト教の本質を理解する上で非常に興味深い内容だ。

因みに「星の巡礼」は、わたしが人生に詰まった時や、その中でもうすぐ風向きが変わると感じた時に必ず読む本の一冊である。読後には何とも言えぬ力が暖かさを伴ってやってくるのだ。


※サンティアゴ・デ・コンポステーラとはスペイン北西部ガリシア自治州の首都であり、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつである。
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-30 00:45 | 精神への神饌

金柑まんじゅう

e0132508_12523731.jpg秋田県は角館に後藤福進堂という和菓子屋さんがある。
ここの「金柑まんじゅう」が絶品だ。

文字通り甘露煮した金柑が丸ごと白餡に包まれているのだが、
餡の甘みと金柑の酸味のハーモニーがなんとも素晴らしい。

一口サイズということもあり、いつもつい食べ過ぎてしまう(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-29 06:44 | 舌鼓

Admission Test

tattvamasi
tattvamasitattvamasi
tattvamasitattvamasitattvamasi
tattvamasitattvamasitattvamasitattvamasi
おめでとうございます。ようこそ秘密結社「tattvamasi」へ
貴殿には常識に囚われることの無い真実を見極める眼があるようです
ここに貴殿の入会を許可し秘密結社「tattvamasi」の一員であることを証明する
私たちは、人々が「この瞬間に愛と感謝に包まれるものの観方」を知り
それを、日々触れる多くの人々に伝えていく使命があります
tattvamasitattvamasitattvamasitattvamasi
tattvamasitattvamasitattvamasi
tattvamasitattvamasi
tattvamasi

秘密集会は毎月第二金曜日に居酒屋で行う
サービス券があれば忘れずに
それではまた追って
招待をする

[PR]

by alchimista01 | 2009-11-28 12:02 | けふの些事

變更についてお話いたしませう

前略

「泡沫の日々 刹那にひそむ法悦」 alchimista01日記を
日頃からご愛讀頂きありがたうございます。

さて、豫てより課題となつてをりましたカテゴリの簡素化を行ひました。また、それに伴ひ幾つかのカテゴリをこの度、統廢合致しました。

變更點

「天才敬慕」のカテゴリを廢止致しました。なほ「天才敬慕」に分類されてゐた記事に關しましては、シリーズ化を行ひカテゴリ「精神への神饌」內へ移動致しました。

「きかく千景「軽妙洒脱」」のカテゴリを廢止致しました。なほ「きかく千景「軽妙洒脱」」に分類されてゐた記事に關しましてはカテゴリ「けふの些事」竝びに「一思案」內へ移動致しました。

それでは今後とも末永く
「泡沫の日々 刹那にひそむ法悦」 alchimista01日記を
一つ宜しくお願ひ致します。

                                                    草々
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-27 17:22 | Guidance

Paul Smith for Evian

e0132508_045776.jpg
毎年恒例の「エビアン」デザイナーズボトルが今年も16日に発売となった。2008「Christian Lacroix」2009「Jean Paul Gaultier」今年2010はイギリスを代表する世界的なファッションデザイナー「Paul Smith」とのコラボレーションだ。

これは新しモノ好き・珍しモノ好きのわたしの趣味嗜好を熟知した方からの頂きものだが、こういうプレゼントは本当に嬉しい。わたしの「美しき瓶コレクション」に是非とも加えたいと思う。使い方としては750ml瓶なので密封キャップを取り付け、ブリタした水を冷やす瓶として、また来客があった際に水割りセットのウォーターデカンタとして使用したい。

因みに一番好きな瓶はTYNANTのブルーボトルで750MLを2本、330MLを4本保有していたが実家に引っ越して来た際に空き瓶として捨てられてしまった・・・(泣)
また来年、実家を出て暮らす際には購入したいと思う。

余談だがブルーソーラーウォーターを作るのにTYNANTのブルーボトルは最適である。しかし、ブルーソーラーウォーターとTYNANTについてはまた別の機会にお話したい。

最後にPaul Smith for Evianの瓶は来るべき日のために大切に保管しておきたいと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-27 01:35 | 愛すべきモノたち

思考のソース

本屋さんが大好きだ。匂いや雰囲気はもちろん、何よりも自分の知らない世界へと繋がる扉が100万個以上も存在する場所は本屋さん以外に存在しない。

決まった本を買うならAmazonで充分だが、新たな価値観や分野との出合いを求めるのには向かない。やはり実際に手にとって中身を見ることの出来る本屋さんに限る。

最初に就職した会社の上司から「本屋さんで取り扱い冊数の多いジャンルは、まず人が興味を持つもの、次にその中でも難解なものの順に多い」と教えて頂いた。つまり裏を返せば「多くの人が興味を持たない本は余り置いていない」ということだ。

しかし、「余り置いていない」ということは、全く置いていない訳ではないということに注目したい。新刊や特集という派手な書棚の片隅に実に面白い書棚が存在する。個人的にはその辺りから「思考のソース」になるような本を見つけるのが好きだ。

