ハリスツイードの上手な取り入れ方

 先日のブログでハリスツイードを紹介したが、街行く人を観察すると、去年に増してハリスツイードのバッグを持っている人が多い。しかし、残念なことは、バッグの表面が毛羽立ってしまっていることだ。

 これは持論だが、ツイードは摩擦を受ける機会の多いバッグ等には向かないのだと思う。ツイードのバッグはカワイイが実用性や耐久性という面では中々厳しいと思う。つまり、手袋等も同じである。そう考えると、摩擦を受けにくいアイテムとして取り入れるのが最適である。

 僕の答えは「ブックカバー」である。理由としては、摩擦を受ける機会が低いにも関わらず、電車の中、喫茶店と本を読むときには必ず人目に触れるので露出時間が多いからだ。女性なら化粧ポーチ等もありだと思うし、学生ならペンケースもありだと思う。また、身にまとうアイテムとしてはイヤーマフという選択があるが、使用できる期間を考えるとコストパフォーマンスが低いことが難点である。

 みなさんも上手に「ハリスツイード」というトレンドを取り入れてみては如何でしょうか。
e0132508_18432886.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-12-19 22:20 | 愛すべきモノたち

<< Butterfly Knife... 「ルール」の外側へ >>