セルフモチベーション

平たく言えば、内的に自分で自分自身に動機を与えることです。反対にやる気を起こさせるような外的な刺激をインセンティブと言います。

精神的に落ち込んでいる場合は、なかなかやる気が沸いてこないものです。しかし、緊急的にそこから抜け出さねばならない場合というのは多々ありますよね。そんな時みなさんどうしていますか!?

まず、前提として、そのモチベーションを下げてしまった要因が、内的なモノなのか、それとも外的なモノなのかという点を考慮する必要があります。

それがもし外的な要因であれば、きっと自分自身に変化が求められているのでしょうし、内的な要因であれば、ある種の自己容認という変化が必要であるのかもしれません。

全ての物事には必ず原因があり目的があります。つまりそれらを正しく知ることが、セルフモチベーションへの第一歩です。

一方でポジティブシンキングという発想がありますが、これは原因を追究しないままむやみに傷つきながら行い続けると、ネガティブシンキングと同等以上に危険です。どのように危険かといえば、自分は大丈夫だと思っている人間のうつ病の発症率や、突発的な自殺者の多くがポジティブな人間だと周囲から見られていることが多い点です。

決して強い人間などは存在しないのでしょう。もしそれに近い人間が居るとすれば、それは他者の目にどう映るかでは無く、自分の弱い心に正直に向き合っている人間かもしれません。きっとその姿は、他者にはみっともなく足掻いてるように見えるかもしれません。

最後になりますが、いつでも緊急的にモチベーションを上げようとする行為自体が危険だと言うことです。今、あなたにとって必要だからモチベーションが落ちているのです。だから大丈夫。ゆっくりと内なる声を聴きそれに従い、本来の意味でのモチベーションを取り戻せば良いだけです。
[PR]

by alchimista01 | 2008-05-16 01:03 | 一思案

<< 小巾折 印傳 >>