カテゴリ:舌鼓( 161 )

天音 たい焼き

吉祥寺のハモニカ横丁に「天音」というたい焼き屋があります。たい焼き屋ですが、団子や、羊羹の切り落としなども売っていて、休日に行くと大概10名前後の列が出来ています。路地からはたい焼きを頬張りながら歩いてくる人がたくさん居るので場所はすぐに分かります。

写真のように羽根がついているのが特徴で、餡は甘過ぎず上品な味です。個人的には焼き団子(醤油)が香ばしく好みです。
e0132508_20264797.jpg

因みに、サーカスのクレープ、カーニバルのソフトクリームと並んで吉祥寺三大食べ歩きスイーツに入ります。オススメです(≧∇≦)
[PR]

by alchimista01 | 2014-05-16 20:13 | 舌鼓

いちご大福慕情

 ここ最近、世の中で二番目に大好きなお菓子が「いちご大福」です。しかし、これはとてもとても奥の深いお菓子だと思います。登場するのは、餡・餅・いちご・粉というたった四種類なのですが、シンプルなだけに、それぞれの完成度や、クオリティがはっきりと味に現れてしまいます。そして、さらに難しいのが、それぞれの完成度が高いだけではダメなのです。すべてが調和して初めて究極の「いちご大福」と呼べるのです。

 個人的には、滑らかな白餡に、酸味だけではなくきちんと甘味があるいちごを合わせ。包む餅には求肥ではなく餅を使用し、適度な厚さと弾力があり、粉の味があまり立っていないものがベストだと思います。未だ完璧な「いちご大福」には出会えていませんが、これからマイベスト「いちご大福」を探して行きたいと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2014-02-19 23:34 | 舌鼓

『30th アニバーサリー サクラ&ローズ』

e0132508_1452689.jpg 2014年2月3日(月)より春期間限定で発売された『30th アニバーサリー サクラ&ローズ』を食べてみました。

 どちらもおめでたい雰囲気の女性的なパッケージに包まれた商品です。ちなみに三箇所のスーパーで見た際には、どこも「サクラ」の方が多く売れていました。やはり日本人にとっては「ローズ」より「サクラ」の方が親しみやすいようですね。

 個人的な感想としても、やはり「サクラ」の方が美味しいと思いました。原則的に食べ慣れた味の方が美味しく感じられるものなのでしょうね。しかし、それをおしてもチェリー×サクラという大好きなモノ二つが合わさっているのですから、好みに決まっていますね。みなさんも是非、お試し下さい。

ミニカップ『30th アニバーサリー サクラ』
サクラアイスクリームにチェリーソースを加え、天面には淡いピンク色のサクラソースをあしらった、サクラ尽くしのアイスクリームです。サクラ独特の風味が生きたアイスクリームの味わいを、香りと酸味の利いたチェリーソースが引き立て、春の味わいを存分に楽しめます。

ミニカップ『30th アニバーサリー ローズ』
ダマスクローズを加えたストロベリーアイスクリームにプラムソースを加え、天面にはかれんな色合いのローズソースをあしらいました。優雅な香りが特徴のダマスクローズが香るローズストロベリーアイスクリームの味わいを、プラムソースの酸味とコクが引き立て、やさしく甘い香りが特徴のターキッシュローズを使用したローズソースを合わせることで、ローズ風味を十分に楽しめる創作アイスクリームです。
[PR]

by alchimista01 | 2014-02-17 23:51 | 舌鼓

ココフラン

 27日に「nonowa東小金井」という駅の高架下を利用した商業スペースがオープンしたので早速行って来ました。ほとんどめぼしいお店はありませんでいたが、一店気になったのが「ココフラン」『フランスの素朴な定番スイーツをもっと手軽に・・・優しくて懐かしい、作りたてのおいしさをどうぞ』というコンセプトのお菓子屋さんです。

 早速、調べてみたらなんと!あの「ビアードパパの作りたて工房」と同じ麦の穂が母体でした。アップルリング、エッグタルト、ミルフィーユを食べましたがどれも美味しかったです。
e0132508_1331099.jpg
e0132508_1333162.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2014-01-30 22:48 | 舌鼓

世界のプリン プディンフラン&ボネ

e0132508_13133553.gif
 最近、毎日一個プリンを食べるようにしているのですが、最近食べた中では「世界のプリンシリーズ」のプディンフラン&ボネが美味しい。

