カテゴリ:東海道五十三尻( 14 )

東海道五十三尻 「原」

e0132508_542415.jpg
 広重へのオマージュとして始まった「東海道五十三尻」第二弾は宿場町にオーパーツのように現れた「メイド尻」。大正ロマン!?昭和モダン!?いえいえ「江戸センシュアル」でございます。美の一つの形が官能であり、官能とはそれ自体が美であるのです。

姐さん1「江戸じゃこの子のような子を置く「女給茶屋」が流行ってるそうじゃないか!?」
姐さん2「へぇ~、あんたもあぁいうのが「萌え~」なのかい!?」
男「あっしは別に。。。えぇ、大好きですとも♪ しかし、何故原などに!?」
姐さん1「はっ!?さては、宿場の目玉にする気じゃぁないのかい!?」

メイド「うーん、ここどこだろう!?えぇとターゲットは井伊 直弼!って誰だぁ!?」
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-16 05:58 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「沼津」

e0132508_2263082.jpg
 広重へのオマージュとして始まった「東海道五十三尻」第二弾は宿場町にオーパーツのように現れた「メイド尻」。大正ロマン!?昭和モダン!?いえいえ「江戸センシュアル」でございます。美の一つの形が官能であり、官能とはそれ自体が美であるのです。

 第十三作は「沼津」くノ一忍法帳よろしくバレバレ諜報活動に勤しむメイド。鎖帷子のような網タイツなのか、はたまた網タイツのような鎖帷子なのかは定かではないが、いつの時代も諜報活動に付き物は「お色気」である。

 「あの間者、何故にてっ、天狗をしょってるのでしょうか!?エロいですわ~♪」
[PR]

by alchimista01 | 2011-06-12 22:28 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「三島」

e0132508_8274857.jpg
 広重へのオマージュとして始まった「東海道五十三尻」第二弾は宿場町にオーパーツのように現れた「メイド尻」。大正ロマン!?昭和モダン!?いえいえ「江戸センシュアル」でございます。美の一つの形が官能であり、官能とはそれ自体が美であるのです。

 第十二作は「三島」ブレーメンの音楽隊のニワトリさながらのメイド。坊主の頭が滑らぬかと些かの不安はありますがいざとなったらヒールを打ち込みましょう♪

坊主「はて、頭の上に鳥ですかな!?」

そういえばいつか阿闍梨様が言っていらした「悟り」を開いた者は、鳥や動物から木や岩と同じように認識され、彼らはその一切の警戒を解いて近づいてくると!

ハッ!?まさしく今の状況はそのものではないか!!「悟り」近え~~♪ わたくしも八階級特進で目指せ「阿闍梨」ではないですか♪ よーし!耐えるのですわたしの首の骨

ボキッ!!

メイド「あっ!ごめんなさい」

坊主「む、無念。。。あ・あじゃりさ、さま、わたしもお側にま、参ります。。。」
[PR]

by alchimista01 | 2011-04-29 08:52 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「箱根」

e0132508_4533095.jpg
 広重へのオマージュとして始まった「東海道五十三尻」第二弾は宿場町にオーパーツのように現れた「メイド尻」。大正ロマン!?昭和モダン!?いえいえ「江戸センシュアル」でございます。美の一つの形が官能であり、官能とはそれ自体が美であるのです。

 第十一作は「箱根」峠も関所もなんのその♪そこのけそこのけメイドが通る。

メイド:「ハコネNOW♪」
旅の男1:「メイドキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」
旅の男2:「カワユス(* ̄ー ̄*)萌え~」
[PR]

by alchimista01 | 2011-04-17 05:05 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「小田原」

e0132508_2241321.jpg
 広重へのオマージュとして始まった「東海道五十三尻」第二弾は宿場町にオーパーツのように現れた「メイド尻」。大正ロマン!?昭和モダン!?いえいえ「江戸センシュアル」でございます。美の一つの形が官能であり、官能とはそれ自体が美であるのです。

 第十作は「小田原」メイドレポーターが時空を超えて実況中継している図です。

川手前の男1「あそこから見ているやつはなんだ!?」
川手前の男2「くのいちだろ」
川手前の男1「くのいちエロいな」
川手前の男2「いいえ、誰でも」
[PR]

by alchimista01 | 2011-04-10 22:53 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「大磯」

e0132508_23442134.jpg
 広重へのオマージュとして始まった「東海道五十三尻」第二弾は宿場町にオーパーツのように現れた「メイド尻」。大正ロマン!?昭和モダン!?いえいえ「江戸センシュアル」でございます。美の一つの形が官能であり、官能とはそれ自体が美であるのです。

 第九作は「大磯」広重もまさか150年後にここが「ドキッ!女だらけの水泳大会」の会場になるとは夢にも思わなかったことでしょう♪

 男「おっ!エロ可愛い!お尻会いになりたいのぉ!帰りに冥途喫茶に寄ってくかのぉ♪」
[PR]

by alchimista01 | 2011-03-30 00:12 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「平塚」

e0132508_2323029.jpg
 広重へのオマージュとして2010年より制作が開始された「東海道五十三尻」シリーズです。第一弾は浮世絵に馴染みの深い和服尻。尻(エロス)×東海海五十三次(浮世絵) 決して出会う筈の無いモノが出会った時、そこに生まれる何とも心地良い不協和音をご堪能下さい。
第八作は「平塚」今回は高いところで風見鶏ならぬ風見尻です。

飛脚「その棒あぶねぇぜ」
男1「おっと!こりゃいけねぇ」
男2「おぉ!そっちの棒かぁ」
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-26 23:07 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「藤沢」

e0132508_11162924.jpg
 広重へのオマージュとして2010年より制作が開始された「東海道五十三尻」シリーズです。第一弾は浮世絵に馴染みの深い和服尻。尻(エロス)×東海海五十三次(浮世絵) 決して出会う筈の無いモノが出会った時、そこに生まれる何とも心地良い不協和音をご堪能下さい。
第七作は「藤沢」川を挟んで対峙する前屈みな三坊主と女がなんとも自然な構図の作品。

坊主一「イテ」
坊主弐「イデビ」
坊主参「イテテテ」
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-11 11:29 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「戸塚」

e0132508_18372198.jpg
 広重へのオマージュとして2010年より制作が開始された「東海道五十三尻」シリーズです。第一弾は浮世絵に馴染みの深い和服尻。尻(エロス)×東海海五十三次(浮世絵) 決して出会う筈の無いモノが出会った時、そこに生まれる何とも心地良い不協和音をご堪能下さい。
第六作は「戸塚」それぞれの反応が個性的で面白い作品に仕上がっている。

宿の女「そこでするんじゃないよ!」
旅の男「絶景かな絶景かな~」
共の男「いてててて」
旅の女「あーれーまー!」
商人「でへへへへ」
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-05 18:57 | 東海道五十三尻

東海道五十三尻 「程ヶ谷」

e0132508_20252055.jpg
 広重へのオマージュとして2010年より制作が開始された「東海道五十三尻」シリーズです。第一弾は浮世絵に馴染みの深い和服尻。尻(エロス)×東海海五十三次(浮世絵) 決して出会う筈の無いモノが出会った時、そこに生まれる何とも心地良い不協和音をご堪能下さい。
第五作は「程ヶ谷」橋の手前の尻のせいで全員微妙に前屈みで歩いているのが面白い。
虚無僧にいたっては、中間まで頑張ったものの全く歩けず一休み。男の性ですな(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2011-01-26 20:32 | 東海道五十三尻