カテゴリ:一思案( 280 )

歯を食いしばって苦と戦うことは徒労である

 人は問題が起こると、それに立ち向かう。そしてそれを解決するように努める。しかし、解決してもまた新たな問題が発生する、すると、その問題と向き合い、解決するように努める。そして、これを繰り返していくと、どんどんしんどくなっていく。。。それは、問題を解決することが問題が出現することの目的では無いからです。

 ただただ、大いなる力に生かされているという存在であることを認識するが為に問題は起こるのです。問題解決力は上がるけど、しんどい人生を送ることと、問題が発生しない人生を送ることのどっちがいいですか?

 僕は、後者がいいので、生かされていることに感謝をして、生きていきたいと思います。
[PR]

by alchimista01 | 2013-07-29 22:09 | 一思案

成功ノウハウ本を読んでも成功しない理由

 人生が上手くいっている人には必ず共通点がある。それは、いくつかのカテゴリに分けることができる。もっとも大きな要素としては、生き方としての部分である。例えば、神仏を敬う、親孝行をおこなう、人を大切にするといったことだ。

 次に、指針となる部分である。分かりやすく言えば、具体的な目標を持つ、夢を持つといった部分。そして、最後に行動の部分。つまり、人に席を譲るとか、困っている人は助けるとか、笑顔でいる等という部分である

 さて、世の中には溢れ返らんばかりの、成功ノウハウ本と呼ばれる本がある。そして、形や表現方法は違えど、そういったノウハウが腐るほど、腐るほど書いてある。しかし、それを読んで、成功する人間は一握りもいない。それはいったい何故なのか?

 答えは簡単で「読んでも分からないことだから!」に他ならない。例えば親孝行がよいことだということはみんな知っている。そして、大概の場合そういう類の本には親孝行をしましょうと書いてある。

 しかし、よく考えてみて欲しい。その本の著者が親孝行が大切と書くのは、親孝行をしたからである。もっと突っ込めば「親孝行をしよう!」と純粋に思ったからである。しかし、その本を読んで親孝行をするあなたの動機は「成功」である。成功とは、金持ちになることなのか、理想の結婚をすることなのか、いい家に住むことなのか。それは人それぞれだろうが、兎に角、親孝行がしたいから親孝行をする訳ではなく、成功するための手段として親孝行をするということになる。

 ハッキリ言ってそれじゃ、成功しない。逆説的な話だが、本気で親孝行をしたら全て上手くいくだろう。ここが、成功ノウハウ本を読んでも越えられない壁なのではないかと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2013-07-24 22:22 | 一思案

幸せになろうよ2

 さて、実践した二つのこととはとても簡単で、一つは感謝です。神仏への感謝、両親への感謝、そして、自分が触れる人や、モノへの感謝です。そしてそれを言葉や行動で具体的に伝えるということです。例えば、朝晩仏さまに請願と感謝の心で手を合わせるということ。両親に対して、父の日や、母の日、誕生日に感謝の意を込めたプレゼントを渡すこと。人が何かをしてくれたら感謝を言葉にして伝えること。バスに乗ったらお礼を言うこと。買い物をしたら御礼を言うこと。自分が使うものに感謝を伝えること等です。

 これを徹底して行うと、自分は生きているのではなく、生かされている存在であることに気が付きます。頭ではなく体感するまで徹底的におこなうことが大切です。おそらく生かされている存在であることを体感出来るまでには1ヶ月~3ヶ月は掛かると思います。

 そして、生かされている存在であることが、本当に分かった時、人は本当に謙虚になります。すると、これまでとは一つ違う段階での感謝が出来るようになります。その結果として、多くの人があなたを助けてくれようとします。それは、神仏や、両親、職場の人や、友人、犬や猫、鳥や虫、花等、生きとし生けるもの全てです。

 もう一つの実戦とは笑顔でいる事です。もし自分が道に迷って人に道を聞く場合、怒っている顔の人と、笑顔の人が居たらどちらに声を掛けますか!?普通の人であれば笑顔の人に声を掛けるのではないでしょうか。また、洋服を買うときに試着をしたい旨を伝えるときに、ブスッとしている店員さんと、笑顔の店員さんが居たらどちらに声を掛けますか?これも、普通の人であれば笑顔の人に声を掛けるのではないでしょうか。

