世界の様相が変わって観えること

 世界の様相が変わって観えたのが、いつであったのかは定かではないが、その始まりは、2013年の2月2日であったのだと思う。

 これまで、自分の目的は、自分が幸せになる為に、人が幸せになるお手伝いをすることであった。また、自分が幸せになる為に、仕事をしてお金をより多く稼ぐことであった。そして、自分の幸せとは、年に何回か旅行に行き、週末には気の合う仲間とどこかに出かけて美味しいものを食べ、毎日を楽しく、ゆとりを持って暮らすことであった。

 しかし、「真理に到達すること!」を目的に据えてから4カ月を過ぎた昨今では、「自分が」という概念そのものが失われつつある。もはや、自分の現世的な幸せに焦点を合わせ、目的とすることに何の面白みも感じない。そうしたら悩みが一切なくなった。よく「苦の原因は自分で作っている」と言われているが、その意味するところを始めて理解した。今、自分が気になることといえば、真理に到達するまでの時間と距離だけである。

 「幸せになりたい」という強い欲求は、同時に「今は不幸です」という宣言に他ならない。彼氏・彼女が欲しい、お金が欲しい、健康が欲しい、地位・名誉が欲しい、その他の全ての強い欲求というものは全て、それが叶わないと不幸であるという宣言に他ならない。そういった宣言をしていては、残念ながらいつまでたっても不幸しか訪れない。何故ならば、真理が魂に対して願うところは、そういった強い個我の欲求を離れて貰いたいということだからである。

 つまり、人やお金、モノ、健康、地位・名誉といったことに、強い欲求が無ければ、全て上手くいかせて貰える。自分は最近、出会う人の全てが素晴らしい。お金に苦労しなくなった。必要な時に必要なモノが手に入る。体重が9.5KG減って健康体になった。職場でもある一定の評価を頂いている。等という、今まで手に入れようと必死に努力をしても手に入らなかったモノが、自動的に次々と手に入るようになった。

 ところが残念なことに「幸せになる方法」というものは言葉では説明し切れない。何故ならば、その方法は、人や状況によって千差万別であり、そもそも頭で理解できる種類のものではないからに他ならない。その唯一の習得法は、あなたの魂が経験を通して感じる他ない。

 最後に、自分は少し前から、人の魂が本当に望んでいることが観えるようさせていただいた。分かりやすく言えばマトリックスのコードが観えるようなモノだ(笑)だからこそ、人が本質的に幸せになっていく為のお手伝いをさせていただきたいと思う。
[PR]

by alchimista01 | 2013-06-11 23:55 | 一思案

<< 炎より カルティオ フォレストグリーン >>