母親の影響による「コダワリ」と「ヨソク」

僕のコダワリというか追求は、母親の影響によるところが大きい。先日も「シルビウス・ブラボー」で「ブラッセルワッフル」を食べて来たらしく、早速ワッフルメーカーを購入。そして、ほぼ毎日作る・・・犠牲者は父親であり、軽度の「ワッフル拒否症候群」である(笑)  

20数回目にして、一昨日、ついに「完璧なレシピ」なるものを完成させたらしく、日曜日の晩餐後に家族全員でワッフルを食べた。確かにほぼ同じ味と食感になっているのが恐ろしい・・・

また、「ハリーポッター」などは、本とDVDが全巻揃い、登場人物の名前を全て覚えているは元より、どのシーンがどこで撮影されたなども熟知している。TVを観ていると、「闇の魔術に対する防衛術」の先生を順番に言いなさいというクイズが唐突に出されたりする。

と、まぁ、興味のある範疇に関しては万事そんな感じであり、これは、100%僕に遺伝していると言える。

もう一つは、「予測」である。これは、興味の無い範囲の話は、「あのひとがあの映画に出てあの役やってたでしょ。」と言った暗号文なのである。しかし、それを聞いた時の僕の頭の中は、母親の思考や、情報元に関する、あらゆる可能性の中より、回答を導き出すことが可能になってしまった!!驚くべきことは、再婚した父親も数年と立たずに、同じ事ができるようになってしまった事だ。真に人間の適応能力とは恐ろしい・・・

その能力は、人と話しをして居る時に如何無く発揮される。相手の話の先を「予測」することや、相手の思考に合わせた言葉を取り出すと言った作業が高速で行える。

しかし、結婚相手には正反対の相手を選ぶであろう。
[PR]

by alchimista01 | 2008-02-26 02:25 | 一思案

<< Cartierのライター クリエイティブ筆記具 ラミー4... >>