鍛金工房 WESTSIDE33 茂作 ちろり

 先日茂作の「ちろり」をいただきました。「ちろり」とは湯煎でお酒を温める道具のことです。素材が銅なので熱伝導率が良く、沸騰したお湯の中にお酒を入れた「ちろり」を入れれば、短時間でおいしい燗酒が作れます。今まで徳利でお酒を温めていたので、この速度でお酒が温まるのは驚きです。しかも、注ぎ口からお酒が一切垂れない作りは秀逸です。ちなみに、鍛金工房 WESTSIDE33は、京都にある鍛金職人、寺地茂さんの工房&ショップです。
e0132508_15541297.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2014-04-10 23:42 | 愛すべきモノたち

<< 「弱くても勝てます ~青志先生... 実写版映画「ルパン三世」 >>