税金について思う

 2015年10月に予定される消費税率の8%から10%への引き上げの判断時期について「(消費増税で)2%の税収が上がるか上がらないかで歳入が変わるので、来年12月までに決めてもらわないと予算編成が極めて難しいものになる」と述べ、来年末には最終判断するとの見通しを示した。

 と先日のニュースで見たが、10%と言えば今の倍ではないですか・・・個人的な意見としては増税をするのであれば減税も考えて欲しいと思う。消費税というのは収入の有無や多少に関わらず、全ての人にのしかかってくるので、生活が苦しい人は、より苦しくなる。

 つまり、収入の低い人には減税措置を取って欲しい。いえいえ、タダでとは言いません。つまり何かを提供することによって減税もしくは、何らかの優遇措置をとって欲しいと思う。そしてそれが、世の中をよくする結果に結びつけば最高である。また、払う余裕のある人には増税措置を取りたい。そこで、わたくし考えました!

1、ミニスカ減税:スカートの丈が膝上5cmより1cm上がる毎に1%消費税が下がって買物ができる。これにより、各店にスカートの丈を測る雇用も生まれ、何となく世の中が明るくなる。

2、スク水減税:スク水で乗車すると公共交通機関が全て無料になる。そして、公共交通機関内での痴漢取締を強化し、痴漢者には100万円の罰金を課す。

3、セクシー増税:全てのサービス等に於いて、通常かセクシーかを選ぶことができる。セクシーを選ぶと消費税40%になる。例えば、セクシー牛丼・セクシー教習所、セクシー携帯ショップ、セクシーバナナの叩き売りなどが考えられる。

この増税&減税案如何でしょうか!?
[PR]

by alchimista01 | 2013-10-08 23:18 | けふの些事

<< 36歳を迎えて 涙の正体 >>