ルパン三世参上

 あれは確か、ハーゲンダッツのミニカップがコンビニで販売されるようになった年か、その翌年のことだった。オレは、中学校の1年生か2年生。それまでアイスと言えばチューペットやガリガリ君等が主流であり、たまに食べる31等は神の味であった。

 そんな夏のある日、中学校から帰った俺は、冷凍庫の底の方に隠した筈のガリガリ君を探していた。すると!底から出て来たのは、なんと!あのセレブの食い物「ハーゲンダッツ」だった!!

 コンビニでは、我々庶民が食べるアイスケースとは別な「高級アイスケース」に鎮座しているアレだ。丁度ガリガリ君が10円上がって60円になったとはいえガリガリ君5本分相当の「ハーゲンダッツ」が目の前にあるという状況は、例えるならば「竹やぶで一億円を発見して動揺しまくったおっさん」の様であったに違いない。見たことはないが・・・

 そんなテンパッたオレの耳に、何処からともなく天使と悪魔の声が聞こえてきた!

 悪魔「誰も見てねぇよ♪食っちまえって!美味いぜぇ♪」
 天使「いけないよ。人のモノを勝手に食べちゃ駄目だよ☆」

 オレはキラキラとした顔でほほ笑む天使を二秒で捻り潰し「ハーゲンダッツ」を夢中で貪った。

 そして数分後・・・ハタと思う。

 「やべー!!どうすんだ!これ!?全部食っちまったし!」

 (考えろオレ!良い方法を考えろ・・・知らんぷり!うーん!?バレるな!、買ってくる!金ないしな・・・)
 
 あれやこれやと、思考すること1分!チン♪と閃いちゃいました☆

 先ずは、アイスクリームが入っていたラインまでカップに水を注いだ。これで凍れば重量を誤魔化せる。次にプッと笑ってしまうよう蓋に「ルパン三世参上」とマッキ―で書いて元あった場所に封印した。う~ん!ルパンのせいにするなんてなんて賢いんだろうオレ♪と自画自賛に浸りながら食べてしまったことなどすっかり忘れ日常生活へと戻った。

 二日後

 「ちょっと!だれー!!アイス食べたの!?ルパン参上って・・・!!」と母親が騒いでいる!?

 なんだ!?と一瞬意味が分からなかったが、暫くしてハイハイあれですね!と思い出した。そして、下に降りて行ったオレは予め考えていた通りに

 「何ぃ!?ルパンが現れただと!」と銭形調で言った。

 そして、何故かアイスを食った犯人はオレだとバレた。。。

 現実はアイスのようには甘くない♪
[PR]

by alchimista01 | 2012-08-30 18:30 | 一思案

<< メモの美学 ジョッター テクマクマヤコン テクマクマヤコン >>