今年もあと半月という時に思うこと

 いよいよ今年もあと半月となった。今年は本当に新しいことにチャレンジをし続けた一年であり、生活スタイルが大きく変わった一年でもあった。来年は本当の意味で飛躍していきたいと思う。その為には、まずは自分を縛り付けている手枷、足枷を外し、魂を重力の井戸から救出しなくてはならない。

 手枷と足枷の正体とはいったい何なのか!?おそらくは自らが作り出した「業」なのかと思う。しかし、知らずに積んでいる「業」については自己認識が無い分始末が悪い。よって、それを認識し改めていくことはとても難しい。

 しかし、考えても分からないこの領域に対するアプローチが、最近やっと見えてきた。その答えは先ずは、正しい生き方を望むことだ。正しい生き方とは、人間が生まれた目的である「真理」に到達しようとする生き方ということだ。その上で、自らに起こる「問題」を一つずつ解決していくことによって、自分自身は「業」の正体を知らずに自ずと「業」を解消していくのだと思う。

 つまり「業」の正体を追求し、知る必要などなく「問題」を真摯に受け止め、そこで湧き上がる感情等をきちんと見つめて解決していくことや、悔い改めていけばいいのだと思う。

 来年は、今以上に素晴らしい人間を目指して心底変わっていこうと思う。

 
[PR]

by alchimista01 | 2013-12-16 22:12 | けふの些事

<< スカイマークの新制服 人類資金 >>