Patagonia Men's Fogbank Trench Coat

 ビジネスマンにとって雨は大敵だ。特に営業職の人間は、クライアントを訪問することが多いので、濡れ鼠では格好がつかない。そのため、防水浸透&撥水加工を備えたアイテムを選ぶ必要がある。上半身の対策としては、コートになる。しかし、撥水加工がされているものは多いが、防水浸透加工がされているものは中々存在しないというのが現状である。

 ちなみに撥水加工とは、文字通り表面が水滴を弾くということだ。そして防水浸透加工とは内側には水滴が一切侵入しないということだ。

 理想に近いものがないかと、散々探し回った結果、完璧なものを発見した♪パタゴニア・メンズ・フォグバンク・トレンチコート。
e0132508_1032176.jpg
 一度マンハッタンの土砂降りを経験すると、悪天候対応型のフォグバンクのありがたみを実感します。H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用し、防水性/透湿性バリヤーとデリュージDWR(耐久性撥水)加工を施した2.5層構造のナイロン製シェルは雨を弾くので、グリニッチビレッジをぶらつくときも、駅までダッシュするときも体が濡れる心配はいりません。すっきりとしたクラシックなトレンチコートのスタイルで、取り外し可能な3枚パネル構造のフードとテープ処理済みのライナー付き。フルレングスのフロントジッパーはストームフラップを備え、袖口はタブで調節可能です。後ろ身頃の裾に入れたプリーツにより肩と腕を動かしやすく、丈は腿の中間までの長さです。ハンドウォーマーポケットが2つと内側にジッパー式ポケットが1つ付いています。

 実際に着てみた感想としては、軽く、動きやすくて快適だ。また、折り畳めば小さくなるので、ビジネスバッグに忍ばせておけば急な夕立にも対応出来る。雨にはまだ遭遇していないので、その辺りは分からないが、追って追記したい。これで雨対策の1/3は完了した。あとは、防水ビジネスシューズ&撥水スーツを探したい。
[PR]

by alchimista01 | 2013-03-11 10:03 | 愛すべきモノたち

<< 月世界 Experience >>