<   2008年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

羽織紐職人になってみる

e0132508_18261476.jpg


約20点くらいの和服屋を探しましたが、欲しい羽織紐が無い・・・ということで、作ることにしました。ドイツビーズ・イギリス金具と全く「和」とかけ離れた素材をチョイスし、製作開始。ビーズ購入から約2週間を経て今日やっと完成しました。実際の製作時間は30分です・・・

今期冬トレンドの紫を基調にし、金を合わせることにより上品な装いを作り出しました。コレにゴールドフレームメガネとゴールドボストンでセクシー大人の和服スタイル完成♪

日曜日のお茶会も楽しみだぁ。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-29 18:35 | 愛すべきモノたち

バスク豚

e0132508_1243611.jpg

フランスとスペインの国境にまたがるバスク地方にあるアルデュード村にて飼育されるバスク豚。第二次世界大戦中の食糧難により、より早く育つ白豚へ飼育が切り替えられた為、1981年には20頭ほどの牝豚と、 たった2頭の牡豚になってしまいました。しかし、農業省により絶滅種として危惧されたことにより、豚技術研究所や国立農学研究所の協力を得て、種保護プログラムが誕生し、1997年には血統登録書に認定され、純血種であることが保証される事となりました。現在では、品質を考慮し年間2000頭のみ育成されるそうです。

という歴史を持つブランド豚ですが、味はと言うと、「肉の味が濃く甘味を感じる」というのが的確な表現だと思います。

みなさんも是非、食べてみて下さい。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-29 01:46 | 舌鼓

ビューティフル 「ウミウシ」

e0132508_16193469.jpg


日本だけで1200種類はいると言われているウミウシ。その多種多様な進化は、他の種に例を見ないほど美しいです。その原色とコントラストや形状は、まさに海の宝石と言えるのではないでしょうか!?ウミウシ図鑑オススメです。

僕の好きなウミウシをいくつか紹介します。

ニシキツバメガイ
e0132508_1632105.jpg


シモフリカメサンウミウシ
e0132508_1637210.jpg


アデヤカミノウミウシ
e0132508_1638360.jpg


皆さんもお気に入りのウミウシを探してみてはどうですか!?
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-28 16:39 | 精神への神饌

Cartierのライター

e0132508_2335077.jpg


「マイゴールドブーム2006」の時に購入したものです。何が素敵なのかと言うと、「一見してブランドがわからないこと。」「手に馴染むサイズ。」「開閉時の蓋の音の小切れよさ。」「風の強いところでは全く使えない室内使用。」です。

「一見してブランドがわからないこと。」

これは非常に大切なことで、高いお金を払って、ブランドの宣伝搭になるのもイヤですし、一見してそれとわかってしまうものが売れるという事に、各者(消費者・販売者)の浅はかさを感じるからです。数百年前の江戸っ子は、表は地味でも裏に金を掛けたものですが、そういう「粋」というアイデンティティはどこへ行ってしまったんでしょう。

「手に馴染むサイズ。」

モノには適正なサイズがあると言うことです。例えば携帯電話!小さすぎると持ちにくくないですか!?このライターは、幅3cmx縦6cmx厚1.5cm美しい数字です。

「開閉時の蓋の音の小切れよさ。」

良くライターの蓋をカキーンて鳴らしてる人居ますよね。このライターは、開閉時の音が高級なライターですよと主張しすぎないところが逆に高級感があるのです。

「風の強いところでは全く使えない室内使用。」

モノにはそのモノの役割があります。一番美しいことは、それ以外の用途が無いことです。テレビデオ・ラジオ付き懐中電灯・十特ナイフ、確かに便利かもしれませんが全く美しくありません。このライターは、風にとても弱いです。なので外で喫煙する時は、Zippoを使います。そういう「室内専用」という不便さが素敵なのです。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-26 03:04 | 愛すべきモノたち

母親の影響による「コダワリ」と「ヨソク」

僕のコダワリというか追求は、母親の影響によるところが大きい。先日も「シルビウス・ブラボー」で「ブラッセルワッフル」を食べて来たらしく、早速ワッフルメーカーを購入。そして、ほぼ毎日作る・・・犠牲者は父親であり、軽度の「ワッフル拒否症候群」である(笑)  

20数回目にして、一昨日、ついに「完璧なレシピ」なるものを完成させたらしく、日曜日の晩餐後に家族全員でワッフルを食べた。確かにほぼ同じ味と食感になっているのが恐ろしい・・・

また、「ハリーポッター」などは、本とDVDが全巻揃い、登場人物の名前を全て覚えているは元より、どのシーンがどこで撮影されたなども熟知している。TVを観ていると、「闇の魔術に対する防衛術」の先生を順番に言いなさいというクイズが唐突に出されたりする。