 つまり、笑顔で居る人には人が寄って来るのです。人気と言う言葉がありますが、人の気が集まるから人気が出るのです。人気が出れば、全てが上手くいきます。しかし、反対に人気がなければ全てが上手くいきません。なぜならこの世界で一人で生きていける人など居ないからです。

 どれだけ頭で理解をしていても、心で理解し行動しなければ何も変わりません。チャレンジとは出来ないと思っていることに挑むからこそチャレンジなのです。お互い様に、勇気を持って継続的にチャレンジをしていきましょう。そして、その為にも、感謝と笑顔の実戦でその基盤を構築してしまいましょう。
[PR]

by alchimista01 | 2013-07-10 21:20 | 一思案

幸せになろうよ

 毎日の生活に追われていると、新しいことにチャレンジすることが億劫になります。その傾向は、年齢と共に顕著になり、遂には新しいことにチャレンジするという意欲そのものが無くなってしまします。その結果、惰性で生きていくことになります。つまり、それは、今と同じ毎日を死ぬまで送っていくということに他なりません。

 原因と結果の法則から言えば、今の人生というものは、これまでの生き方の集大成といえます。その結果が好ましいもので無いとするならば、あなたの生き方が、宇宙のルールから外れているということです。

 そう、宇宙にはルールというものが存在します。それに背いて精一杯頑張っていても、残念ながら幸せにはなれません。それは、例えるならば、一流のサッカー選手になるという夢を持ちながら、毎日精一杯、野球のボールをゴールに投げる練習をするようなモノです。それでは、絶対に一流のサッカー選手になれないことは誰にでも明白でしょう。

 つまり、上記の彼が一流のサッカー選手になる為には、まずサッカーのルールについて知ることです。我流では無理なのです。そして、次に一流のサッカー選手について知ることです。チャレンジをすることはその後です。

 多くの人は、そんなことは当たり前だ!と、この彼を笑います。しかし一方で、人生に於いてはまったく同じことをしているといえます。宇宙のルール(真理)を知らずして、幸せになれると思いますか?幸せな人の習慣や行動、思いや、考えを模倣しないで、幸せになれると思いますか?答えは、明白で残念ながら幸せにはなれません。

 今の人生が、不幸だと思っている人は往々にして言います。俺には俺のやり方が、私には私のやり方があると!もし、それが正しいのであれば、どうして今この瞬間、幸せ過ぎてブラジルでもないのにサンバを踊っちゃうくらいのウキウキ状態ではないのですか?

 答えは簡単です。俺流、私流という生き方が、真理に沿った生き方ではないからです。かくいう私も、暫く前までは彼のように、一流サッカー選手を目指しつつ、毎日精一杯、野球のボールをゴールに投げる練習をしていました。

 しかし、そういう無駄な努力はある日を境に一切やめました。するとどうでしょう、様々な問題が一気に好転しました。過去、あれだけ苦痛だった仕事も今では楽しくて仕方ありません。

 いったいどうして、そう変わったのかと言うと、大きく二つのことにチャンレンジしたからだと思います。  
 
 明日につづく
[PR]

by alchimista01 | 2013-07-09 22:57 | 一思案

両親との関係が人生を決める

 先日、とてもいい話を聞いたので、ここで紹介したいと思う。端的にいえば人生が上手くいく為の話である。人間の右半身は母親に司られていて、左半身は父親に司られているという。例えば、頻繁に右側ばかり怪我をしたり、病気をしたりすることがある場合、それは母親との関係性に何らかの障害や、問題があることを示唆しているという。

 また、どうしても仕事が上手くいかない人は、父親との関係に問題があるという。同じように人間関係が上手くいかない人は、母親との関係に問題があるという。つまり、裏を返せば両親との関係が良好であれば、当然ながら仕事も人間関係も上手くいくということである。