「思考のソース」とは、考え方や発想の引き出しだ。多くの本は売るために万人に解り易い簡単な内容を、さも凄いことであるように書いてある。そんな希薄な本を何冊読んでもオリジナルの「思考のソース」は生まれない。また、皆が知っているような知識しか手に入らない。

「クリエイティブになれる思考術」という本を読むなら「深海動物図鑑」を読む方が100倍クリエイティブに近いし「1時間で解る簡単なマーケティング」を読むなら「コトラー」を読む方がよほど有意義だ。また「女にモテル99の法則」を読むなら今すぐ街に出てナンパをしたほうがいい。

大切なことは得たい知識や情報の本質は何か!?ということを自分の頭で考えること。そして読んだ本の内容をそのまま使わずに一度、咀嚼・反芻し自らのものとすることが重要だ。

だから僕は今日も「思考のソースの断片」を求めて本屋さんへ行く。
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-26 13:42 | 一思案

いらない天才的発明

なんとなく面白いモノ。だけど、絶対にいらないモノ。でも、あったらきっと楽しいモノ。

①前後同時撮影カメラ(卒業写真Ver)
  商品説明:撮影者が卒業写真欠席者のように自動で右上に丸く写りこむカメラ。 

②ルンルンスリッパ
  商品説明:歩くたびに「ルン」「ルン」と効果音がする。ウキウキな気分になれるスリッパ。

③ジャッキー印の万歩計
  商品説明:酔っ払って歩いた歩数のみをカウントする酔拳専用の万歩計。

④逆刃カッターナイフ
  商品説明:背の方でしか切れない「おろっ♪」となるカッターナイフ。

⑤リミッター機能搭載体温計
  商品説明:37℃以上は全てerror表示される。熱認識による体調悪化を防ぐ体温計。

この発想がいつか何かになると信じて明るく楽しく生きていこう。無駄isLOVE♪
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-25 22:17 | 一思案

気になっていたコト

少し前から気になっていたのだが、わざわざ調べる必要も無いかと思い放置してことがある。しかし、TVで観るたびに気になって仕方がない・・・雪印北海道100カマンベールのCMに出ている主婦役の女優さんが好みなのだが、彼女はいったい誰なのかということである!?
e0132508_164838100.jpg

という訳で「北海道100カマンベールの女優さんだれ~調ベ~ル、調ベ~ル、調ベ~ル~」
(歌のリズムで)ベールに包まれていた謎は溶けたひろみさんというモデルだった。
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-24 17:20 | けふの些事

夜はハイボールからはじまる。

e0132508_857963.jpg

最近巷でハイボールがとても流行っている。その人気の一つは「小雪」効果である。

想像して欲しい!もし、小雪に「のど、渇きませんか?」と言われたら、即答で「はい!渇きました♪」と答えてしまいませんか!?そして、彼女が目の前でハイボールを作ってくれたら、美味しさはいつもの五倍増しに感じませんか!?そんな淡い想像に胸を膨らましながら世の男達は夜毎ハイボールを飲んでいるのかもしれない。胸以外を膨らませてるかもしれないが(笑)

という話はさて置き「ハイボール」は美味しい。個人的な飲み方のこだわりとしては、金属製のタンブラーを使うこと。ウィスキーを冷凍庫で冷やすこと。氷はロックアイスを使うこと。ソーダには「ザ・プレミアムソーダ FROM YAMAZAKI」を使うこと。レモンの代わりに「酢橘かかぼす」を使うこと。そしてマドラーでかき混ぜないことである。

それでは皆さん、あなただけの小雪との素敵な夜をハイボールからはじめてみて下さい。
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-23 00:37 | けふの些事

着心地と触り心地

e0132508_356962.jpgすこし前まで服や小物を選ぶ時に見た目を優先していた。しかし、最近では「着心地と触り心地」を大切にしている。勿論デザインや見た目がどうでも良いと言うことでは無い。

心が変化すると選ぶモノも、似合うモノも変わって来る。それは、自分の発する雰囲気とモノの持っている雰囲気が、調和を求め、お互いに呼び合っているからだと思っている。

いまはナチュラルなモノが好きだ。素材で言えば化学繊維よりも天然繊維である、木綿や麻やリネン等の植物繊維・羊毛や絹やカシミア等の動物繊維に安心感を覚える。

最近気に入って購入した「手袋」も天然色のアンデスウールを使ったものだ。写真のようにオープンフィンガーとミトンという2WAYであることと、フェアアイル柄が気に入っている。

時としてファッションで自分の見え方を演出することは大切だ。しかし、自分の内面性を最大限に引き出し、それを相手に伝える情報伝達媒体であると知ることはもっと大切だ。
[PR]

by alchimista01 | 2009-11-22 07:26 | 愛すべきモノたち