ちょうどいいクラッチバッグ

 昨今クラッチバッグが流行っていますが、どうにもビジネス臭いカチッとしすぎたモノが多いです。また、少しビジネス臭いものから外そうとすると、一気にカジュアル感満載のモノになってしまします。つまり、中々ちょうどいいモノが中々見つからないのが現状です。

 個人的に一押しは“aniary”アニアリのALクラッチです。まずビジネスとカジュアルの調度中間くらいのデザインが素晴らしく、サイズ感もちょうどいいです。正面の横ポケットには定期入れ、背面の縦ポケットにはスマホが入れられます。また、メイン収納には財布、デジカメ、ミント、ペンとメモくらいは楽勝で格納できます。

 つまり、いちいちバックの中を探すことなく最小の動作で大概のことはできてしまう訳です。よくクラッチというとメインの収納へのアクセスが2アクションや3アクションのものまでありますが、それではクラッチの意味がありません。あくまでも1アクションで必要なアイテムに到達出来ることが、クラッチバッグの魅力でしょう。
e0132508_1816312.jpg
e0132508_18165637.jpg
e0132508_18175339.jpg
e0132508_18141434.jpg
e0132508_1814279.jpg
e0132508_18144317.jpg
e0132508_18184246.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2013-10-25 22:01 | 愛すべきモノたち

<< 「水曜日のネコ」 何度でも!何度でも! >>