<   2009年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

SALAのCM

カネボウ化粧品のSALAのCMの世界観の作り方は素晴らしいですね。また、女優のチョイスが最高です。初めて注目したのは「麻生久美子」出演の時でしたから2005年だったかと思います。それではわたくしが厳選した各女優のBEST「SALA」CMをどうぞ♪

※因みに「北川景子」はまだ一本しかオンエアされていない。

e0132508_1015393.jpg
麻生久美子編
e0132508_10163658.jpg
沢尻エリカ編
e0132508_10292448.jpg
北川景子編
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-30 10:32 | 一思案

本日発売「ジョージア ギア」

e0132508_201514.jpg
コカ・コーラシステムは、缶コーヒー市場シェアナンバーワン*ブランド「ジョージア」より、“車内で飲みやすい”ことに特化した初めてのドライブ専用PETボトルコーヒー「ジョージア ギア ブラック」と「ジョージア ギア アイスコーヒー」を6月29日(月)から全国で新発売いたします。

*)インテージMBI調べ 2008年1月-2009年3月 缶コーヒーシェア

RTDコーヒー市場において、コーヒーの飲用シーンは年々多様化の傾向にあり、特に車内での飲用は仕事中の飲用と同様に大きな需要が見込まれる市場です。しかし、従来のコーヒーのパッケージでは、“ドリンクホルダーから取り出しにくい”、“車の中で扱いづらい”などの課題がありました。このような背景より、車内での飲用動作に適した「新形状パッケージ」の導入が更なるコーヒー需要を拡大する上で大きな可能性があると考え、このたび開発・誕生したのが、 「ジョージア ギア ブラック」と「ジョージア ギア アイスコーヒー」です。

本製品は、車を利用するコーヒー飲用者のニーズに応えるべく設計された、新開発の“ドライブ専用PETボトル”を用いた新しいコーヒー飲料です。車内での様々な人間の飲用動作パターンを検証、車の中で座った状態で上からも横からも握りやすい、全く新しい独自の「W-GRIP(ダブルグリップ)ボトル」を開発いたしました。製品名の「GEAR(ギア)」は、英語で「かみ合う、連動する」といった意味があり、“車内という飲用シーン”と“握りやすい「W-GRIP(ダブルグリップ)ボトル」”、“コールドでも常温でもおいしい”という3つの製品特長が複合的にマッチすることを、車の“ギア=歯車”にかけて表現しました。

出典:日本コカ・コーラ株式会社

ついに飲料業界のマーケティングもここまで来たかという状況を如実に示す一手であると言えるのではないでしょうか!CMの低迷やライフスタイルの多様化でマスマーケティングが通用しなくなったと言われ、ニッチマーケティングやシーンマーケティングが提唱されて参りましたが、飲料業界というマスマーケティングが未だ残る業界に於いて、完全にシーンマーケティングを行いターゲットを絞ったケースは初だと思います。

この試みがどのような結果を生むか如何に於いて、今後の飲料業界のマーケティング戦争の方向性が決まっていくといった要素もあるのではないかと思います。例えば感情に由来するような「悲しいときに飲む紅茶」やシーンに由来する「寝る前に飲むお茶」と言ったように、既存のスタイルである一つの商品の用途や利用シーンを広げるということでは無く、それぞれのシーンを満たしていく商品を多数展開するといったマーケティングがこの業界でも遠からず展開されていくのでしょうね。

また、このマーケティングのコミュニケーション手段も非常に面白く、パーキングエリアやサービスエリアは勿論『TIMES』パーキングとのタイアップは業界初ということもあり効果の程が気になるところです。

e0132508_2022762.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2009-06-29 20:25 | けふの些事

POPPY

COACHの新しいライン「POPPY」が非常にCOACHらしくてカワユイ。

如何にもどこのブランドだか分かるような高級ブランドのモノグラムのバッグや財布が横行している中で、ポップにドレスダウンした「POPPY」はLESPORTSACとEMILIO PUCCIの間くらいなカジュアル感が非常に素晴らしいブランドポジショニングだと思います。

e0132508_10285959.jpg
ポップ C スポットライト
カジュアルスタイルよりもスーツスタイルの外しアイテムに使いたい♪

e0132508_10291179.jpg
シグネチャー スカーフ
Tシャツにハーフパンツのようなカジュアルスタイルをドレスアップさせるのに使いたい♪


POPPY
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-28 10:38 | 愛すべきモノたち

The problem is choice

本日未明、完全に人生の流れが変わったことを認識した。
このままの自分では居られ無い、変化をしていく必要がある。

大事なのは「選択」何を選んで何を捨てるのか、時間は有限で
誰に対しても等しく1日24時間1440分86400秒しか無い。

しっかりと正しく優先順位を付けて望んで行きたいと思う。

師曰く「消費する人生から、積む人生へと」
その通りだ、ここから新しいドアを開けて、その先で積もう。

そう、大事なことはいつも「選択」
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-25 18:08 | 一思案

Love Letter3

続 親愛なるC.Cへ

どうしてこんなに好きになってしまったのだろう!?
出会った頃は全く興味も無く、寧ろ否定的だったのに不思議だよ。
だって、今までと比べてしまうと少し物足りないと言うか、
本当に君で大丈夫だろうかという思いが頭を擡げてしまっていたよ。

