<   2009年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

クリーンデイ

先日は快晴の中、石原都知事が会長を勤める「明るい社会づくり運動」の活動の一環であるクリーンデイに参加しました。

しかし、道路には色々なゴミが落ちているものですね。タバコの吸殻に空き缶、空き瓶、ビニール傘、お菓子のビニール、果ては牛乳ポストに、醤油の一斗缶と・・・

まぁ、わが国のゴミの投げ捨てに関するモラルは国際的に良いほうであるとは思いますが、それでも1時間足らずでゴミ袋数十個分のゴミを拾うことが出来るという状況は油断ならない状況です。シンガポールのような罰金制が良いとは思いませんが、何らかの抜本的な梃入れの必要性は感じます。

そもそも、ゴミを投げ捨てるという行為は、人の本質を鑑みれば心が痛む筈です。どんなに平気な振りをしてみても、強がってみてもその感情の発露は誤魔化せません。また同様に、ゴミを拾って街が綺麗になって嬉しいと思わない人も居ません。

つまり平気な振りをしてゴミを投げ捨てることの出来る人が多い社会というのは、精神的に苦しんでいる人の多い社会と言い換えられるのではないでしょうか。ゴミの投げ捨ての増減はそういった社会的影響の具象化であり、それは、物事の本質の在り処を示唆する一つの警鐘なのかもしれません。

綺麗な心は綺麗な街を作り、綺麗な街が綺麗な心を作る。どちらも真理だと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-30 16:52 | エゴロジスト冥利

「がま口王」Dakota

「バチン!」というがま口が閉まる音が好きです。ファスナーの「チーーー」では無く「バチン!」
e0132508_22503319.jpg


よく買物をすると自分が並んでいる後ろに列が出来ていることがあるかと思います。その時お釣とレシートと品物(場合によってはポイントカードも)をいかに早くスタイリッシュに回収~収納してレジから離脱するかが重要です。これを「レジ離脱レベル」と言います。因みに各レベルの概要は下記参照。

レベル1 まごまごとその場で丁寧な収納をおこない後ろの人をイライラさせる。
レベル2 レジからの離脱は早いが、バッグに突っ込んだものを別の場所で再収納をする。
レベル3 全てのものを適材適所に納めてのレジからの離脱「ニュータイプ」と呼ばれる。

ある統計によると「ニュータイプ」と呼ばれる人間の多くが、がま口を使用しているらしい。その中でも「デザイン」「機能」を兼ね揃えたわたくし一押しのがま口が「Dakota」のWがま口です。

コイン・レシート・カードを両方のフラップに完璧に収納できる様は正しく「がま口王」の称号に相応しいと言えるでしょう。
e0132508_22481330.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2009-03-28 22:52 | 愛すべきモノたち

言の葉の力

「言葉」というものは、その人の人となりを表す一つの重要な要素であります。もちろん時と場合に於いては丁寧過ぎる言葉遣いが失礼に当たる場合もありますが、基本的には品格ある丁寧な言葉を使っていてまず損をすることはないでしょう。

例えば、「まじ、寒くねー」と言うよりは「本当に寒いね」と言う方が良いでしょうし「とても冷えますね」と言えばさらに丁寧な印象を与えられることでしょう。

普段どんなに素晴らしいことを考えていようとも、やさしい思いを持っていようともそれを相手へ伝えることができるものは「言葉」だけです。是非とも「言葉」で損をしない為にも日頃から品格ある丁寧な言葉遣いを心掛けたいものです。

その為には、訓練が必要です。きちんとした言葉遣いがなされている本やニュースに触れることや、自分の周りにいる言葉遣いの美しい方と意識的にお話をすることが大切です。
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-26 23:50 | 一思案

「楽しい」を大切に

いまこの瞬間 心躍るように楽しいですか?

今日はどんな楽しいことがありましたか?

明日はなにか楽しいことがありますか?


悲しいため息や涙は全部忘れてしまえばいい

苦しいことに耐えることは下手なままでいい

嬉しい灯火を探すことに必死になればいい

楽しいことに変えることが上手になればいい


楽しいな 嬉しいな ありがとう お蔭様で

そしたらきっと ずっと笑っていられるよ

[PR]

by alchimista01 | 2009-03-25 23:38 | 一思案

厚揚げ番長

e0132508_19481748.jpg「男前豆腐」で有名な三和豆水庵の「厚揚げ番長」は最高ですが、「がんも番長」「油揚げ番長」を合わせた三番長シリーズはオススメです。因みに我が家では「油揚げの味噌汁」「厚揚げの素焼き」「がんもの煮びたし」を作る日を「三竦みの晩餐」と呼んでいる。(嘘である)

厚揚げにしろ、がんもにしろ、油揚げにしろどれも主菜としては役不足だと思っていましたが、しっかり主菜を張れる「単純に美味しいと思える商品」をこういったサイドアイテムで実現するあたりは非常に企業として好感が持てます。
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-24 19:56 | 舌鼓

