伝わるのは思っていることだけ

 人が人に何かを伝える時には必ず「言葉」が必要である。本屋さんに行くと、話術やコミュニケーションに関する本が沢山売られているが、それは、人々が「会話」や、「コミュニケーション」を円滑におこないたいという欲求を持ってはいるが、往々にしてその試みが、上手くいっていないということを現わしている。

 さて、結論から言おう「話術」や「コミュニケーション能力」は、そんな本を何冊読んだところで向上しない。何故ならば、相手に伝わるのは「言葉」ではなく、思っていることだからである。言葉が下手糞でも思いは伝わる。逆にどれだけ言葉を尽くしても思いの籠らない言葉は伝わらない。大切なことは「伝えたい!」という意志である。

 もし「コミュニケーション力」や「話術」で思い悩む人が居るならば、技術よりも、思いに原因がある可能性が高い。一度「思い」という角度から検証をしてみることをオススメしたい。
[PR]

by alchimista01 | 2013-06-17 22:35 | 一思案

<< 本性の見極め方 同心居 >>