 プディンフランは、ポルトガルのカスタードプリン・プディンフランをイメージしたものです。練乳の風味とねっとりしていて、食感はプリントしては固めでチーズケーキを食べているようです。

 また、ボネはイタリアで親しまれているボネをイメージした、アマレット※の風味を加えたビターココアプリンです。ことらはアマレットの風味がココアを風味を引き立てます。

 どちらも少し変わっていて、とても美味しいので、一度食べて見られることをオススメします。
[PR]

by alchimista01 | 2014-01-21 23:07 | 舌鼓

ボノボン

e0132508_1364431.jpg
 最近ボノボンというチョコレートが流行っているので、コンビニで買って食べてみた。結論としては大騒ぎするほどの味ではないが、一個21円という値段は、コストパフォーマンスはいいと思う。チョコクリーム&クリーミークリームの二種類がある。個人的にはクリーミークリームの方が美味いと思う。ちなみに製造国はアルゼンチンでARCOR社という会社が作っている。
[PR]

by alchimista01 | 2013-12-09 21:03 | 舌鼓

アサヒ ドライゼロ

 最近帰宅の時間が遅いので、必然的にアルコールを飲む機会が減りました。そこで、最近よく飲むのが「アサヒ ドライゼロ」です。ノンアルコールビールは大体不味いのですが、このドライゼロだけは別格です。もちろんビールと比べてしまえば仕方ない部分はありますが。。。ノンアルコールビール飲料では歴代一位の美味しさだと思います。まぁ、自分はビール全般~澄みきり~ドライゼロという経緯だったのであまり抵抗が無かったのかもしれません。

 味の感想としては、ドライな喉越しで、スッキリとしています。さらに、グラスに注いでもクリーミーな泡が消えにくく、正直これで十分かなと思います。今までは、習慣からか無駄に毎日アルコールを摂取していましたが、飲まなくなったことで、飲むことによって失う時間やお金、効率性を考えると、アルコールは必要ないかなと思います。

 また、一滴も飲まないということではなく、気心の知れた友人との楽しい酒は飲みます。しかし、晩酌を習慣にしないことと、ネガティブな酒(悩んでいる時や、落ち込んでいる時)は飲まないことにします。
e0132508_1153316.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-12-03 22:05 | 舌鼓

クレープハウスCIRCUS

 吉祥寺の西友近く(駅の方から行くと手前)サンロードから駅前通りに向かう脇道に「クレープハウスCIRCUS」は、ひっそりと佇む。休日ともなればクレープ食べたさに家族連れの行列ができる。人気の理由は、生地そのものがおいしいこと(もっちり)と、コストパフォーマンスだろう。先日いただいた「生クリームラムレーズンマロン」も生クリームとマロンペーストと、ラムレーズンがズッシリ入っているが、値段は450円と格安である。ちなみに普通のクレープと比べるとボリューミーなので、スイーツでありながら軽食さながらである。
e0132508_13364222.jpg
e0132508_13365839.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-11-18 22:17 | 舌鼓

亀寿司

 先日国分寺の亀寿司という店に行ってきた。カウンターがあって職人さんが握ってくれる店だが、値段は回転寿司に毛が生えた程度でとてもリーズナブルだ。回転寿司はちょっと。。。しかし、まともな寿司屋は敷居が高くて。。。という中間のニーズを叶えてくれる店だと思う。
e0132508_12573965.jpg
 ランチメニューのにぎりセットは、あさりの味噌汁がついて980円と、お得だ。なお、ランチタイムは17:00までと長いので早めの夕食にもオススメだ。
[PR]

by alchimista01 | 2013-11-06 23:52 | 舌鼓

「水曜日のネコ」

e0132508_23311259.jpg
 火曜日ですが「水曜日のネコ」というビールを飲んでいます。製造元のヤッホーブルーイングは、よなよなエール、東京ブラック、インドの青鬼など一癖あるビールが人気の長野の地ビールメーカーです。「水曜日のネコ」は、ヒューガルデン等の少し癖のあるビールが好きな人にはバッチリはまる味だと思います。

 このビールはベルギー生まれの「ベルジャン・ホワイトエール」というスタイル(ビールの種類)で、大麦と小麦の両方を使って造ったビールです。スパイスにオレンジピールとコリアンダーが使われているため、爽やかな香りと甘酸っぱい味わいがします。苦味が無くすっきりとした飲み口なので、普段あまりビールを飲まない人や、女性にもおすすめのビールです。
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-29 23:48 | 舌鼓