と、まぁ、興味のある範疇に関しては万事そんな感じであり、これは、100%僕に遺伝していると言える。

もう一つは、「予測」である。これは、興味の無い範囲の話は、「あのひとがあの映画に出てあの役やってたでしょ。」と言った暗号文なのである。しかし、それを聞いた時の僕の頭の中は、母親の思考や、情報元に関する、あらゆる可能性の中より、回答を導き出すことが可能になってしまった!!驚くべきことは、再婚した父親も数年と立たずに、同じ事ができるようになってしまった事だ。真に人間の適応能力とは恐ろしい・・・

その能力は、人と話しをして居る時に如何無く発揮される。相手の話の先を「予測」することや、相手の思考に合わせた言葉を取り出すと言った作業が高速で行える。

しかし、結婚相手には正反対の相手を選ぶであろう。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-26 02:25 | 一思案

クリエイティブ筆記具 ラミー4色ボールペン

e0132508_20205595.jpg


パソコンのキーボードを打つ事が多い昨今、「書く」ということは非常に重要です。特に頭の中を整理する時やアイデアを捻り出す時は殆どと言って良いほど「書く」べきです!

しかしながら、人間はあまり賢くはないので、書いていてもすぐに混乱してしまいます・・・そんな時に重宝するのがコレ!という4色のインクがまるで頭の中を4分割して整理してくれるかのようにスラスラと4倍速で思考できるのです。

手帳もこれ、ミーティングやアポという行動は青。企画や戦略という思考は緑。今日中の仕事や、忘れてはいけない重要なことは赤。ルーティンワークや確認という作業は黒という分類をしておけば、仕事にプライオリティを簡単に付ける事が出来ます。つまり、何からやるかと、迷う時間を限りなく0に近づけることにより生産効率が上がります。

毎日頭の中がごちゃごちゃになってしまう人は是非、試してみて下さい。

そんな中でも、僕が長年愛用しているのが「ラミー 2000」。僕の知る限り、最細4色ペンです。ノックした時のシャカシャカする音が何時しか安心感に変わって行きます。

「ラミー 2000」は、1966年にバウハウスのデザイナーであるゲルト・ハルト・ミュラーがデザインした名作で、 40年以上も前に「西暦2000年になっても古さを感じないデザイン」というコンセプトのもとに作られた。一切の無駄を排除した、実用性の高い生粋のゲルマン的モノ創り、まさに逸品と呼ぶに相応しい筆記具です。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-21 20:53 | 愛すべきモノたち

オーラソーマ

e0132508_20143349.jpg

オーラソーマ診断



今日は久方ぶりにオーラソーマをやって見ました。面白いもので、その時によって選ぶボトルが変わるものなんですね。本質的な部分を表す1本目の「ソウルボトル」は変わりませんが、2.3.4本目はその時によって全く違います。

定期的にやってみても面白いかと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-21 20:07 | けふの些事

「マイボトル」動議 「味覚」で終止符

先日、環境系のセミナーに行った時のことですが、参加者200人程度の約4割の人間が「マイボトル」を持って来ていました!割と異常な光景です!凡そそんな集団に出くわすのは中学生の遠足以来だと思います。

それから帰ってマイボトルについて考えてみました。コストで言えば、週5日会社に行き、ペットボトルを買うと、普通は¥150×22日なので、1月¥3,300、年間¥39,600という計算になりますが、しかし、ペットボトルも一番安い時は、¥90とかで売っているので、その場合は、¥90×22日なので、1月¥1,980、年間¥23,760という計算になります。


家からお茶を持っていくことを考えると、大体¥1,000のお徳用の番茶を1袋買えば1月もつ。
水道代が、500ml×22日=11Lなので、約¥11.1程度、その他光熱費を含めてもせいぜい¥100円位なので、1月¥1,111、年間13,332という計算です。

その差額、年間¥10,428~¥26,268程度の範疇であります。

しかし、その代償は、毎日マイボトルに飲み物を入れ、プラス500mlの荷物を持って通勤し、空のボトルを持って帰って洗うという手間である。実に面倒くさいコトです。

環境問題の為と考えても、いつかは面倒くさくなるでしょう・・・

子孫繁栄や老後の安定した生活の為にSEXをする人間は殆ど居ないでしょう、その行為自体に魅力があるから人はSEXをし、結果子供が出来ます。

その原理で考えれば、美味いものを飲むということが「マイボトル」の本質のような気がします。そこに立ち返れば、「マイボトル」云々や、ペットボトルのリサイクル率が僅か3%であるとか、2004年以降、減少の一途を辿っているなんて問題はナンセンスです。

因みに僕は、どのペットボトルのお茶より自分で煎れたお茶が一番美味しいと思いますし、コーヒー・紅茶にしてもそうです。

大体、環境問題って名前が付くと、すぐ論点がおかしくなります。皆が人間本来の正しい本能に従えば、安全で美味いお茶の生産量が足りない事が問題になるべきでしょうに。

人が失ったのは環境への配慮や、生かされているという謙虚さよりも「味覚」なのではないでしょうか?

