美しい文字

 イギリスの政治家・小説家ブルワー・リットンの戯曲『リシュリュー』には「The pen is mightier than the sword.」ペンは剣よりも強しという一節がある。現代社会においてはまさにその通りであると思う。そして、そのペンで綴られる文字は、きっと美しい方がいいに違いない。

 そういったことから、今年の目標の一つに「美しい文字を書く」ということを加えたい。100回間違った文字を書けば字は汚くなるそうだ。反対に100回正しい文字を書けば字は美しくなるそうである。しかし、多くの人は小学校で書き方を学んで以来、改めて書き方を学ぶ機会は殆どないであろう。つまり、100回どころか下手をすれば数千回~数万回間違った字を書き続けていることになる。来年の年賀状で美しい文字が発揮できるよう研鑽したい。
[PR]

by alchimista01 | 2013-02-12 21:46 | 一思案

<< 「食」を見直す 電話できる手袋 >>