<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お洒落泥棒緊急逮捕

昨夜未明、新宿区歌舞伎町に於いて全日本法経大学所属の面頭 麗音(21)容疑者が、合コン終了後待ち構えていた警察官に緊急逮捕された。容疑は株式会社 主婦と生活社発刊の男性服飾情報誌「LEON」11月号特集の服装と非常に酷似した服装を合コンの席上で褒められた際の「ファッション誌!?読まない読まない。まぁ、マイセンスって感じ♪」という言質に事実詐称の疑いが掛けられている。現在新宿警察署では、大学名と関連性の高いphimotic事実詐称等の余罪についても追求していく方針である。

11/22 西東京オシウリ新聞 
[PR]

by alchimista01 | 2008-11-22 03:03 | けふの些事

S-590T col.4

e0132508_1505065.jpg


999.9というメガネブランドご存知だろうか!?日本の第三セクター再生民営化事業に先立ち、表向きは外務省を母体とした銀河鉄道株式会社と機械帝国の事業提携で作られた会社である。20日に発表されたS-590Tシリーズは、デザイナーにプロメシューム氏を迎え、銀河鉄道999の車両に使われているものと全く同じ組成式を持つチタンの一枚板を使って作り出される。

今回特筆すべき点としては、ネバダ州特殊実験施設にて行われたレンズ及びフレーム衝撃耐久テストに於いて「コスモドラグーン」相当の光線銃の直撃になんなく耐えた点であろう。本製品にて実用化された素粒子拡散レンズは今後航空運輸の分野でも注目が集まっていくことが予測される。これで年間数十件に及ぶ航空機への小学生によるレーザー攻撃被害も減少するとPTSAの期待が高まる。

11/21 ニューヨークタイムズ
[PR]

by alchimista01 | 2008-11-22 02:18 | 愛すべきモノたち

LAMY scribble

e0132508_2073024.jpg

LAMYの「スクリブル」=落書きという名のペンシルです。3.15mmの芯は筆記面を指先で感じるほど柔らかく、また、13mmの三角形グリップのホールド感も程よく、何よりも120mmという長さが筆記に絶妙な長さです。

近年、本当に字や絵を書くという行為が少なくなった私たち現代人、キーボードも良いですが、スケッチブックを開いて思うがままに描いてみるのも悪くないですよ。きっと忘れていた色々な感覚を思い出せることでしょう。
[PR]

by alchimista01 | 2008-11-18 20:21 | 愛すべきモノたち

Quovadis

e0132508_22133335.jpg


アジェンダプレステージ エグゼクティブノートという手帳があることを最近知りました。この手帳の優れているところは見開きで一週間の時間軸とタスク軸が簡潔に把握出来る点です。しかも内部の印象がビジネスビジネスしておらずシックで素敵です。しかも、160mm×160mmという正方形スタイルがとても美しくおしゃれな印象を与えます。価格も手頃ですので、手帳を来年は変えようかなと思ってる方にはお勧めです。
[PR]

by alchimista01 | 2008-11-17 22:23 | 愛すべきモノたち

キーワードは「恐怖」

さて、前回の「ある答え」に関してですが、考える時間を無くすほど忙しくするということも選択肢としてはあるのですが、これだと考える時間が出来たときに元の場所に戻ってしまいます・・・

なので答えは、まず人の目を無視して、自分の「心」がどうしたいのか、本当にしたいことなのかを考えることです。普通人間は何かを失うことを怖いと思います。しかし、恋愛に於いても前の彼氏・彼女と別れたからこそ今の相手と出会うことが出来、また、まだ見ぬ相手と出会うことが出来るのです。仕事にしてもそうです。

つまりは「心」と向き合うことは恐怖を乗り越えることです。嫌々何かを続けることは「悩み」や「不満」を生みます。もちろん全てを思い通りにしろという事ではありません。自分が恐怖を捨てて変わるという意味です。自分が相手に要求することを失う恐怖、仕事が思い通りに行かない恐怖、誰かに嫌われる恐怖と様々な恐怖をどれだけ手放せるかです。

そして、限界まで挑戦をしても出来ない時はそれを手放してもいいのです。しかし限界まで挑戦しないと「後悔」が生まれます。そして挑戦しなくても「希望的観測」に逃げ込めます。

逃げ道は無数にあるのがとても難しいことですが、誤魔化さないことが悩まないことだと思います。それは1つ嘘をつくと無数に嘘をつかなければならない連鎖に似ています。

さぁ、恐怖と向き合いますか!?悩み多い人生を送りますか!?
[PR]

by alchimista01 | 2008-11-17 22:00 | 一思案

我考えるゆえに考える

1ヶ月近くサボってしまいましたが本日再開です。割と複数の方から「ブログどうなってるの!?」という声も頂き(あぁ!意外と読んでくれている人が居るんだな♪)と思いました。

さて、復帰第一回は「考える」ということを考えて見たいと思います。

人間には周知の通り「右脳」と「左脳」があります。しかし「左脳」が強いと物凄く一つの行動を取る際に於いて色々考えてしまいます。

例えば「買物」を考えて見ましょう。よく財布一つで買物に来ている方を見かけますが僕にしてみれば全くありえません・・・例えば買物の途中に大災害があったら懐中電灯は必須です。そして、十得ナイフが無ければ缶詰も開けられません!また、人生を変えるような出会いがあるかもしれません。まぁ、百回に九十九回はそんなことは無いかもしれません!しかし、その一回があるかもしれない限りその可能性を優先するのです。だからいつも荷物が多い・・・

はい、87%の方が意味不明と思ってますね♪

それでいいんだと思います。最近その87%の方のが幸せなのだと言うことを発見しました。なぜならば誰かが助けてくれたり、細かいことを悩んだりしないからです。確かに論理的な見地から考えれば「無謀」の一言の行動を取る方も沢山います。ですがそういった方に不幸な方は少ないのです。

つまり「考える」ことがより「考える」という行為を生み出してしまい自己完結の中で勝手に不幸になってしまうということです。

とは言っても「考える」人間に対して「考えるな」と言っても無駄です。何故ならば「考えない」というシステムを持って居ないからです!

されどもこの難問を解決すべく熟考した末ある答えにたどり着きました。
それはまた次回お話しましょう。
[PR]

by alchimista01 | 2008-11-15 02:42 | 一思案