「ベッカー社の極小財布」

 極小財布というものが流行っていますが、自分も荷物が少なく出かけたいパーティーシーンやトラベルシーン、また、アクティブなシーンのために一つ購入しました。チョイスしたのは、小さい財布・ミニ財布ブームの火付け役「ベッカー社の極小財布」手のひらサイズで お札・小銭・カードを収納できます。その中でも自分が選んだのは、小銭入れがボックスタイプになっている黒のパテント(エナメル)です。この黒のパテントを選んだ理由は、パーティーシーンでもその他のシーンでも邪魔をしないことと、地味になりすぎないことです。
e0132508_1854851.png
 
 小銭入れ部分はベーシック型小銭入れと、ボックス型小銭入れの二種類から選ぶことができます。個人的に使い勝手がいいのはボックタイプだと思います。
e0132508_18542446.jpg
中面は、カード入れ×3、オープンポケット×1、札入れ×1です。なお、ベーシックタイプの小銭入れを選ぶとカードポケットが1枚分増えます。
e0132508_1855562.jpg
 コンパクトですが、必要なものはきちんと入る極小財布をさがしているなら、ドイツ製「ベッカー社の極小財布」をお勧めします。補足ですが、モチーフやチェーンを選んでカスタムすることが出来るので、自分だけのオリジナル極小財布を作ることも可能です。
[PR]

by alchimista01 | 2013-11-14 22:21 | 愛すべきモノたち

<< Whiting&Davis T... オリジナル >>