水が合うとか合わないとかいうこと

 魚は水の中にしか住めない。その魚にしても、淡水魚や海水魚、深海魚等様々な分類があり、当然それぞれの魚に合う水が違う。よく「水が合う」というが、人間にもそれぞれ、相応しい水(環境)があるように思う。往々にして、水が合わないところで生きることは苦痛であり、水が合うところでは幸せを感じやすい。

 先日聞いた話だが、魂が純粋に成ればなるほどに綺麗に澄んだ水の中にしか住めなくなるという。もし、周囲の環境や人間との関係に違和感を感じるようになったのだとしたら、魂と環境が合っていないのだと思う。そして、それは、以前より魂が綺麗になった証拠かもしれない。
[PR]

by alchimista01 | 2014-03-17 23:47 | 一思案

<< 船を漕ぐ 一周年を迎えて >>