逆化の翼

 社会人が『資格の勉強』を行うモチベーションを保ち続けることは容易でないと思う。会社の資格奨励制度等のバックアップがあったり、業務に直接関与したり、取得することで給与が上がる等があればそれも違うのだろうが、そのどれもが無ければそれはとても難しい。

 しかし、この数日周囲の環境が急速に変わり「死ぬ気でやって脱出するしかない」という気になった。その一つは労働環境の悪化である。無能な経営判断の累積により、この先の収益の増加が望めなくなった。当然それに伴い、今後の給与UPも望めないだろう。これまで、将来的な収益性が無くなるのを幾度となく阻止して来たが、それが意に沿わない経営者とそれに「YES」を唱えるモノたちによって妨害されるに至る。得てして零細企業が零細企業である所以たる「企業は経営者の器より大きくならない」を露呈した訳である。

 ルーティンワークが大好きで自らは何も生み出さない、そのくせ誰かの文句を一日中言っている。そして、今日を何事もなく無事に終え、毎日TVを見ながら酒を飲む。週末にはささやかな外食をして、自らの人生を何も変えたくない人達はいつか沈む船に乗って「Yes!」と言っていればいい。

 しかし、俺には夢がある♪この怒りと憤りを翼にして絶対に今の環境から飛び立つ!という思いを今までのそれよりもさらに強く固めたということをここに記しておこう。
[PR]

by alchimista01 | 2012-06-14 12:35 | 一思案

<< 徳松醤油のだし醤油 次は『プリン』 >>