ストイックな趣味

 30代になると生半可な取り組みでは人生を変えることなど出来ない。それこそ生まれ変わったような意識変革と、自らを今までの生活に引き戻そうとする数々の甘い誘惑に365日ストイックに抗わなければならない。それは実に困難を極める。なので、尋常ではない意識と覚悟で臨めないのであれば「人生を変える」等と思わない方が賢明だ。

 因みにオレは人生を変えるためにタバコを止めた。そして、日々運動を始めた。また、衝動買を止め、ロマンスも止めた。国家資格の勉強を毎日行い、食事制限を始めた。さらに筋トレとご供養をしている。ゲームやTVに費やす時間は殆どない。呑みに行くのも月に1~2回だ。個人的には尋常ではない意識と覚悟だと思って臨んだがまだまだ足りない。

 しかし、自己の中にある苦や可能性と対峙し、超えて行くことは実に楽しい。まるで朝顔か向日葵の観察日記を付けるような心地である(付けたことはないが)。また、今この限られた時間の中で簿記と英会話をどう学ぶべきか、筋トレの効果を最大化する為の方法は何であるのかということを考えている。

 今では呼吸のように当たり前になったことも、始めたばかりの頃はどれも苦痛でしかなかった。しかし、続けて行くうちに少しずつ楽になってきた。それは例えるならば、最初は右も左も分からずに振り回された仕事も、気が付けばいつしか支配しているということに似ている。

 「人生を変える」ということはつまり未来永劫、自分自身が生きている限り挑戦を続け、克服していくという繰り返しだ。しかしいつでもそのレールから降りることは出来る。オレは多分一生乗り続けるし、きっと30年後一緒に酒を飲んでいる仲間も乗り続けた人間だと思う。

 そう「人生を変える」とは極めてストイックな趣味ではないかと思う次第である。
[PR]

by alchimista01 | 2012-05-31 18:30 | 一思案

<< 完璧なパンチラ 細マッチョ勉強法 >>