最近知った真実

 これまで、人生に於いて様々な問題が起きるのは「自己の魂を成長させる」ためだと思っていた。しかし、先日そうではないことを知ってしまった。全ては「神や仏」を信じる為だった。つまり、大げさな言い方をすれば昨日と違う何かができるようになるために努力することとは、RPGで、倒せなかった敵を倒せるようにレベルをあげることに他ならない。そう、ゲームが終われば宿題をしなければならないし、明日は学校に行かなければならない。その程度のことだ。大切なことは宿題をすることであり、学校にいくことだ。何故ならば、ゲームの中での成長は現実世界に於いて殆ど影響を及ぼさないからである。同じようにこの世で様々なことが出来るようになることは大切だが、それは目的ではない。目的は神や仏の存在を信じることなのだと思う。そこから真実が始まる。
[PR]

by alchimista01 | 2014-02-24 22:40 | 一思案

<< 「信じる」ことの難しさ イッタラ タイカ 新フォルム登場 >>