人形町の人形焼 徹底比較

 先日人形町に行く機会があったので、この際、徹底的に人形焼を比較してみようということになり、重盛・板倉屋・亀井堂の三店舗を徹底比較いたしましたのでここに報告します。お土産を買われる際の参考にしてください。まずは、下記の表に特徴等をまとめてみました。
e0132508_1127055.png
 続いて、各店舗ごとの画像と感想になります。

【総本店『重盛永信堂』 】
水天宮の向かいにあり、行ったことがある人なら誰でも、知っているお店で、唯一白あんや粒あんの人形焼があります。ここの人形焼は価格の分もあってか、大きめで、どっしりしています。あんが多く皮が薄いので、食べ応えがあり甘いです。皮とあんの味がとても近いので、口に入れてから飲み込むまで、口の中で味の変化が殆どありません。つまり、悪く言えば単調、よく言えば重厚なハーモニーです。
e0132508_11482192.jpg
e0132508_11483863.jpg
 【人形焼本舗『板倉屋』】
甘酒横丁の日比谷線A1出口の横にあり、間口はそう広くはないが、雰囲気があって素敵だ。サイズは程よく、一口で食べられ、あんも皮もバランスがよく、王道の人形焼と言えます。やわらかい皮とあんの味の違いがハッキリしているので、口に入れてから飲み込むまでの味の変化はもっとも複雑で、この変化を計算して作ったとしたら天才の技としか言えません。個人的には一番大好きです。
e0132508_1223164.jpg
e0132508_1225092.jpg
【人形町『亀井堂』】
甘酒横丁の交差点を浜町方面に向かい少し行った右手側にある落ち着いた雰囲気のお店です。ここの人形焼は昔ながらの和カステラ製法(乳製品不使用)で作られているため、歯ごたえが一番しっかりしている。あんも硬めでクラシカルな人形焼と言えます。口に入れてから飲み込むまでの味の変化も殆どなく、単調ではありますが、重盛よりもより低音のハーモニーです。甘さ控えめなので大人にお勧め。なお、ここのあん無し人形焼「秋の山」は、最高に美味しいです。
e0132508_12212254.jpg
e0132508_122137100.jpg
 まとめると、個人的な好みとしては、あん入り板倉屋、あん無し亀井堂です。この情報が皆さんのお買い物の参考になれば幸いです。
[PR]

by alchimista01 | 2013-09-27 23:16 | 舌鼓

<< 特別展「深海」 ステーキハウス サトウ >>