流れと共にいく

 河を溯って泳ぐことは、とても大変な労力を伴うことです。しかしながら、人生に於いてこのような大変な努力をしてしまうことってありますよね♪ 大変な割に結果が伴わない場合が多いのが、ガッカリ感を増大させてしまって、次に頑張ろうという気力を逸してしまいます。

 往々にしてその原因の多くは「こうあるべき!」「こうありたい!」という固定観念や頑固な価値観によるものですが「変わりたい!」「幸せになりたい!」と強く思っている時ほど心の柔軟性を失っているものです。道は一つではありませんし、大概の場合は自身が想定していない道が正しいモノです。

 「頑張っているな!」と思った時には、一度立ち止まって深呼吸をしましょう。それから人生の流れを読んでみましょう。すると本当に取り組むべきことが観えてきます「流れと共にいく」方が楽で、簡単に早く幸せに成れますよ♪
[PR]

by alchimista01 | 2012-09-06 12:18 | 一思案

<< KLATTERMUSEN Baggi Kuhn Rikon/クーン・リコン >>