季節感と手拭い

手拭いは、ハンカチやハンドタオル代わりとしてはもちろんのこと、風呂も一本の手拭いがあれば事足ります。そしてボロになったら雑巾にし、最後は火を起こす際の着火布にするという非常に無駄の無い日本的美意識が象徴されるアイテムです。また、綿100%ですので吸水性と速乾性に大変優れております。

さて、手拭いを用いるときに一番大事にしたいのは「季節感」ですよね。簡単に申し上げると、四季と柄をきちんと合わせていくということです。例えば三月に椛の絵柄はおかしいですよね!?三月であれば桃や燕に蒲公英などを用いた絵柄のものを選んでいかれたら宜しいかと思います。

最近、季節と手拭いというコンセプトに於いてお気に入りなのは、SOU・SOU×木村宗慎×長久堂の毎月発表される「その月を表すモチーフのテキスタイル」です。

睦月は、"心を込めた言葉でお祝いをする"という意味の「言祝ぎ」ストライプと水玉で、松竹梅を表現しています。
e0132508_041017.jpg


如月は、冬の象徴である氷と、春が近い事を感じさせてくれる梅の花を組み合わせたテキスタイル「氷梅」です。
e0132508_041159.jpg


弥生は「ひなまつり」菱餅の三色(白・緑・桃色)はそれぞれ、雪の大地・木々の芽吹き・生命のエネルギーを表しています。
e0132508_0413020.jpg

是非、一年間通して揃えていきたいシリーズですね。
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-23 23:55 | 愛すべきモノたち

「変化」という瑞兆

「変化」とは、ある状態や性質などが他の状態や性質に変わることとある。

それはつまり進化であり、進化の対義語は無変化である。

自分ではよくわからないかもしれないが人は日々「変化」している。

何も変わらない無変化な人生よりも苦しみや悲しみを伴う「変化」ある人生を誇ればいい。

何故ならそれは純然たる成長を伴う素晴らしき進化なのだから。

開け心の門よ、聞け真理の声を、救え目の前の魂を

さぁ、人生という回転木馬よ螺旋を切って回れ、そして回れ・・・いえぃ♪
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-22 01:57 | けふの些事

「cocca」の布張りノート

e0132508_5243239.jpg代官山にあるオリジナルの布と布にまつわる様々なプロダクツをあつかっているファブリックブランド。

昔ながらの手造りの技術で一点一点丁寧に製本された二つと同じものがない無地のノート(30種類)黄金比を見飽きた昨今では16cm×16cmの正方形が新鮮で美しいと感じる。



e0132508_5244514.jpg授業や講義をコピーするだけなら100円のノートでも良いかもしれませんが、大切な思いや夢は素敵なノートに綴りたいですね。因みに僕は6冊購入しクオバディスカバーに挿し込み「未来日記」を綴っています。

「純白の紙面はこころをあらわにする朝凪の水面」
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-21 06:10 | 愛すべきモノたち

黒髪慕情

天鵞絨のような黒髪は魅惑の旋律

六つの花に佇む明暗の対比は美妙

十六夜の月を写し返す黒曜の鏡

花信風に舞い上がる漆黒の神楽

立ち上る色香は心を焦がす黒き炎

指で掬い上る刹那に奪われる魂魄

[PR]

by alchimista01 | 2009-03-20 15:49 | けふの些事

過疎化と失業率を解決する「キブツ」的発想

イスラエルに「キブツ」という相互互助と平等主義に基づく集産主義的共同体がある。
詳しくはコチラ

例えばこの発想を過疎化が進む農村や漁村に持っていき「集産主義的共同体」を形成する。そして加入者をハローワーク等で募集する。

当然給料は出ないが、衣食住はもちろん教育・医療は無料。

過疎化の最大の問題は街の魅力に魅かれ若者が田舎を出て行ってしまうことや、それによる仕事の減少だが、一方で田舎暮らしを望む若者が多くいることも事実であるし、多くの若者が集まりそこに相互互助的な繋がりをもつソサエティができることにより、生きる目的や承認欲求を満たすことができるのであれば賑やかな街で孤独に暮らす若者を引き着ける力にはなると思う。

そして特に若い人間は「周りが持っているから欲しい」という欲求が強い。半世紀前に携帯電話を持っている若者はいなかった。つまり「持たざることを美徳とするソサエティ」の中にあればそういった欲求が起こることは無い。また平等な権利と労働そして貧富の差の無いソサエティの中に於ける価値基準が「高潔な精神」であれば、やさしい人間も増える。

また、失業率・年金問題等を考えた時、今後個人的に所得して消費するという生き方を選択しない人間も増えているのではないでしょうか!?それよりも安心・安全と言ったフラットな幕藩体制のようなものに所属することを希望する人間が増えてくるような気がします。

この発想には過疎化・失業率の問題を解決し地方分権化を促進するイメージがあります。
しかし、一番の問題はある種独立的な社会となるため税徴収を含めた「中央集権国家の支配」という壁でしょうね・・・
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-19 07:21 | 一思案