ワイシャツはどこで買うべきか

 ここ5年ほどスーツを着て働くことは無かった。しかし、今後はスーツを着て働くことになりそうだ。そこでワイシャツの価格帯とパフォーマンスについて考えてみたいと思う。価格帯で言えば1000円~30000円を超える実に多くの商品がある。また、売っている場所も、主に百貨店、スーツ量販店、スーツショップ(スーツ量販店が母体)、セレクトショップ、DCブランドショップ、ハイブランドショップ、ファストファッションブランドショップ、シャツ専門店等がある。

 この中で、いったい幾らのシャツをどこで買うのが適当なのかというのは実に難しい問である。もちろんハイブランドのワイシャツが素晴らしいことは誰でもが知っている、しかしワイシャツは消耗品である。もし2~3万のワイシャツを買うお金があるのであれば、一生使える靴や鞄に投資するほうが有効であると思う。このことからお金が有り余っていないのであればハイブランドのワイシャツという選択肢は避けるべきである。

 次に消耗品と言っても毎日着るワイシャツの着心地が余りに悪いというのも頂けない。よってファストファッションブランドという選択肢も財政が緊迫していない限りは避けた方がいい。

 続いて避けたいのはDCブランドショップである。多くは中国やアジアで作った商品に立派なタグをつけて売っている商品が多い。つまり元々は安価な商品がブランドを冠するだけで数千円は高くなっているのでコストパフォーマンスが悪い。中にはスーツ量販店等へのOEM商品もあるが、同じくコストパフォーマンス悪くなる。

 そして、人気のセレクトショップだが、クオリティの面では悪くないものが多い。ただコストパフォーマンスがいいとは言いがたいので、ワイシャツを買う店としてのセレクトからは外れる。

 それでは逆にお勧めはどこかというと、ひとつは百貨店のPV(プライベートブランド)である。どこかのブランドを仕入れている訳ではなく、自社企画の商品なので、各百貨店の威信が掛かっていると言っても過言ではない。そのため同価格帯の他のブランドのワイシャツと比較するとコストパフォーマンスが高い。

 続いてお勧めなのが、スーツ量販店やスーツショップである。一見すると安かろう悪かろうという印象があるだろうが、それは広告されるのがローエンドのスーツやワイシャツが多いことによるものに過ぎない。ここは店舗数が多い=販売数が多い=仕入れる布の量もボタンの量も圧倒的多い。多ければ当然安くなるという数の原理が働いている。また、専門店だけに培っているノウハウも半端無い。価格が上がればそのノウハウは店の威信を掛けて商品へ確実に反映される。よってスーツ量販店やスーツショップで5000円を超えるようなワイシャツのクオリティは非常に高い。

 最後にお勧めしたいのが何といっても餅は餅屋と言われるようにシャツ専門店である。縫製やボタンなど圧倒的なコストパフォーマンスだと言える。

 ちなみに適正な価格に関しては5000円~8000円の間かと思う。3000円クラスでは正直着心地も悪いし、生地の質など望めない。逆に1万円を超えると家計への打撃が大きだろう。あくまでも消耗品として捕らえるならば5000円~8000円が適当かと思う。ただしこれは定価の話で、世の中にはセールというものがある。そういった機会を利用すれば3000円~5000円でそこそこのクオリティのモノを購入することが可能である。
[PR]

by alchimista01 | 2013-02-25 20:57 | 愛すべきモノたち

<< 「努力」はじめました クルトガ ローレットモデル >>