因みに、僕が選んだ「マイボトル」は、1908年に誕生したアルミ製ボトルの老舗ブランド「SIGG【シグ】」理由は、①軽い②飲み物に変な味が付かない③開閉が簡単④格好良い⑤アルミとしてリサイクル可能だからです。

いつも美味しい飲み物を入れてますよ♪もし、会った時に持っていたら少しだけ分けてあげますね!
e0132508_117212.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2008-02-19 01:17 | エゴロジスト冥利

ブラッセルワッフル 「シルビウス ブラボー」

e0132508_1151271.jpg


今日は昨年10月にOPENした有楽町の新ランドマーク「イトシア」へ行って来ました。地下1Fにある、デザートレストラン「シルビウス ブラボー」では、ブラッセルワッフル、フルーツベニエ、スマートボールという美食の国ベルギー王国の3大ストリートスイーツが食べられます。

因みに、店名の「シルビウス ブラボー」とは、北ベルギーの街アントワープの名称の由来ともなった英雄の名前だそうです。

ワッフルはベルギーよりとりよせた鉄製の本格的なワッフルメーカーで焼き上げる、大きな横長のブラッセルタイプです。フルーツを生地に入れ込んだカラーワッフルなどもあります。
ベルギー・ワッフルには、リエージュ・タイプ(固めに溶いた生地にベルギー独特の粒砂糖と生イースト、バターが入ったタイプ。屋台やスタンドで売られている)と、ブラッセル・タイプ(クレープのような柔らかい生地を焼いて生クリームやジャムなどをトッッピングするタイプ)の2タイプがあるそうです。


ベルギー・ワッフルには、リエージュ・タイプ(固めに溶いた生地にベルギー独特の粒砂糖と生イースト、バターが入ったタイプと、ブラッセル・タイプ(クレープのような柔らかい生地を焼いて生クリームやジャムなどをトッッピングするタイプ)の2タイプがあるそうです。

率直な感想としては、まず、ワッフルを食べるのに並ぶという行為の意味が全く理解できないということです。テーブルについて中で食べるには恐らく1時間は並ぶ必要があります。しかし、気の短い人もテイクアウトOKなので安心です。当然テイクアウトをして、店内のテイクアウト用の椅子で食べました。

味はと言えば、ワッフルの食感が今まで食べていたリエージュ・タイプのワッフルとは全く異なりますので、新発見という感じです♪僕は、非常に美味しいと思います。トッピングされる、ジャムはフルーツの味がしっかり残っており、無駄に甘くない点に好感が持てます。また、添えられるジェラートも非常に洗練されており素材本来の味が引き立ちます。散らされるチョコレートが少しビターなテイストで全体の味を引き締め、そして調和役のホイップクリーム、立て方も申し分無く程よい甘味。トッピングそれぞれをが、ワッフルを引き立て、口の中で「スィート四重奏」のハーモニーを奏でます。

次回は平日、空いてる時間を見計らい、イートインに行きたいと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-18 01:44 | 舌鼓

アート プロパガンダ

そもそも全てのものの全ての表現はアートであり、同時にそれは日常でもある。日常をオストラネーニェして、アートにしたりすることもあるし、あるものをアートであると認識すれば、それはアートという日常に収束したりもする。それだってイデオロギー的認識によってアートと呼ばれている可能性が濃厚だ。

その不確かさは、明確に定義しかねる概念に共通しているのかもしれない。

基本的に感性の領域を言語で伝えるなんてのは無理な話だ、言語認識すら感性であるから仕方が無い。つまり、評価や人気なんてものは所詮ヒエラルキーに依存した概念である。

64億人に理解される表現など無いだろう・・・しかし突き詰め尽くした自己表現に共感を示す人間は一定数はいる筈だ。

エスキモーには雪を表現する言葉が100以上あるというが、確かに雪に囲まれた環境ということもさることながら、きっと多くの人が「空から降ってくる真っ白な氷の結晶」を自己表現した結果そうなったのだろう。

発するもアート発さぬもアート好きに行こうぜ!マイアートウェイ♪(力技)
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-17 01:54 | 一思案