 そこで、自分の人生を振り返ってみた。我が家は、幼少期より両親の仲が悪く、自分が中学二年生の時に両親が離婚をした。そして高校二年生の時に母親が、三年生の時に父親が相次いで再婚をした。それからの17~18年、両方の両親のことが好きでも嫌いではなかったが、特別干渉もしないが、干渉もされたくないという希薄なものであったと思う。

 そして、これまでの自分の仕事や人間関係は、両親との関係と同じように、嫌いではなかったが、特別干渉もしないが、干渉もされたくないという希薄なものであったと思う。

 しかし、現在では両親のことが好きである。産んでくれたことや、育ててくれたことに本当に感謝をしている。そして、生きているうちに出来る限り、何かをしてあげたいと思う。例えば、父の日や、母の日はもちろん誕生日や何かの記念日にはプレゼントを持って訪れたり、行けない時にはメッセージと共に送っている。

 その結果、今では仕事も人間関係も絶好調である。よく、両親に感謝しなさいとか、生きているうちに親孝行しなさいと、いったことを耳にする機会も多いだろうが、それは決して親の為ではなく、自分が幸せになる為にするということである。

仕事が上手くいかない人は、父親に感謝をして、親孝行をしてみてね♪
人間関係が上手くいかない人は、母親に感謝をして、親孝行をしてみてね♪
きっと、あっと言う間にメチャメチャ上手くいくようになっちゃうよ♪
[PR]

by alchimista01 | 2013-06-26 20:38 | 一思案

本性の見極め方

人生に於いて、人の本性を見極める方法を知っているか居ないかでは、大きな違いが生まれる。そして、もちろん知っていた方がいい。

人の本性を見極める 方法は、至極簡単で、その相手が、損得感情を抱かない瞬間の顔を見ればいい。

損得感情を抱かない瞬間とは、例えば、電車に乗って居る時や、ぼけっとしている時である。そういう時の表情にはその人の本性が現れる。

日頃どんなに愛想笑いを浮かべている人でも、その瞬間だけはコントロール出来ないということだ!

つまり、その瞬間の地顔が笑顔であったり、穏やかな顔をした相手を、パートナーや、取引相手に選べば間違いないということである。

くれぐれも見掛けの良さや、愛想の良さに騙されないようにしたいものだ!
[PR]

by alchimista01 | 2013-06-19 22:58 | 一思案

伝わるのは思っていることだけ

 人が人に何かを伝える時には必ず「言葉」が必要である。本屋さんに行くと、話術やコミュニケーションに関する本が沢山売られているが、それは、人々が「会話」や、「コミュニケーション」を円滑におこないたいという欲求を持ってはいるが、往々にしてその試みが、上手くいっていないということを現わしている。

 さて、結論から言おう「話術」や「コミュニケーション能力」は、そんな本を何冊読んだところで向上しない。何故ならば、相手に伝わるのは「言葉」ではなく、思っていることだからである。言葉が下手糞でも思いは伝わる。逆にどれだけ言葉を尽くしても思いの籠らない言葉は伝わらない。大切なことは「伝えたい!」という意志である。

 もし「コミュニケーション力」や「話術」で思い悩む人が居るならば、技術よりも、思いに原因がある可能性が高い。一度「思い」という角度から検証をしてみることをオススメしたい。
[PR]

by alchimista01 | 2013-06-17 22:35 | 一思案

世界の様相が変わって観えること

 世界の様相が変わって観えたのが、いつであったのかは定かではないが、その始まりは、2013年の2月2日であったのだと思う。

 これまで、自分の目的は、自分が幸せになる為に、人が幸せになるお手伝いをすることであった。また、自分が幸せになる為に、仕事をしてお金をより多く稼ぐことであった。そして、自分の幸せとは、年に何回か旅行に行き、週末には気の合う仲間とどこかに出かけて美味しいものを食べ、毎日を楽しく、ゆとりを持って暮らすことであった。

 しかし、「真理に到達すること!」を目的に据えてから4カ月を過ぎた昨今では、「自分が」という概念そのものが失われつつある。もはや、自分の現世的な幸せに焦点を合わせ、目的とすることに何の面白みも感じない。そうしたら悩みが一切なくなった。よく「苦の原因は自分で作っている」と言われているが、その意味するところを始めて理解した。今、自分が気になることといえば、真理に到達するまでの時間と距離だけである。

