魂の幕末

 先日節分を迎え、新しい年となりました。そこで、今年以降の所願を、家庭・社会・国家・世界の平和を願い、その実現に寄与すること。感性・知性・品性を徹底的に磨くことの二つに定めたいと思います。わかりやすく言えば、魂の大政奉還に向けて東奔西走すること、誰が見ても、聞いても、触れても素晴らしいと思う魂の美しい人間になることです。今まで出来なかったこと、苦手だったこと、やらなかったことに正面から挑戦し、人が生きながらにして生まれ変わるということを立証していきたいと思います。

 この先の世は、価値観の在り処が変わります。これまでの半世紀、その在り処が物質やお金に傾倒してきました。しかし、これからは感性や知性、そして品性といったいわゆる「人格」が問われる社会へと変革していくと思います。そのため「人格」を磨くことが、今まで以上に重要に成って来るでしょう。

 ただここで注意したいのが、お金や物質を否定するという意味ではありません。生きていくためには、お金も物質も必要です。ただ、お金や物質を手に入れることを生きる目的としないという意味です。あくまでも目的は、家庭・社会・国家・世界の平和と人格の完成であり、それに邁進するためのツールとしてお金や、物質をいただくと言うことです。

 今はまだニートですが、とても、楽しい一年になりそうです(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2013-02-04 16:40 | けふの些事

<< The Color of th... GILD design アルミ... >>