自己実現≦自己超越

自己実現理論とは、アメリカ合衆国の心理学者・アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。人間の欲求は5段階のピラミッドのようになっており、欲求は底辺から始まり、1段階目の欲求が満たされると、1つ上の欲求を目指すという。

生理的欲求
生命維持のための食欲・性欲・睡眠欲等の本能的・根源的な欲求

安全の欲求
衣類・住居など、安定・安全な状態を得ようとする欲求

親和(所属愛)の欲求
他人と関わりたい、他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求

自我(自尊)の欲求
自分が集団から価値ある存在と認められ、尊敬されることを求める認知欲求 

自己実現の欲求
自分の能力・可能性を発揮し、創作的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求


マズローは、自己実現をした人間の特徴として、「客観的で正確な判断、自己受容と他者受容、自然な態度、自発性、自律、心理的自由」などを挙げている。又、優秀な人ほどこの段階を駆け上がるのは速いが、自己実現を果たし、自己超越の域に達する人は極めて少ない。数多くの人が階段を踏み外し、これまでその人にとって当たり前だと思っていた事が当たり前でなくなるような状況に陥ってしまうとも述べている。

つまり、自己実現と自己超越とは違うということだ。

自己超越に関しては非常に的確な記述があったので詳細は以下へ

自己超越と心理的幸福感に関する研究-自己超越傾向尺度作成の試み-


つまり、自己実現と自己超越では存在軸が異なるのだ。往々にして自己実現が、肉体的・三次元的領域で行われるの対して、自己超越は、魂的・四次元的領域での意味が色濃く、3次元的世界への還元効果を狙うわけではなく、3次元的世界へその影響がフィードバックされるのだ。

例えば、現在、世界のルールが「資本主義」であるため、基準が「金」であるが、宇宙の真理の中では、取るに足らないことであり、手段でこそあれ目的になることはないのだ。

ここから結論。

つまり、物事の考え方や、判断基準を「自己実現」だけにおいては危うい。なぜならば、心理学は、「現在社会に於ける人間心理の学問」だからだ。

よって、本質的に幸せになるためには、「自己超越」へ踏み込む必要がある。

以下、そのための心掛け

①嫉み・妬み・恨み・辛みという感情を口に出さない。心でも思わない。

②上手くいかない理由は、いつも自分の中に見つける。自己否定という意味ではなく、原因を見つけて対策を練り、同じ失敗を犯さないように努力する意。

③変化を否定しないで受け入れるように自分が変化する。

④毎日意識して笑う。

⑤一時的・表面的損をしても気にしない。

⑥勘を信じて行動してみる。

他にも色々ありますが、これだけでも毎日が滅茶苦茶幸せになります。
[PR]

by alchimista01 | 2008-04-22 05:17 | 一思案

<< いま鎌倉 「眼鏡大奥」  第一帖 正室の思惑 >>