 「幸せになりたい」という強い欲求は、同時に「今は不幸です」という宣言に他ならない。彼氏・彼女が欲しい、お金が欲しい、健康が欲しい、地位・名誉が欲しい、その他の全ての強い欲求というものは全て、それが叶わないと不幸であるという宣言に他ならない。そういった宣言をしていては、残念ながらいつまでたっても不幸しか訪れない。何故ならば、真理が魂に対して願うところは、そういった強い個我の欲求を離れて貰いたいということだからである。

 つまり、人やお金、モノ、健康、地位・名誉といったことに、強い欲求が無ければ、全て上手くいかせて貰える。自分は最近、出会う人の全てが素晴らしい。お金に苦労しなくなった。必要な時に必要なモノが手に入る。体重が9.5KG減って健康体になった。職場でもある一定の評価を頂いている。等という、今まで手に入れようと必死に努力をしても手に入らなかったモノが、自動的に次々と手に入るようになった。

 ところが残念なことに「幸せになる方法」というものは言葉では説明し切れない。何故ならば、その方法は、人や状況によって千差万別であり、そもそも頭で理解できる種類のものではないからに他ならない。その唯一の習得法は、あなたの魂が経験を通して感じる他ない。

 最後に、自分は少し前から、人の魂が本当に望んでいることが観えるようさせていただいた。分かりやすく言えばマトリックスのコードが観えるようなモノだ(笑)だからこそ、人が本質的に幸せになっていく為のお手伝いをさせていただきたいと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2013-06-11 23:55 | 一思案

ニュースというシビリアンコントロール

 最近、週に40分くらいしかTVを見ない。それに付随してニュースも仕事に関係のある内容と、天気予報くらいにしか目を通さなくなった。しかし、実際に何か困ることがあるのかというと、何も困らない。

 実際にニュースを見なくなると感じるが、我々がメディアを通して見聞きするニュースは、そもそもバイアスが掛かっていて、権力者にとって都合のいい内容しか流れていないことが良く分かる。

 恐らく、悪いニュースを流す意味とは、国民に対して、自分は無事で良かったという安心感や、自分はそうならなくて良かったという優位性を感じさせることだと思う。そして、その裏でこっそりと税金を上げて、法律を都合よく変えていくのだろう。

 そういった意味では、ニュースという現実は、権力者にとって都合良く作られた仮想世界なのだと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2013-05-31 22:11 | 一思案

真理の真意

 最近つくづく思うのです。真理には願いがあって、その願いは、ただただ人間の「魂」を成長させることを目的としていることを。だから、今は何が起ころうと、その現象を受け入れていこうという気持ちになります。

 もちろん最初に何か大変な現象が起こった時には、「うわっ!!」という気持ちになります。しかし、次の瞬間には、この現象をどう受け入れて、どう向き合っていくことが魂にとって一番いいのかということを考えます。そしてそれに向かってすぐさま行動を起こします。

 そのため、思い悩むという時間が殆どなくなりました。そして、自らに起こる現象が大変であればあるほど、それは有り難いことなのだと思います。何故ならば、人が神や、仏、といった大いなる存在に対して、心から手を合わせる瞬間というのは、概ねそういった大変な時だからです。

 しかし、多くの人は大変な現象が起こった時、自らの力でそれを解決しようとします。それは、一見正しく、成長しているように見えます。しかし、真理の本当の願いとは違う場合が多いようです。真理は、自らの力で歯を食いしばって、問題を解決して欲しい訳ではなく。真理や多くの人の存在によって生かされていることをや、助けられていること、救われていることを感じて欲しいのだと思います。

 そして、心底からそう思えたとき、謙虚さや感謝という感情が、心の深いところから沸いてくるのだと思います。それは、形骸化された謙虚さや、感謝とは一線を画するモノです。

 毎日とても大変ですが、お蔭様で心はスキップルンルンです♪
[PR]

by alchimista01 | 2013-05-29 23:07 | 一思案