クルトガ ローレットモデル

e0132508_035060.jpg
 最近知ったのですが「クルトガ」というシャープペンシル秀逸ですね。一画書く度に中ギアと芯が約9度回転し、40画で1周します。つまり、書き続けても芯の濃さや太さが変わらないということです。 ↓図解で分かりやすく説明すると、こういうことらしいです。
e0132508_013788.gif
 ちなみに様々なモデルがあるようですが「ローレットモデル」というのが滑らずに書きやすいです。カラーはガンメタリックとシルバーがありますが、シルバーのほうがグリップ部分の汚れが目立たないということなのでシルバーにしました。また、ガンメタリックはガンメタリックとシルバーの二色使いなので、若干安っぽく見えます。
[PR]

by alchimista01 | 2013-02-21 23:34 | 愛すべきモノたち

<< ワイシャツはどこで買うべきか 薫り華やぐヱビス >>