幸せになろうよ2

 さて、実践した二つのこととはとても簡単で、一つは感謝です。神仏への感謝、両親への感謝、そして、自分が触れる人や、モノへの感謝です。そしてそれを言葉や行動で具体的に伝えるということです。例えば、朝晩仏さまに請願と感謝の心で手を合わせるということ。両親に対して、父の日や、母の日、誕生日に感謝の意を込めたプレゼントを渡すこと。人が何かをしてくれたら感謝を言葉にして伝えること。バスに乗ったらお礼を言うこと。買い物をしたら御礼を言うこと。自分が使うものに感謝を伝えること等です。

 これを徹底して行うと、自分は生きているのではなく、生かされている存在であることに気が付きます。頭ではなく体感するまで徹底的におこなうことが大切です。おそらく生かされている存在であることを体感出来るまでには1ヶ月~3ヶ月は掛かると思います。

 そして、生かされている存在であることが、本当に分かった時、人は本当に謙虚になります。すると、これまでとは一つ違う段階での感謝が出来るようになります。その結果として、多くの人があなたを助けてくれようとします。それは、神仏や、両親、職場の人や、友人、犬や猫、鳥や虫、花等、生きとし生けるもの全てです。

 もう一つの実戦とは笑顔でいる事です。もし自分が道に迷って人に道を聞く場合、怒っている顔の人と、笑顔の人が居たらどちらに声を掛けますか!?普通の人であれば笑顔の人に声を掛けるのではないでしょうか。また、洋服を買うときに試着をしたい旨を伝えるときに、ブスッとしている店員さんと、笑顔の店員さんが居たらどちらに声を掛けますか?これも、普通の人であれば笑顔の人に声を掛けるのではないでしょうか。

 つまり、笑顔で居る人には人が寄って来るのです。人気と言う言葉がありますが、人の気が集まるから人気が出るのです。人気が出れば、全てが上手くいきます。しかし、反対に人気がなければ全てが上手くいきません。なぜならこの世界で一人で生きていける人など居ないからです。

 どれだけ頭で理解をしていても、心で理解し行動しなければ何も変わりません。チャレンジとは出来ないと思っていることに挑むからこそチャレンジなのです。お互い様に、勇気を持って継続的にチャレンジをしていきましょう。そして、その為にも、感謝と笑顔の実戦でその基盤を構築してしまいましょう。
[PR]

by alchimista01 | 2013-07-10 21:20 | 一思案

<< ウルトラ怪獣総選挙 幸せになろうよ >>