ターゲットストローク

 みなさん「ターゲットストローク」という言葉をご存知でしょうか!?知らない!?それは人生とっても損をしていますね。さてさて、ターゲットストロークとは、アメリカの精神科医エリック・バーン氏が考えた心理学の中にある考えで、交流分析(TA)の用語です。

 馴染みのない言葉なので、分解して説明します。まずストロークとは、自分の存在価値を認めてくれる言動や行動のことを言います。分かりやすく言うと「褒めたり、認めたり、励ましたり、相手の体に優しく触れたり」することです。そして、これにターゲットが付いて、ターゲットストロークとなると、相手が一番欲しい褒め言葉や、一番認めて欲しいことを伝えてあげることになります。つまり、それを受けた相手は、自分の価値を強烈に感じられるようになるのです。

 これまでの人生で、ストロークを受けてこなかった人や、もしくは現在受けていない人は、軽いうつ症状のような状況に陥ります。そういった意味でも、家族や友人にターゲットストロークを与えることは、心の栄養補給をしてあげるという意味合いがあります。さらに、相手の心に届くターゲットストロークを与えられたとき、相手が感じている幸せの10倍の効果が、自分にもたらされると言われています。

 これは今すぐやるしかないでしょ♪
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-18 23:05 | けふの些事

<< 鍋の季節到来 渇望を満たす >>