神仏への正しい願い方

 もうすぐ、新年がやって参ります。おそらく初詣に行かないという方は、居ないのではないでしょうか。また、初詣と言えば、神仏へいろいろなお願いをするという方も多いと思います。しかし、なかなか願った通りの結果が現れないと嘆く声をよく耳にします。今日は、その願いが何故叶わないのかという話を簡潔にしたいと思います。そう、正しい願い方というモノがあるというお話です。

 例えば「何とか彼女が出来ますように!」と神仏に願ってもなかなか彼女は出来ないモノです。それはお賽銭をはずもうと、強く願おうと変わりません。

 何故かと言えば「何とか彼女が出来ますように!」と強く願うということは、言い換えれば「神様・仏様。自分は、成長も変化も挑戦もしません。ですが、どうかある日、目の前に自分の理想に適う相手を出現させて下さい」という他力本願な強いメッセージを宇宙全体に向けて発している様なものです。宇宙の真理というモノは、人の成長や変化、挑戦が大好きなので、そういったモノを放棄するような願いに対してはそっぽを向いてしまうという訳です。

 それでは、いったいどう願えば良いのかという話ですが「素敵な彼女とつりあう自分に成りたいです!」と願ったらいいと思います。きっとその後、もの凄く大変なことが続くでしょうが、それを乗り越えた時には素敵な彼女が出来ているでしょう。
[PR]

by alchimista01 | 2012-12-02 23:53 | 一思案

<< Aperol 惜しい。 >>