2011年 07月 16日 ( 1 )

東海道五十三尻 「原」

e0132508_542415.jpg
 広重へのオマージュとして始まった「東海道五十三尻」第二弾は宿場町にオーパーツのように現れた「メイド尻」。大正ロマン!?昭和モダン!?いえいえ「江戸センシュアル」でございます。美の一つの形が官能であり、官能とはそれ自体が美であるのです。

姐さん1「江戸じゃこの子のような子を置く「女給茶屋」が流行ってるそうじゃないか!?」
姐さん2「へぇ~、あんたもあぁいうのが「萌え~」なのかい!?」
男「あっしは別に。。。えぇ、大好きですとも♪ しかし、何故原などに!?」
姐さん1「はっ!?さては、宿場の目玉にする気じゃぁないのかい!?」

メイド「うーん、ここどこだろう!?えぇとターゲットは井伊 直弼!って誰だぁ!?」
[PR]

by alchimista01 | 2011-07-16 05:58 | 東海道五十三尻