素数ものさし

e0132508_1224279.jpg
 目盛りが素数だけというユニークな「素数ものさし」が京都大の生活協同組合(生協)で販売されている。素数は1とその数字以外では割り切れない自然数。素数の規則性は解明されておらず、現在も研究者が大きな素数の発見に挑んでいる。

 物差しは竹製で18センチ。2、3、5、7、11、13、17の素数だけでセンチをしるし、ミリ単位の目盛りも素数のみを刻む。素数以外の長さも、例えば「4」は「7-3」というように、素数の組み合わせで測れる。価格も素数の577円。

 こういう、本来の用途に対して逆行する、面倒くさい方向に進化したアイテムは素晴らしい。世の中どんどん便利になるが、便利になりすぎて頭を使わなくなった。その結果、人間に考え、生み出す力が無くなった。これは、由々しき事態である。時にはこういった頭を使わないと使用できないアイテムがあってもいいのではないかと思う。近く誰かに入学祝をあげる際には採用したい。
[PR]

by alchimista01 | 2013-04-02 23:23 | 愛すべきモノたち

<< 損か得があったら損を取る まじすか!! >>