言の葉の力

「言葉」というものは、その人の人となりを表す一つの重要な要素であります。もちろん時と場合に於いては丁寧過ぎる言葉遣いが失礼に当たる場合もありますが、基本的には品格ある丁寧な言葉を使っていてまず損をすることはないでしょう。

例えば、「まじ、寒くねー」と言うよりは「本当に寒いね」と言う方が良いでしょうし「とても冷えますね」と言えばさらに丁寧な印象を与えられることでしょう。

普段どんなに素晴らしいことを考えていようとも、やさしい思いを持っていようともそれを相手へ伝えることができるものは「言葉」だけです。是非とも「言葉」で損をしない為にも日頃から品格ある丁寧な言葉遣いを心掛けたいものです。

その為には、訓練が必要です。きちんとした言葉遣いがなされている本やニュースに触れることや、自分の周りにいる言葉遣いの美しい方と意識的にお話をすることが大切です。
[PR]

by alchimista01 | 2009-03-26 23:50 | 一思案

<< 「がま口王」Dakota 「楽しい」を大切に >>