全力疾走2nd

最近一つのことをするのにもあれやこれやと考えてしまい柵で動けなくなってしまうことが多くなってきた。。。確かにそれを成熟と呼ぶのかもしれないし、それが仮初めの調和をもたらしている側面も否定はできない。

しかし、それは「傷つかないように生きる」という保身なのかもしれない。

なんだか、考えないことを考えないようにすることも、人目を気にすることも、誰かと比べることも、弱い自分を見ないようにすることも、未来を考えて、今何も出来ないことも面倒臭い・・・・・だから全部やめてしまおう。

そもそも分からないコトだらけの、この世界

「自分がどう感じるのか」だけがある意味では世界を形成しているのかもしれない、

だからこそ今再び「全力疾走」わき目も振らず前だけ向いて、ひどい顔でも気にしない、今この瞬間を五感を持って力いっぱい駆け抜ける。そしたらいつもの景色が何か新しいものに見えてくる気がする。

さようなら「しがらみ」二度と会うことはないでしょう。
[PR]

by alchimista01 | 2009-02-22 03:31 | 一思案

<< WICKED~誰も知らない、も... Moldavite >>