でも、今はナチュラルに甘いところや、本質は変わらないところが好きだよ。
きっと世の中に合わせて弛まぬ挑戦を続けてきた結果なのだろうね。


桜吹雪舞ういつもの帰り道を
向日葵熔けそうな太陽の下を
金木犀香るあの曲がり角を
寒椿に降り積もる雪の朝を


色々な季節を共に歩いて行きたいよ。
Great taste 0
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-22 21:43 | 一思案

篠笛教室

今日は狭山ヶ丘の辺りまで「篠笛教室」へ行って参りました。
感想としては音が出ない・指使いが分からない・譜面も読めないという状況に
「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」ってなりました・・・(泣)
相当悔しいので明日から早速猛特訓を開始したいと思います。

しかし、人って日々だんだんと出来ることしかやらなくなっているものですね!
出来ないことがある♪わからないことがあるって素晴らしいことです♪

幾つになってもチャレンジする精神を忘れないようにと心底思いました。
とても悔しく、ありがたい一日でした。
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-19 23:34 | けふの些事

「怪しき軽井沢」サイドストーリー「風の女神」

サイドストーリー「風の女神」

わたしたち調査員は車での移動中に「時速90km以上で空気はオッパイになる」という実しやかな都市伝説を解明すべく実験に望んでみた。結果は以下の通りであった。

時速60km=とてもオッパイと言える代物ではない
時速70km=少しオッパイに近くなっては来たが、まだまだフニャフニャ
時速80km=せいぜいBカップといったところ、まだ弾力は無い
時速90km=こ、これは!間違いなくCカップの感触♪張りも出てきた( ̄ー ̄)ニヤリ
時速100km=やばい確実にDカップだ!「風の女神よありがとう♪」フフフ ( ̄+ー ̄)キラーン

注:
①手の形は進行方向に向けてアルファベットの「C」の形を作るのが理想的である。
②車から離れたところでは無く、より車に近い部分で行った方がカップが1サイズアップする。
③長時間の実験の際は手の平が冷え凍傷の恐れ有。指輪等の貴金属は外して行うべき。

以上、実験報告でした♪是非みなさんもお試し下さい(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-19 15:14 | いい旅俺気分

愛の叡智

何が正しいのかということを判断することは難しい
しかし、何が正しくないのかは分かる筈

「苦しい」「辛い」と軋みをあげる内なる存在の悲鳴

いつか幸せになるためという苦行や努力は心を蝕む甘い誘惑
正しいという既成概念の妄想に囚われ続ける盲目なる魂
汝を常闇へと縛るのは恐れという彼の日に刻まれた十字架

人とはこの刹那自由自在に幸せを掴める光迸る渦
無限なる幸せへと至るべく愛と感謝の両翼を携える存在

最早、何の恐れも無く愛と共に行こう6万マイルの深海へ
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-18 00:58 | 一思案

怪しき軽井沢 第三話「人間家畜牧場」R-18

第三話「人間家畜牧場」R-18

それは、わたしたち調査員が車を走らせていた時に偶然にも発見した「人間牧場」という一枚の看板に書かれていた言葉に興味を引かれたことから始まった。

付近を捜索してみると、田舎には全くもって相応しくない厳重な警備体制が敷かれたエリアを発見。。。どうやらここが「人間牧場」らしい・・・金網には高圧電流が流れ、付近にはドーベルマンを連れた兵士が巡回している!写真は施設内にあるセカンドゲート。兵士の作業中を狙って望遠カメラで撮影した。
e0132508_9191822.jpg
しかし、これ以上の撮影は危険と判断した我々は、NASAにいるスタッフに連絡を取り衛星写真の提供を求めることにした。そして数時間後、衛星写真データを受け取った、そこに写っていた光景にわたしたちは興奮を覚えた♪素晴らしい「人間家畜牧場」!!
これは次回「軽井沢」を訪れた際には是非行かなければいけないと固く心に誓ったのでした。
e0132508_9184496.jpg

因みにこの写真は、競りが行われているところらしい。



嘘ですヽ (´ー`)┌ フフフ
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-17 09:15 | いい旅俺気分

怪しき軽井沢 第二話「門の向こうは不思議なハーブ園」

第二話「門の向こうは不思議なハーブ園」

古来から人は門と言う人為的な境目を作って来た。例えば家で言えば内と外を分けるように。
しかし、世の中には人が「決して潜ってはいけない門」と言うものも存在する。所謂あちら側へと繋がる門である。

今回、軽井沢で遭遇した門はまさしくあちら側へと繋がる門であった。。。ハーブ工房と書いてある門の向こうを見て欲しい、一見単なる原っぱであり誰もが「おいおい!どこまでハーブ園なんだよ!適当すぎるだろ!!」と突っ込みたくなる様相を呈している。
e0132508_1385445.jpg
しかしながら、門を潜るとそこは魔法のハーブ園。見たことの無い色とりどりの花が咲き乱れる美しい園が広がっているのである。残念なことに一度潜ると二度とこちら側へと戻ることが出来ないため、門を潜った調査員が帰ってくることは無かった。ところが不思議なことに何故か携帯は通じるので写真を撮って貰ったものを送って貰った。
e0132508_212280.jpg
皆さんも、努々「決して潜ってはいけない門」を潜らないように。。。
そして調査員のあちら側での幸せを祈りたい。
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-16 02:18 | いい旅俺気分